旅情満点の船旅を!下五島と上五島を結ぶ 五島間フェリーの魅力

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

旅情満点の船旅を!下五島と上五島を結ぶ 五島間フェリーの魅力

旅情満点の船旅を!下五島と上五島を結ぶ 五島間フェリーの魅力

更新日:2019/07/22 15:07

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 アウトドアライター、小豆島サイクリングガイド、自転車旅フォトグラファー

長崎の西方に位置する五島列島。島々が近接し、群島をなすこのエリアでは、船による海上網が発達しており、島々を行き交う地域住民の足として、また複数の島を観光する交通手段として欠かせないインフラと言えるでしょう。そんな手段としての側面が強い五島間フェリーですが、実はそこから見られる景色は抜群で旅情満点!真っ青な海と空、鬼岳と町が一体となった福江、情緒ある奈良尾の風景等、印象的なシーンが数々待ち構えます。

様々な島を巡りたい五島列島!下五島と上五島を結ぶ航路

様々な島を巡りたい五島列島!下五島と上五島を結ぶ航路

写真:土庄 雄平

地図を見る

福江島や中通島など、単体の島でも魅力的な五島列島ですが、複数の島を回らないのは勿体ない!そう言い切れるほど五島列島の各島は魅力に富んでいます。世界遺産に登録されている教会はもちろんのこと、各島の自然も全く違う趣があり、見ることのできる景色も変わってきます。それは、特に「海の色」に顕著に表れているでしょう。

白砂のビーチに映えるスカイブルーの海、深い青色のエメラルドブルーの海、まるで宝石のような神秘的な緑色の入り江など、実にバラエーションに富んだ美しさを見せるのです。

様々な島を巡りたい五島列島!下五島と上五島を結ぶ航路

写真:土庄 雄平

そんな魅力に富んだ五島の島々を巡るのに欠かせないのがフェリー「ブルーオーシャン」と「ニューたいよう」!五島列島の両端、福江島と中通島を結んでおり、いわゆる上五島と下五島を行き来する玄関口となっている航路です。両方合わせて1日片道5便ほど就航しており、渡航時間は2時間弱。地元民の足でありながら、五島列島への旅行者が利用するインフラとして機能しています。

そんなこの五島間フェリーですが、その魅力は「交通手段」という側面だけではありません。実は、旅情を感じて、船旅を思いっきり満喫できる点こそ醍醐味なのです!

名物のかんころ餅を片手に!五島の温かさを感じる船出

名物のかんころ餅を片手に!五島の温かさを感じる船出

写真:土庄 雄平

地図を見る

五島列島の最南部に位置する「福江」は、このエリアで一番大きな港町として栄えており、五島間フェリーの交通網の中枢を担っています。また長崎からも船が運行し、五島列島への入り口としても機能していると言えるでしょう。五島へ旅行に来た際は、福江島を堪能して、そのまま他の島へ渡るプランがスタンダード!

そんなこの航路で、まず旅情をそそるのが出港のタイミングです。カラフルな紙テープを用いて地元の方がお見送りに来てくれます。人がよく温かい、何とも五島らしい風景ですね。「また帰ってきます」そう言いたくなる感極まるシーンです。

名物のかんころ餅を片手に!五島の温かさを感じる船出

写真:土庄 雄平

地図を見る

また福江港のターミナルはお土産も豊富なので、時間がある方はぜひ少し立ち寄ってみてください。その時に五島ならではの「かんころ餅」や「つばき飴」を購入することをオススメします。なぜなら船上のデッキで、五島の味覚を味わいながら極上の船旅を楽しむことができるから!ちょっとした旅にアクセントを与える小道具です。

素晴らしい景色が醍醐味!福江島〜中通島の船旅

素晴らしい景色が醍醐味!福江島〜中通島の船旅

写真:土庄 雄平

何と言ってもこの航路の醍醐味は、船から見られる美しい港町や海の景色です。まず福江港周辺が絶景!島のシンボル「鬼岳」を中心に、圧倒的なスケール且つ、たおやかに伸びる島がとても見応えがありますよ。また、そんな風景のアクセントになってくれるのが地元の人々。地域住民にとっては生活の足であるため、多くの人がこの航路を使います。観光客がその日常風景に溶け込める点も、五島間フェリーの情緒と言えるでしょう。

素晴らしい景色が醍醐味!福江島〜中通島の船旅

写真:土庄 雄平

北部の中通島を目指す中で、たくさんの島の周りを縫うように進んで行きます。そのため、景色がどんどん変化する点も魅力。特に、五島ならではのリアス式海岸がよく分かり、広大な大海原とのコントラストが迫力がありますよ!また途中で他のフェリーやヨットと出会えるのも面白いです。青の風景には白い船体がよく似合います。

素晴らしい景色が醍醐味!福江島〜中通島の船旅

写真:土庄 雄平

福江島から中通島そして若松島へと航路が繋がっているのですが、一番メジャーなのが中通島の「奈良尾港」です。この町は、先ほどの福江とは相異なり、こぢんまりとした港町の風貌を色濃く残しています。真っ青な海と、町の上へ展開する谷の緑の鮮やかな色彩もマッチして、とても癒される風景ですね。

船の上から見られる!神秘の海の道「前島のトンボロ」

船の上から見られる!神秘の海の道「前島のトンボロ」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな風景の素晴らしい下五島と上五島を結ぶこの航路ですが、途中「奈留島」を経由し、そこで五島の大自然が育む神秘の光景を見ることができます。その名も「前島のトンボロ」!奈留島に隣接する前島から末津島という無人島まで海の上に道ができるのです。

船の上から見られる!神秘の海の道「前島のトンボロ」

写真:土庄 雄平

地図を見る

干潮時に、真っ青な海の上にスーッと道が浮き出てきます。これは、かの有名な小豆島のエンジェルロードと同じ「トンボロ現象」の一つです。船から見られるこうした景観は全国的に極めて珍しいと言えるでしょう。ブルーの海と白い砂州の絶妙なコントラストを横目に、爽快な船旅を存分に堪能してくださいね。

旅情が高まる要素がたくさん!五島間フェリーの魅力

旅情が高まる要素がたくさん!五島間フェリーの魅力

写真:土庄 雄平

五島列島の各島を渡る時に欠かせない福江島〜中通島・若松島を結ぶ五島間フェリーには、旅をより印象的にする様々な要素が溢れています。フェリーターミナルのお土産、出港のお見送り、そして船の上から見られる数々の絶景など。単なる移動手段としてだけでなく、旅を楽しむ一つのアトラクションと言えるでしょう。また旅行者と地域の方々が一緒に船に乗っているという点も、旅情を感じますね。ぜひ五島列島へ訪れた際には、下五島と上五島を結ぶこの航路を大いに楽しんでみてください!

福江港/奈良尾港の基本情報

<福江港>
住所:長崎県五島市東浜町2-3
アクセス:
長崎からジェットフォイルで1時間25分・フェリーで3時間10分
奈良尾港からフェリーで1時間50分

<奈良尾港>
住所:長崎県 南松浦郡新上五島町奈良尾郷982
アクセス:
長崎からジェットフォイルで1時間50分・フェリーで3時間55分
福江港からフェリーで1時間50分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/30−2019/05/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -