サイパン行きの直行便はある?経由便を使い安く行く方法もチェック

サイパン行きの直行便はある?経由便を使い安く行く方法もチェック

更新日:2019/09/25 10:30

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部
サイパンは、西太平洋の北マリアナ諸島に浮かぶ常夏の島で、日本から最も近いアメリカ。透明度の高い海とのんびりした雰囲気が魅力です。でも「直行便はあるの?」「飛行時間はどれくらい?」と、意外と知らないことばかり。経由便やLCCで行く方法も含め、サイパンに行くおすすめの航空会社をご紹介します。
海外航空券の最安値をチェック!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

サイパン行きの直行便はある?

サイパン行きの直行便はある?

写真:LINEトラベルjp 編集部

サイパン国際空港への直行便はありませんので、経由便利用となります。

日本からサイパン行きの直行便は、デルタ航空が2018年5月まで運航していましたが、2019年9月現在は運航されていません。しかし、2019年3月からは、「スカイマーク」によるチャーター便の運航が始まり、ジェイティービー(JTB)、エイチ・アイ・エス(HIS)、近畿日本ツーリストなどが販売しているツアーで行くことができます(2019年9月に運航予定)。スカイマークでは近い将来定期便を就航させる計画もあるようです。直行便なら成田からサイパンまで約3時間半。週末を使って手軽に行くこともできますよ。

仁川国際空港からなら直行便アリ!LCCでお得にサイパンへ

仁川国際空港からなら直行便アリ!LCCでお得にサイパンへ

写真:LINEトラベルjp 編集部

日本からの直行便はありませんが、韓国の「アシアナ航空」、「済州航空(チェジュ航空)」、「ティーウェイ航空」が、韓国の仁川国際空港や金海国際空港(釜山)とサイパン国際空港を結ぶ直行便を毎日運航。仁川からサイパンまでの飛行時間は約4時間半〜5時間。

しかも、済州航空(チェジュ航空)、ティーウェイ航空はLCC(格安航空会社)で、お得な運賃でサイパンまで行くことができます。価格帯は成田発着、関空発着共に3.5〜7万円。例えば、2019年12月初旬の成田⇔サイパンが往復で36,820円(燃油・諸税込)。

※料金は、2019年9月2日現在、LINEトラベルjp調べ。
※LCCはセール運賃などもあり、購入時期により料金が大きく変わることがあります。
※日本と韓国を結ぶ便は、今後減便、運休される可能性があります。最新のスケジュールをご確認ください。

グアム経由でグアム、サイパン両方楽しむという手も

グアム経由でグアム、サイパン両方楽しむという手も

写真:LINEトラベルjp 編集部

グアムからサイパンまでは直線距離で約210kmほどで、飛行時間はわずか約45分。グアム⇔サイパン間は唯一「ユナイテッド航空」が運航しています。グアムを経由してサイパンへ行くルートなら、グアムとサイパン両方観光することもできます。サイパンはグアムほど都会化されておらずのんびりした田舎という雰囲気ですが、グアムは都会的なところもあり、ショッピングや街歩きを楽しみたいならグアムもおすすめです。(写真はグアムの街並み)

全てユナイテッド航空利用でのグアム国際空港経由だと、価格帯は成田発着6〜9万円、関空発着で6.5〜9.5万円。例えば、2019年12月初旬の成田⇔サイパンが往復で移動時間が最短の場合、65,912円(燃油・諸税込)。サイパン着が朝8時過ぎですので、朝のうちにサイパンの海で泳ぐことができるのも魅力。効率的に2島を楽しめるグアム経由もおすすめです。

※料金は、2019年9月2日現在、LINEトラベルjp調べ。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

旅の予算やスタイルに合わせてサイパン行き航空券を!

日本からサイパンへの直行便はありませんので、経由便利用となります。韓国の空港を経由する韓国系航空会社、もしくは、グアム経由でサイパンに向かうルートがおすすめです。最安はLCC利用での韓国経由。日本のスカイマークが近い将来定期便を就航させる計画もありますので、こちらも期待ですね。

あなたに合った飛行機で、楽しいサイパン旅行にいってらっしゃいませ!

※2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -