「野外博物館 合掌造り民家園」でゆったり 懐かしき白川郷めぐり

「野外博物館 合掌造り民家園」でゆったり 懐かしき白川郷めぐり

更新日:2019/10/31 13:58

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ レトロ建築探訪家、地域の魅力伝え人
独特の藁ぶき民家が並ぶ白川郷の風景。一度は見ておきたいものですよね。世界文化遺産にも登録された現在は海外からの人々を乗せた観光バスも沢山来ています。
そこでお薦めしたいのが、ゆったり見学しながら散策できる「野外博物館 合掌造り民家園」です。四季折々の山野草も見られる敷地には、県の重要文化財だけでも9棟もあり、住居はもちろん馬小屋や倉も。ここには時が止まったような里の雰囲気が今もたっぷりです。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

世界文化遺産になり、海外からの人気も高まる白川郷

世界文化遺産になり、海外からの人気も高まる白川郷

写真:万葉 りえ

地図を見る

岐阜県の北西部。豪雪地帯のため雪が積もりにくいように、掌(てのひら)を合わせたような合掌(がっしょう)造りという独特の屋根の家が造られてきた白川郷。以前から郷愁を誘うその景色は人気が高かったのですが、世界文化遺産になってからますます訪れる人が増えています。

ここだけに限りませんが、昔ながらの屋並みが残る場所は道が狭いもの。白川郷では環境保護もありマイカーは乗り入れを規制されています。でもご心配なく。白川郷の観光の中心となっている荻町では、庄川そばのせせらぎ公園に大きな駐車場を完備。ここに駐車すれば、庄川をこえて荻町集落へとつながる「であい橋」もすぐです。

駐車場近くに集まる 懐かしき茅葺民家

駐車場近くに集まる 懐かしき茅葺民家

写真:万葉 りえ

地図を見る

時間がたっぷりあるなら、北側にある荻町城跡展望台から南側まで荻町の散策を楽しんでくださいね。でも、もっと静かな雰囲気の中で、昔ながらの雰囲気に浸りたいという方だっていらっしゃるでしょう。そんな方におすすめしたいのが「野外博物館 合掌造り民家園」です。

駐車場近くに集まる 懐かしき茅葺民家

写真:万葉 りえ

地図を見る

ここは約25棟の合掌造り民家を保存し、公開している博物館です。そして、その展示されている民家の中には岐阜県の重要文化財がなんと9棟も。しかも外側からの見学だけではありません。中に入って見学できる合掌造り民家がいくつもあるのです。

往時の雰囲気を伝える内部展示

往時の雰囲気を伝える内部展示

写真:万葉 りえ

地図を見る

こちらは園内入り口から近い場所にある中野義盛家の内部の様子です。食事の煮炊きだけでなく、明かり取りや暖房として生活の中心だった囲炉裏。座る場所も厳格に決められていたといいます。そんな往時の雰囲気を壊さないように、照明もおさえながら当時の暮らしがわかるようになっています。

往時の雰囲気を伝える内部展示

写真:万葉 りえ

地図を見る

しかも、こちらは1階だけの公開ではありません。なんとこの屋敷では、蚕を飼っていた最上階まで上がって見学することができるのです。途中の階にも昔の様子を伝える写真や養蚕に使われていた道具などがあるので、暮らしぶりを感じることができるでしょう。

生活にねざした小屋も点在する 里山の風景

生活にねざした小屋も点在する 里山の風景

写真:万葉 りえ

地図を見る

ここに集められているのは民家だけではありません。寺、そして稲をかけていた小屋や水車小屋、火の見やぐらなども敷地の中に点在し、その間を小川が流れて、のどかな里山の風景を作り出しているのです。

生活にねざした小屋も点在する 里山の風景

写真:万葉 りえ

地図を見る

養蚕の様子を表した展示をご案内しましたが、他にも畑仕事の様子を伝える道具、木材の仕事を伝える道具など、この土地で伝えられてきた暮らしを表す合掌造り民家が公開されています。

中には藁を使った生活用品を作る様子を、実際に見学できる家屋もあります。年齢を重ねた方と一緒に見て周れば、よみがえった遠い記憶をお話ししてくれるかもしれません。

飼い猫のための愛ある特別仕様

飼い猫のための愛ある特別仕様

写真:万葉 りえ

地図を見る

庄川を渡った先にある「明善寺」は、NHKの「ゆく年くる年」でも中継が行われるお寺です。後でこの寺の立派な茅葺きの鐘楼なども見に行ってください。このように大きな仏壇が残っている民家と合わせて、地元の人々の厚い信仰も伝わってくるでしょう。

飼い猫のための愛ある特別仕様

写真:万葉 りえ

地図を見る

また家屋によっては囲炉裏が二つ並んでいるところもあり、それぞれの家屋の違いも楽しめます。そして、これは・・・壁に空いた穴は飼い猫のための出入り口!寒さが厳しいこの土地では囲炉裏からとる暖は大事ですが、飼い猫のためにこんな優しい仕様がされていたのです。

園内では、餅入りのぜんざいや手打ちそばを食べることもできます。そして特製アイスクリームは、バニラ味だけでなく、きび、そば、どぶろく味もおすすめです。

山間ながらも、自然とともに心豊かに暮らしてきた白川郷の人々。ぜひ「野外博物館 合掌造り民家園」で往時から伝わる文化を感じてください。

野外博物館 合掌造り民家園の基本情報

住所:岐阜県大野郡白川村荻町2499
電話番号:05769-6-1231

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -