パラオ行きの直行便はある?経由便でスムーズに行く方法もチェック

パラオ行きの直行便はある?経由便でスムーズに行く方法もチェック

更新日:2019/09/25 11:19

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部
パラオは、美しい海が魅力の西太平洋に浮かぶリゾートアイランド。400以上の島から成り立つロックアイランドが世界複合遺産に登録され、観光スポットもたくさん。でも「直行便はあるの?」「飛行時間はどれくらい?」と、意外と知らないことばかり。経由便で行く方法も含め、パラオに行くおすすめの航空会社をご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

パラオ行きの直行便はある?

日本からパラオ行きの直行便は、デルタ航空が2018年5月まで運航していましたが、2019年9月現在、直行便は運航されていません。(不定期のチャーター便はあります。)日本からパラオは、チャイナエアラインの台北経由かユナイテッド航空のグアム経由などで行くことができます。

パラオ行きの直行便はある?

写真:LINEトラベルjp 編集部

台北、仁川からなら直行便アリ!

台北、仁川からなら直行便アリ!

写真:LINEトラベルjp 編集部

パラオと国交がある台湾のフラッグキャリア「チャイナエアライン」が、台北とパラオ国際空港を結ぶ直行便を週4便運航、飛行時間は約4時間。価格帯は成田発着、関空発着共に6〜10万円となっています。例えば、台湾桃園国際空港経由で移動時間が最短の便だと、2019年12月初旬の成田⇔パラオが往復で68,940円(燃油・諸税込)。

また、日本から台北までは格安航空会社LCCの便が多数出ています。少しでもお得にパラオに行きたいなら、LCCを利用する手も。また、毎日運航ではありませんが、仁川国際空港経由の韓国系航空会社で行く方法もあります。

※料金は、2019年9月2日現在、LINEトラベルjp調べ。
※日本と韓国を結ぶ便は、今後減便、運休される可能性があります。最新のスケジュールをご確認ください。

グアム経由なら乗り継ぎがスムーズ、グアム島観光も楽しめる!

グアム経由なら乗り継ぎがスムーズ、グアム島観光も楽しめる!

写真:LINEトラベルjp 編集部

グアムからパラオまでは直線距離で1,295kmほどで、飛行時間は約2時間。グアム⇔パラオ間は唯一「ユナイテッド航空」が運航しています。全てユナイテッド航空利用でのグアム国際空港経由だと、価格帯は成田発着、関空発着共に11.5〜15万円。例えば、2019年12月初旬の成田⇔パラオが往復で移動時間が最短の場合、114,948円(燃油・諸税込)。トランジット(乗り継ぎ)の時間は往路で約4時間、復路で約2時間ですので、経由便でもスムーズにパラオに行くことができます。

また、グアムを経由してパラオへ行くルートなら、グアムとパラオ両方観光することもできます。パラオはグアムほど都会化されておらずのんびりした雰囲気ですが、グアムは都会的なところもあり、ショッピングや街歩きを楽しみたいならグアムもおすすめです。(写真はグアムの街並み)

※料金は、2019年9月2日現在、LINEトラベルjp調べ。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

旅の予算やスタイルに合わせてパラオ行き航空券を!

日本からパラオへの直行便はありませんので、経由便利用となります。台湾のチャイナエアラインで台湾桃園国際空港を経由する便がおすすめ。また、ユナイテッド航空でグアムを経由する便なら乗り継ぎ時間が短くスムーズ。グアム島観光も楽しめるというメリットも。

あなたに合った飛行機で、楽しいパラオ旅行にいってらっしゃいませ!

※2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -