「久米島ホタル館」のミステリーナイトウォークで五感を研ぎ澄ませ!

「久米島ホタル館」のミステリーナイトウォークで五感を研ぎ澄ませ!

更新日:2019/09/04 17:16

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター
美しい海で知られる久米島は貴重な固有種が多く生息する自然豊かな島。そんな久米島の自然を守る活動をする「久米島ホタル館」が行うナイトウォークは、通年で行われるネイチャーツアー。豊かな自然が溢れる森の中で生き物たちを探しに冒険しましょう!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

久米島の自然を守る「久米島ホタル館」

久米島の自然を守る「久米島ホタル館」

提供元:久米島ホタル館

https://kumejimahotaru.jimdo.com/

沖縄本島から西へ100kmの洋上に浮かぶ離島である久米島。数千万年前はユーラシア大陸の一部であり、やがて海で切り離されたという過程から希少種の多く生息する生物多様性に満ちた島なのです。

久米島にはその名を冠する固有種も多く、その中でも「クメジマボタル」は有名でゲンジボタルやヘイケボタルの祖先にあたるホタルとされています。そんな貴重なホタルも絶滅危惧IA類(ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの)に分類されています。

久米島の自然を守る「久米島ホタル館」

提供元:(C)沖縄観光コンベンションビューロー

地図を見る

そんなクメジマボタルとその生育する環境を保護すべく活動しているのが「クメジマホタル館」で、久米島の豊かな自然と生物たちを観察できるネイチャーツアーを多数催行しています。

そんな中から今回は久米島の夜の生物たちを観察する「ミステリーナイトウォーク」をご紹介します。

ミステリーナイトウォークで夜の森を散策しよう!

ミステリーナイトウォークで夜の森を散策しよう!

写真:bow

地図を見る

自然豊かな森の中にある久米島ホタル館は、夜に訪ねるとうっそうとした闇に包まれています。このミステリーナイトウォークは5月中旬から4月中旬まで、ほぼ通年で開催されています。(空白の期間はクメジマボタルの発生シーズンとなり、ホタル観察のツアーとなります。)

19:30に久米島ホタル館に集合、まずは館内で今見られる生物など少しのレクチャータイムがあり、その後夜の森へと出かけていきます。

ミステリーナイトウォークで夜の森を散策しよう!

写真:bow

地図を見る

その日の天候や季節や時期に合わせ、その時にしか見ることのできないような生物を訪ねる「ミステリーナイトウォーク」。最小限の懐中電灯の灯りだけを手に、暗闇の中で生きる生物たちへと会いに行きます。ガイド役として久米島ホタル館の館長さんが先導で森を探検します。

ミステリーナイトウォークで夜の森を散策しよう!

写真:bow

地図を見る

久米島ホタル館の周囲には街灯がなく、月あかりや星あかりが頼りとなります。時間が経つにつれ、見えていなかったものが見えるようになり五感が研ぎ澄まされていく感覚を味わえるのではないでしょうか。

何と出会える?夜の久米島の森!

何と出会える?夜の久米島の森!

写真:bow

地図を見る

とにかく凄いのは久米島ホタル館の館長さん。詳しいのはホタルだけではありません。久米島には固有種であるクメジマボタルを取り巻く固有の生態系があり、その豊かな生態系を守るべく日々研究・活動されています。そんな館長さんは、誰もが気付かないような闇に潜む生物を次々と教えてくれるのです。

何と出会える?夜の久米島の森!

写真:bow

地図を見る

館長さんの生き物に対する嗅覚は水中生物に対しても発揮!川に潜むオオウナギやテナガエビ、久米島固有種のサワガニなど森だけでなく川の生き物ウォッチングも楽しめます。

何と出会える?夜の久米島の森!

写真:bow

地図を見る

暗闇の中、想像以上の生物たちが逞しく生きる久米島。いつの間にか気分は冒険者のようになっているのではないでしょうか?

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ホタルが見られる時期は限られている!?

ホタルが見られる時期は限られている!?

提供元:久米島ホタル館

https://kumejimahotaru.jimdo.com/

もし4月中旬〜5月上旬頃に久米島を訪れたのなら、ミステリーナイトウォークはクメジマボタル観察会として開催されています。世界で唯一、久米島にしか生息していない貴重なホタルの光をその目で見届けましょう。時期限定の特別な鑑賞会、もしこの時期に来たのならぜひ参加してみてください。

ホタルが見られる時期は限られている!?

提供元:久米島ホタル館

https://kumejimahotaru.jimdo.com/

そしてクメジマボタルを見られる時期に行けなかったと悔しがる人にも朗報。実は久米島ではそれ以外の時期にも他の種類のホタルの光を楽しめるのです。

初夏にはクロイワボタルやオキナワスジボタルが飛びますし、なんと冬にもホタルを見ることもできます。実はホタルは成虫だけが光るわけでなく幼虫も光るため、陸生ホタルの幼虫がいればその光を楽しめるのです。全くの時期外れだからと期待していなかった分、感動してしまうかも!

闇を抜けて気づくもの。

闇を抜けて気づくもの。

写真:bow

地図を見る

ナイトウォークが終わり施設内へと戻ってくると、すっかり闇に慣れてしまった目には人口の光が非常に刺激の多いものと感じることでしょう。我々は普段の生活の中でなかなか味わうことのできない暗闇。

それを克服するために様々な発明が生まれ生活は便利になりましたが、それと引き換えに何かを犠牲にしているのかもしれません。ミステリーナイトウォークに参加し、久米島の生き物たちと出会うだけでなく我々の日常生活を顧みる機会をもってみてはいかがでしょうか。

久米島ホタル館の基本情報

住所:沖縄県島尻郡久米島町字大田420
電話番号:098-896-7100
開館時間:9:30〜17:00
休館日:月・火曜・年末年始・8月22日
※夏休み期間中は休まず営業(8月末まで)
アクセス:久米島空港から車で約10分

<久米島旅遊び「ミステリーナイトウォーク」の基本情報>
時間:19:30〜20:30(当日17:00までに予約)
料金:大人3,000円、小中学生1,500円、3歳から5歳500円

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/22−2018/12/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -