瞬間の絶景を!五島列島の美しすぎるシーサイドロード5選

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

瞬間の絶景を!五島列島の美しすぎるシーサイドロード5選

瞬間の絶景を!五島列島の美しすぎるシーサイドロード5選

更新日:2019/07/23 14:15

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 アウトドアライター、自転車旅フォトグラファー、絶景道オタク

旅に出れば、ふと路上で止まってしまう瞬間があります。それは、宝石のような真っ青な海へ飛び込む道や、まるで天の上を走る山岳道路、錦絵の如く鮮やかな紅葉に彩られた道等、一度見たら忘れることのできない鮮烈な風景を前にした時。そこには声にもならない感動と充実感があり、旅人の心を魅了し続けます。実は、五島列島はそうした「瞬間の絶景道」の宝庫!海と道が絶妙に織りなし、脳裏に焼き付く圧倒的な情景が数々現れます。

世界遺産の島へと続く!断崖と海が美しい中通島「上五島空港線」

世界遺産の島へと続く!断崖と海が美しい中通島「上五島空港線」

写真:土庄 雄平

地図を見る

五島列島の主要島のなかで一番北側にある中通島。その北部沿岸をなぞり、世界遺産の天主堂があることで有名な「頭ヶ島」まで向かう上五島空港線は、リアス式海岸の地形、遠浅の美しい白砂ビーチ、真っ青で爽快な海を堪能できる五島屈指の絶景道です。特に高度感のある道から俯瞰する海のパノラマが堪らなく爽快!

世界遺産の島へと続く!断崖と海が美しい中通島「上五島空港線」

写真:土庄 雄平

地図を見る

幾つかのアップダウンを経れば、友住集落の石積景観が現れ、頭ヶ島へと続いていきます。自然だけでなく五島の人の営みや文化が垣間見える点も、この道の魅力といえるでしょう。

そこから頭ヶ島大橋を渡れば、いよいよハイライトを迎えます。道の頂上付近まで上っていけば、開けた木々の隙間から世界遺産「頭ヶ島の集落」とエメラルドブルーの海が飛び込んでくるのです。鮮烈な色彩と隔絶された雰囲気は、本当に見入ってしまう圧倒的な美しさ!

<県道62号線/上五島空港線の基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町 県道62号
アクセス:有川港から車で5分

海のグラデーションルートを駆ける!中通島「桐集落〜若松大橋」

海のグラデーションルートを駆ける!中通島「桐集落〜若松大橋」

写真:土庄 雄平

地図を見る

中通島を回って隣の若松島へ向かうとき、国道384号線を使うことが一般的ですが、実は知られざる名ルートが「桐集落〜若松大橋」を結ぶ中通島の西海岸ルート!特に名前はありませんが、これが実に見応えのある風景を数々見せてくれます。

海のグラデーションルートを駆ける!中通島「桐集落〜若松大橋」

写真:土庄 雄平

地図を見る

特筆すべきは、そこで見られる海の色のバリエーション!遠浅の白砂ビーチに映えるスカイブルーの海、若松の瀬戸に広がる紺碧の海、そして桐集落一帯の入り江に展開するエメラルドグリーンの海など、進めば進むほど刻々と海の色が変化していきます。まさに五島の自然の豊かさを象徴するような道と言えるでしょう!言葉も出ないほどの「瞬間の絶景」が至る所に現れるので、アンテナを立てて進んでくださいね。

<桐集落〜若松大橋ルートの基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町桐古里郷
アクセス:奈良尾港から車で20分

五島屈指の秘境道路!ミルキーブルーの海が待つ若松島「県道169号線」

五島屈指の秘境道路!ミルキーブルーの海が待つ若松島「県道169号線」

写真:土庄 雄平

地図を見る

五島列島の北から2番目にある主要島の若松島。その島を東西に貫き、漁生浦島・有福島・日島といった周囲の島を結ぶ、まるで海道のような「県道169号線」。観光要素に乏しいことから、あまり知られていませんが、実はこの道は五島の中でも指折りの絶景道であり、目を疑うほどの圧倒的に美しい海を見せてくれます。

山越えをして、若松島の間伏郷を過ぎた辺りで、海が開け始めたかと思えば、すぐさま極上のシーサイドロードへと様相を変えます。若松島の山がちな地形と真っ青な海が織りなす景観が風光明媚で、本当に爽快!

五島屈指の秘境道路!ミルキーブルーの海が待つ若松島「県道169号線」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして日島へと至れば、そこには小さなミルキーブルーの湾が広がります。先程までの真っ青な海からの色のギャップ、そして秘境感が堪りません!空の色を超えた海が、太陽の光により宝石のごとく輝きを放ちます。まさに「ここは楽園か!?」そう思ってしまうほど、胸に響く絶景です。

<県道169号線の基本情報>
住所:長崎県南松浦郡新上五島町間伏郷 県道169号
アクセス:土井浦港から車で15分、奈良尾港から車で50分

瀬戸内海の海道を彷彿!東風泊湾を横目に走る奈留島「県道168号線」

瀬戸内海の海道を彷彿!東風泊湾を横目に走る奈留島「県道168号線」

写真:土庄 雄平

地図を見る

五島列島の中心部に位置する奈留島。島全体が極上なシーサイドロードの宝庫であり、どこを走っても素晴らしい道が続きますが、その中で特筆すべきは、島の南東部の東風泊湾(こちどまりわん)に沿って走る「県道169号線」でしょう。その特徴は、大きく湾曲する地形と開放感!加えて、道の横に続く堤防が、どこか「しまなみ」のような瀬戸内の海道も彷彿とさせてくれます。

瀬戸内海の海道を彷彿!東風泊湾を横目に走る奈留島「県道168号線」

写真:土庄 雄平

地図を見る

道の先には、真っ青な透き通った海と、島のダイナミックな地形が一挙に広がります。これが本当に癒される情景です。道を走る際は、所々振り返りながら、奈留島を取り巻く自然の美しさを思いっきり味わってみてくださいね。きっと鮮やかな海の色と、ほのかに香る潮風が、脳裏に刻み込まれるはず!

<県道168号線の基本情報>
住所:五島市奈留町泊 県道168号
アクセス:奈留島港から車で5分

大海原広がる最果ての風景を駆け抜ける!福江島「三井楽半島」

大海原広がる最果ての風景を駆け抜ける!福江島「三井楽半島」

写真:土庄 雄平

地図を見る

五島列島の最南部に位置する福江島。島全体で様々な景色を見せてくれるこの島ですが、その中で異彩を放つのが、北西に位置する「三井楽(みいらく)半島」!かつて遣唐使の最後の寄港地になっていた場所として知られており、まさに日本の最果てと言える地です。そんな三井楽半島の沿岸を走ってみれば、その最果て感を身体全体で感じることができますよ!

大海原広がる最果ての風景を駆け抜ける!福江島「三井楽半島」

写真:土庄 雄平

地図を見る

火山活動によってできた溶岩台地の先には、東シナ海の大海原!そして振り返れば、五島最高峰の「七ッ岳」の連山がそびえ、一つの世界観を作り上げています。荒々しくスケール感の大きい、五島列島でも唯一無二の絶景を、ぜひ自分の目で心行くまで堪能してくださいね。

<三井楽半島の基本情報>
住所:長崎県五島市三井楽町塩水
アクセス:福江港から車で1時間

名前はないけれど、絶景道の宝庫「五島列島」!

日本を代表する道「日本百名道」に一つも選出されていないものの、実はそれに比肩・凌駕するほどの、絶景道が数々根付く五島列島。その特徴は、五島の中でも様々な顔を見せる美しい自然と、そこに走る道の結びつき方!それが絶妙に変化することで風景に多様性が生まれ、たくさんの「瞬間の絶景」が現れます。

五島列島へ旅をするときは、観光スポットのみならず、その間を移動する道の上でも楽しむことができるので、余裕を持った旅行プランを組んでくださいね!

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/01−2019/05/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -