最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

トロントで大人気!カナダならではのフードやスイーツを巡るグルメ旅

トロントで大人気!カナダならではのフードやスイーツを巡るグルメ旅

更新日:2019/07/25 15:23

カナダと聞いて思い浮かぶ代表的な食べ物といえば、国旗にもあしらわれているメープルシロップやカナダ国民の主食とも言われているドーナツ。実はそれ以外にも、ナナイモやプーティンなど、地元の人に愛されているカナダならではの知られざるフードが盛りだくさん!カナダに旅行を考えている皆さんも、カナディアンから根強い人気を誇る地元で話題の伝統グルメやスイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

カナダを代表する「メープルシロップ」をパンケーキと

カナダを代表する「メープルシロップ」をパンケーキと
地図を見る

カナダのシンボルとしておなじみのメープルですが、メープルシロップをふんだんに味わえるお店として今回ご紹介したいのが、こちらの「George Street Diner」というお店。ショッピングセンターのある地下鉄クイーン駅から東へ10分ほど歩いた場所に、赤く特徴的なお店を構えています。

カナダを代表する「メープルシロップ」をパンケーキと
地図を見る

エッグスシングスからオムレツ、パンケーキまでメニューがそろいますが、メープルシロップを味わうにはやっぱりパンケーキ。おすすめは、お店の名前にちなんだ「GSD」という名の付いたパンケーキ。

ふっくらとした生地が三層に重ねられており、食べ応え抜群。メープルシロップはお好みの分量をいただけるほか、サイドにイチゴやパイナップルなどのフルーツも添えられているので飽きない甘さ。朝食やおやつにぴったりの一品です。

カナダを代表する「メープルシロップ」をパンケーキと
地図を見る

店内の様子はというと、決して大きくはない広さですが、朝からたくさんのお客さんが詰めかけ賑わっています。

ちなみに、メープルシロップをお土産として購入したい、そして家でも楽しみたいという人には、「ディスティラリー地区」と呼ばれるエリアや「ローレンスマーケット」でボトルでの購入も可能です。安価なものは、スパダイナ駅近くのチャイナタウンでチェックしましょう。

カナディアンが大好き!バラエティー豊かな「ドーナツ」を食べ尽くす

カナディアンが大好き!バラエティー豊かな「ドーナツ」を食べ尽くす
地図を見る

「ドーナツ」を味わうために最初におすすめしたいのが、ドーナツの代表的なチェーン店「Tim Hortons」。コーヒーチェーンとしても有名で、道を歩けば必ず目に入ってきます。

ドーナツも豊富に揃いますが、なかでも「ティムビッツ」とよばれる小さく丸いドーナツは、5個、10個、20個から選ぶことができ、とにかく安い。味も十数種類あって自分でカスタマイズできるので、飽きずに食べることができます。ドーナツを作る際にくりぬく部分の廃棄を出さないように商品化したのが最初だとか。

カナディアンが大好き!バラエティー豊かな「ドーナツ」を食べ尽くす
地図を見る

そしてドーナツを味わえるお店としてもう一つご紹介したいのが、「FUGO Deserts」。大きいショッピングモールのあるダンダス駅から西に5分ほど歩いたところにお店を構えます。こちらのお店が他のドーナツ店と異なるのが、ミニドーナツを好きなだけ堪能できること!

上の写真のように、約20種類の色とりどりのドーナツの中から3の倍数ピックアップできます。

カナディアンが大好き!バラエティー豊かな「ドーナツ」を食べ尽くす
地図を見る

写真は、左奥から「Mini Homer」「The Jelly」「Campfire S’mores」「M&M」「Reede’s」「Rosewater Pistachio」の6種類。最後のフレーバーは他のドーナツ店でもなかなか見ることができない味で、甘さ控えで絶品。ご家族で来店してシェアし合うのに最適です。

フライドポテトじゃない?国民的フード「プーティン」

フライドポテトじゃない?国民的フード「プーティン」
地図を見る

次にご紹介したいのが、「プーティン」を味わえる「Poutine’s house of poutine」。「プーティン」とはカナダで親しまれているフライドポテトのようなもので、通常はお肉から生成されたグレイビーソースと一口サイズのチーズが上にトッピングされています。

こちらのお店はチェーン店ではないので、こだわりの味を楽しみたい人におすすめ。壁の壁面にも「プーティン」が描かれており、芸術的です。

フライドポテトじゃない?国民的フード「プーティン」
地図を見る

ベジタリアン向けのメニューもありますが、おすすめは、文字通りトレイディショナルな「Traditional Poutine」。「プーティン」は普通のフライドポテトと違いチーズと濃厚なグレービーソースがトッピングされている一品ですが、それらがマッチしていて絶妙なおいしさです。レギュラーサイズとキッズサイズの二種類の大きさから選べますが、アメリカンサイズなので女性の場合は後者を購入するのがいいでしょう。

フライドポテトじゃない?国民的フード「プーティン」
地図を見る

店内もブラウンに色調が統一されていてインテリアも綺麗で、とても居心地が良く落ち着く雰囲気です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

甘党にはたまらないスイーツ「ナナイモバー」

甘党にはたまらないスイーツ「ナナイモバー」
地図を見る

さて、「ナナイモ」も言わずと知れたカナダの代表的なスイーツの一つ。それが味わえるカフェが、エグリントン駅から20分ほどバスに乗った場所にある「Toronto Botanical Garden」の中の「Edward Gardens Cafe」というお店。

甘党にはたまらないスイーツ「ナナイモバー」
地図を見る

「ナナイモ」は通常厚い板チョコを含む3層から構成されており、お店によって微妙に違う味わいが楽しめます。こちらのお店では、ピスタチオ、ココナッツやラズベリーなどの数種類のナナイモが。厚みもあって食べ応え満点ですがなかなかに甘いので、ブラックコーヒーやカプチーノなどビターな飲み物との相性がベストです。

甘党にはたまらないスイーツ「ナナイモバー」
地図を見る

このお店のある「Toronto Botanical Garden」ですが、春夏は新緑や色とりどりの花の景色を楽しむことができます。園内は広いので、歩き疲れたあとにこのカフェに寄ってみるのがおすすめです。

地元で密かな人気を誇る「ビーバーテイル」

地元で密かな人気を誇る「ビーバーテイル」
地図を見る

「ビーバーテイル」とは、平たいパンの生地に甘いトッピングを添えたスイーツのこと。文字通りビーバーのしっぽに形状が似ていることからその名が付けられています。その「ビーバーテイル」が楽しめるのが、ユニオン駅の湖から程近い場所にある「Beaver Tails」。

地元で密かな人気を誇る「ビーバーテイル」
地図を見る

見た目と味は揚げパンに近い印象ですが、チョコとバナナのシンプルなものから「AVALANCHE」とよばれるチーズケーキ味、「APPLE PIE」味に至るまで、いろいろなトッピングが楽しめます。

写真は「スモア」味。チョコレートソースとマシュマロがトッピングされています。一口食べた瞬間甘さが口いっぱいに広がりますが、生地が薄いのでそれほど重さはなく、女性でもぺろりと食べてしまえると思います。味も十数種類あるので、何度も足を運んで全ての味を制覇したいところです。

地元で密かな人気を誇る「ビーバーテイル」
地図を見る

店内も落ち着きがあってとても綺麗。湖の近くなので港の景色を見ながらスイーツを味わうことができます。

カナダならではを楽しむ旅行プランを企画しよう

今回はご紹介できなかったですが、カナダにはサケを使ったお料理や「バタータルト」と呼ばれるものなど、ここでしか食べられないグルメが盛りだくさん。旅行でカナダを訪れた際は、ぜひカナディアンに愛されるフードや伝統料理に舌鼓を打ってみましょう。

またトロントでは6月の「プライドパレード」や「トロント日本映画祭」が有名ですが、秋から開催されるイベントとしては、9月中旬の「トロント国際映画祭」、11月の「サンタクロースパレード」、12月の「ニューイヤーズイブバッシュ」などがあります。トロント国際映画祭では、毎年会場には多くの著名なセレブが訪れます。

この機会に、カナダでしか味わえないイベントやグルメを探して味わってみるのはいかがでしょうか?

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/16−2019/07/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -