タイ・ホテルマニアが厳選!本当に素敵なパタヤのホテル5選

タイ・ホテルマニアが厳選!本当に素敵なパタヤのホテル5選

更新日:2019/08/01 11:18

吉田 彩緒莉のプロフィール写真 吉田 彩緒莉 タイホテル専門家、海外旅行ライター、海外旅行媒体ディレクター
バンコクからバスでわずか2時間のビーチリゾート「パタヤ」はタイで最も気軽にビーチリゾートが楽しめる場所として、タイ人、欧米人に大人気。ひと昔前は歓楽街のイメージが強かったリゾートですが、今や素晴らしいリゾートホテルが建ち並び誰でも楽しく安全に過ごせます。今回はタイホテルマニアの筆者がパタヤで絶対に泊まるべきリゾートホテルを厳選!次の休みは断然パタヤですよ!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

本当は内緒にしたいパタヤの隠れ家ホテル「ラビットリゾート」

本当は内緒にしたいパタヤの隠れ家ホテル「ラビットリゾート」

提供元:ラビットリゾートパタヤ

https://rabbitresort.com/地図を見る

パタヤの中心部からソンテウという乗り合いバスで10分ほど。静かなジョムティエンビーチに面したタイ建築の素晴らしいヴィラホテル。「えっ?パタヤにこんなタイプのホテルがあったの?」と驚くこと請け合いの素晴らしいリゾートホテルです。

本当は内緒にしたいパタヤの隠れ家ホテル「ラビットリゾート」

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

まるで山あいの村のような建物が点在していますがまぎれもなく海は目の前。プライベートビーチもあります。

オーナーはドイツ人女性とタイ人男性のカップルでリゾート名の「ラビット」は「旦那様が兎年だから」だそう。チェックインの時のもらうプレゼントのキャンドルも、レストランの食器やちょっとした小物も、プールのタイルに描かれた絵も兎。とっても素敵なご夫婦は、朝食の時間、お客さんと一緒に食事をとり、席をまわって挨拶をしてくれます。とっても家庭的!

本当は内緒にしたいパタヤの隠れ家ホテル「ラビットリゾート」

提供元:ラビットリゾートパタヤ

https://rabbitresort.com/地図を見る

客室は様々なタイプがあり、ファミリーにも、カップルにも対応できるようになっています。このホテルはとにかく人気があるので、週末やピークシーズンは満室であることが多いのです。泊まりたい!と思ったらお早めに予約を。満室であっても、時には空いている客室を組み合わせて、何泊か泊まれるように工夫してくれます。

口コミサイトなどでもサービス、接客の評価は高く、何度もリピートしたくなります。ゲストの評価こそ、最大のプロモーションになるという事を、ネット時代到来の前からよく理解できている、素晴らしい老舗リゾートホテルです。

パタヤの老舗高級リゾートホテル「デュシタニパタヤ」は安心・便利

パタヤの老舗高級リゾートホテル「デュシタニパタヤ」は安心・便利

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

タイ人にとって古くからのリゾート地であるパタヤビーチの老舗ホテルがディシュタニパタヤ。建築年数を考えれば、古く感じてしまう人もいるかもしれませんが、パタヤとナクルアビーチを分ける岬を利用して建てられた堂々たる姿は、新参者のホテルを寄せ付ける雰囲気ではありません。岬の立地からプールは三方を海に囲まれ、最高のリゾート気分に浸れます。

パタヤの老舗高級リゾートホテル「デュシタニパタヤ」は安心・便利

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

海景色を満喫するためにクラブラウンジや、宿泊者がのんびりと寛げるリビングエリアは大きく窓がとられています。もちろんシービューカテゴリーの客室のテラスからはこの絶景!せっかくのビーチリゾートですから、シービューの客室を予約したいものです。一日中、海を眺めて過ごす。まさにそのためにあるホテルです。

パタヤの老舗高級リゾートホテル「デュシタニパタヤ」は安心・便利

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ディシュタニパタヤのもう一つの名物は、滝が流れる中庭にテラスが付きだした大胆な造りの「カスケードレストラン」。朝食が種類豊富で美味しいことはもちろん、パタヤビーチではなく、まるでジャングルのホテルにいるような錯覚を感じながらの食事は忘れることができない思い出になるでしょう。

パタヤで最もおしゃれリゾートが堪能できるケイプダラリゾート

パタヤで最もおしゃれリゾートが堪能できるケイプダラリゾート

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

ドバイの超高級ホテル「ブルジュアルアラブ」のような帆船型のビルディングが際立つケイプダラリゾートは、当然ながら高層から眺める海景色が人気。だからお部屋も高層階をリクエストしたいもの。ちなみに夜景を楽しみたい人は、パタヤのタウン側の客室をリクエストしましょう。不夜城と言われる歓楽街も、少し離れればきらめく宝石のような夜景を楽しませてくれます。

パタヤで最もおしゃれリゾートが堪能できるケイプダラリゾート

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

見てください!高層階に宿泊すればこの絶景はあなたのもの。パタヤにもホテルのルーフトップバーがありますが、ケイプダラリゾートに宿泊したらそんなところに行く必要はありません。コンビニやスーパーでビールやワインを買って、まったりと部屋のバルコニーで絶景を楽しめるので、とてもコスパが良いですよね!

