うどんにしか見えない!香川県の釜玉アイスは醤油とネギで食べる

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

うどんにしか見えない!香川県の釜玉アイスは醤油とネギで食べる

うどんにしか見えない!香川県の釜玉アイスは醤油とネギで食べる

更新日:2014/05/02 18:22

松澤 茂信のプロフィール写真 松澤 茂信 東京別視点ガイド編集長

うどん県こと香川には、どう見ても、うどんにしか思えないアイスがある。
香川県・金刀比羅宮参道のアイス屋では「かまたまアイス」なるソフトクリームが売っていて、完成度がやけに高いのだ。

金比羅さんの参道で「かまたまアイス」を注文!

金比羅さんの参道で「かまたまアイス」を注文!

写真:松澤 茂信

地図を見る

香川県の琴電琴平駅から5分も歩けば、1300段以上の石段でおなじみの金比羅さんがある。
参道はそれほど長くはないんだけど、そこは香川。うどん県を名乗るだけのことはあって、うどん屋さんが10軒ほど立ち並んでいるのだ。

いくら香川のうどんが旨いからとはいえ、これからの温かい季節、石段を登りに登った火照った体に、ホカホカのうどんをブチ込むのはなかなかしんどい作業。
そこでオススメしたいのが『しょうゆ豆本舗×浪花堂餅店』の、かまたまアイスだ。その名のとおり、釜玉うどんをモチーフにしたアイスとのこと。

注文すると、特製マシーンでくるくるとソフトクリームを巻いてくれる。
たしかに、一巻きの太さがうどんサイズで、釜玉っぽさが出ているではないか。
が、さすがはうどん県、そんなもんで完成じゃあない。
「ネギかけまーす」
「醤油かけまーす」
とつぶやきつつ、出来上がったソフトクリームの上から、しょう油と青ネギをじゃんじゃんかけていくではないか。
純白のアイスが、ネギとしょう油の色に染まっていく背徳感。
当然ながら、拒否権は無い。

想像をはるかに上回るうどんっぽさ!

想像をはるかに上回るうどんっぽさ!

写真:松澤 茂信

地図を見る

上記写真が、完成したかまたまアイス。お値段350円也。
どうですか、思った以上にうどんでしょ。これが香川の本気なのです。
・アイスの線を細くし、うどんっぽい見た目に
・ソフトクリームにほんのすこし生姜が練りこみ、色を若干黄色くして、卵をまぶした感じに
と2つの工夫がなされている。
さまざまな角度から写真を撮りまくりたいところだが、いくら精巧に仕上がっていても、そこはアイス。
出来上がったそばから、どんどん溶けていく。

しょう油の塩味が、意外にも合う!

しょう油の塩味が、意外にも合う!

写真:松澤 茂信

地図を見る

記念撮影したい気持ちも重々分かるが、溶けてしまう前にいただこう。
ソフトクリーム自体はとくに変哲のないバニラ味。しょう油の塩味で甘さがひきたって、意外だけれどもけっこう合う。懸念事項のネギについても、アイスの味と冷たさにかき消され、とりたてて気にならない。

コーンの最後部、しっぽの部分にしょう油が溜まっているので、そいつを思い切って「ズズッ!」っと吸いこもう。既存のアイスでは味わえない食後感を味わえるぞ。

まとめ

金比羅さんのお参りついでに、変わったアイスはいかがでしょう。
うどん県の底力を思い知らされますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