パタヤで最もおしゃれリゾートが堪能できるケイプダラリゾート

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

このホテルのもう一つのお薦めが隠れ家的プール!メインプールとは別にもう一つ、プライベートビーチ沿いにひっそりとあり、雰囲気を察してか家族連れがあまり来ないのも好印象。カップル、友達同士、読書を楽しむ一人旅の人など、静寂を求める者同士が集います。

17時から19時はハッピーアワーが設けられ、1杯の料金で2注文できるお得な時間。丁度パタヤ名物のサンセットタイムの時間です。壮大な夕日を眺めつつプールでごろりと横になり、カクテルをいただく最高のリゾートのひと時を楽しみましょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ヒルトンパタヤは中心部にある「パタヤの顏」。何をするにも便利!

ヒルトンパタヤは中心部にある「パタヤの顏」。何をするにも便利!

提供元:ヒルトンパタヤ

https://hiltonhotels.jp/hotel/pattaya/hilton-patta…地図を見る

リゾートでは極力遠出をせず、何もかもホテル内かホテルの近くで済ませたいという人は、断然ヒルトンパタヤがお薦め。同じヒルトングループの中でも断トツの高額ホテルながら「これなら仕方がない」と思わせる最強の立地と設備は「さすが」と言わざるを得ません。ただし静寂や隠れ家感はほぼゼロなので、そこは最初から覚悟しておきましょう。

ヒルトンパタヤは中心部にある「パタヤの顏」。何をするにも便利!

提供元:ヒルトンパタヤ

https://hiltonhotels.jp/hotel/pattaya/hilton-patta…地図を見る

ヒルトンパタヤの一番の売りは、この高層階のインフィニティプール!高層のプールと海の水平線がほぼ同じになるのうな造りになっているので、色の違う海流の海で寝そべっているような錯覚に陥ります。デッキチェアだけではなく、カップルがロマンティックに過ごせラタンに覆われたソファー席もありますが、とにかく人気があるエリア、そそして常に人気のあるホテルであるために、競争率の激しい席です。

ヒルトンパタヤは中心部にある「パタヤの顏」。何をするにも便利!

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

客室よりのんびりできると評判の場所が16階にある「ドリフト」。もうこの写真だけで分かると思いますが、まるでベットのように大きなソファーに寝転びながら、海と一体化しつつドリンクが楽しめるカフェです。ここは宿泊していなくても立ち寄れるので、セントラルフェスティバル・パタヤに買い物に立ち寄ったら、まったりティータイムに使えます。ただし、正午すぎると直射日光の攻撃が凄いです。行くなら午前、そして夕日の時間がねらい目。

タイのジュラシックパーク!センタラグランドミラージュビーチリゾート

タイのジュラシックパーク!センタラグランドミラージュビーチリゾート

提供元:センタラグランドミラージュビーチリゾートパタヤ

http://www.centarahotelsresorts.com/ja/centaragran…地図を見る

ナクルアビーチにある広大な敷地と鬱蒼としたジュラ紀のようなジャングル。そしてその中央に聳え立つ巨大なホテルがタイのジュラシックパークか?と宿泊客を驚愕させるセンタラグランドミラージュビーチリゾート。ゲートに入ろうとした瞬間、誰もが巨大すぎて広すぎて、思わず立ち尽くしてしまうような迫力あるホテルです。

タイのジュラシックパーク!センタラグランドミラージュビーチリゾート

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

映画のセットでも、ジャングルの川ではありません。これ全て回遊できるプールです!ここまで徹底した遊園地的テーマホテルはタイではここくらいではないでしょうか?

タイのジュラシックパーク!センタラグランドミラージュビーチリゾート

写真:吉田 彩緒莉

地図を見る

このホテルのうれしいところは、全ての施設がテーマパークの一翼をになっているところ!ファミリーの多い客層から、プールや庭園だけではなく客室からダイニングにいたる細部にまでジャングル的要素が盛り込まれています。

こちらは朝食から夕食まで対応するオールデイズダイニング。ジャングルの中にある開放的なダイニングです。しかもタイ料理もあれば、子供が喜ぶハンバーガーやサンドウィッチ、ピッツァなど、極めてファミリー寄りのメニューがそろいます。どのメニューもこのダイニングで毎日焼かれているホカホカのパンが添えられるのもうれしい限り!

タイ・パタヤには素敵でおしゃれなホテルがいっぱい!

いかがでしたか?バンコクからバスでたった2時間。バス代は日本円で400円程度。バンコクから飛行機で移動する必要のないことのない距離にあるパタヤビーチには、素敵でおしゃれなホテルがたくさんあります。

昔はベトナム戦争時のアメリカ軍の保養地だったこともあり、歓楽街が発展した時期もありました。今も一部そういったエリアもありますが、年々変わりつつあり、欧米人、タイ人、そして他の国々の人も注目するリゾート地になりつつあります。パタヤリゾートライフの最大のポイントは、やはり素敵なホテル選びから。ご紹介した各ホテルの詳細は、他の記事にも書かせていただいたので、関連MEMOからお読みください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/13−2019/07/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -