能舞台のあるステーキレストラン!兵庫「三田屋本店―やすらぎの郷―」

能舞台のあるステーキレストラン!兵庫「三田屋本店―やすらぎの郷―」

更新日:2019/07/24 21:20

SHIZUKOのプロフィール写真 SHIZUKO 舞台演出者
能舞台・生演奏・こだわりの和牛ステーキ。ステーキレストランだけど「三田屋本店は、外食産業ではなく、文化芸術産業だ」と創主・廣岡償治がこだわり続けた「三田屋本店―やすらぎの郷―」は、兵庫県南東部の三田市にあります。人々で賑わう阪神間に隣接する緑豊かなベッドタウンにある、その名も三田にこだわった三田屋本店は、なんと世界初の能舞台のあるステーキレストラン。広大な地に建つお店で特別な時間を楽しみませんか。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

なぜ「三田屋本店―やすらぎの郷―」に能舞台が?

なぜ「三田屋本店―やすらぎの郷―」に能舞台が?

写真:SHIZUKO

地図を見る

大規模ニュータウン開発で、1987年から10年間、人口増加率日本一を更新し続けた三田(さんだ)市。目覚ましい発展を遂げる三田市に誕生したのが「三田屋本店―やすらぎの郷―」。

三田屋本店といえば、「有馬能楽堂」と名付けられた能舞台のあるステーキレストランとして、多くの書籍にも紹介されている名店。レストランに能舞台を併設したのは、三田屋本店が世界初!です。

200席を越える広々とした客席のどの席からも、大きなガラス窓を隔てて、屋外にしつらえられた能舞台を見ることが出来ます。檜皮葺の屋根に、大きな松が描かれた鏡板、四本の柱と斜めに伸びる橋掛かり。レストランに一歩足を踏み入れると、広がる非日常の優雅な空間。流れる豊かな空気に心がスッと解き放たれることでしょう。

なぜ「三田屋本店―やすらぎの郷―」に能舞台が?

写真:SHIZUKO

地図を見る

この能舞台では、年に数回、本格的な能・狂言の公演が行われます。かの野村萬斎氏が出演されることもあります。そんな日のチケットは、あっという間に売り切れる大人気公演です。

創主・廣岡償治氏が「三田屋本店は、外食産業ではなく、文化芸術産業だ」とこだわり、作り上げたこの場所。レストランとは、味覚だけでなく、客の五感すべてを満足させなければならない。豊かになった日本で、客が真に求めているのは「やすらぎ」である、との思いが、世界に類を見ない能舞台のあるレストランの創立に繋がりました。

なぜ「三田屋本店―やすらぎの郷―」に能舞台が?

写真:SHIZUKO

地図を見る

開店から4年後の1991年に神戸電鉄公園都市線が開通し、最寄り駅・フラワータウン駅から徒歩3分と、公共交通機関でも簡単にアクセスできるようになりましたが、それまでは、車でしか行けない特別な場所でした。

敷地内に入ると、広々とした駐車場には休憩所の東屋があり、この地の氏神様である「大地主宇賀大明神」の祠があり、「やすらぎの散歩道」と名づけられた散策路もあります。

間口の広いレストランのエントランスに続く道も、庭の花々も、行き届いたおもてなし。正に特別な場所にふさわしい趣きに溢れています。

ロースハムと大人気のドレッシング!

ロースハムと大人気のドレッシング!

写真:SHIZUKO

地図を見る

三田屋本店で初めて食事をした人だれもが驚くのが、オードブルのハム&ベーコン。たまねぎと色鮮やかなオレンジ色のドレッシングがこんもりと盛りつけられた一皿に、感嘆の声が上がるはず。

ロースハムと大人気のドレッシング!

写真:SHIZUKO

地図を見る

上質な豚ロース肉を1週間以上塩漬けにしたのち、天然の桜の木のチップとコーヒー豆で燻煙して仕上げられるハムは、上品で優しいお味。続くステーキのことも忘れて、どんどん箸が進みます。ハムに、たっぷりの玉ねぎをのせて、ドレッシングものせて、くるっと巻いて食べるとふんわり広がるフルーティな香り。この幸せな時間を、ぜひ、ご自身で体験してみてほしいのです。

こだわりのドレッシングは、淡路島産の玉ねぎに、にんじん、セロリなどがたっぷり。国産野菜100%使用、保存料は一切なしの大人気ドレッシングです。

ロースハムと大人気のドレッシング!

写真:SHIZUKO

地図を見る

店内にある舞台では、毎日30分間×3回、生演奏で客の耳を楽しませてくれます。誕生日などの記念日には、バースデイソングも演奏してもらえます(要申し込み)。その日、その場に同席した多くの人たちからも拍手で祝福されるお誕生日は、記憶に残る素敵な日になります。

見た目のインパクトで視覚を刺激、柔らかな音楽で聴覚を刺激、器のなめらかさで触覚を刺激、ステーキの焼ける匂いで嗅覚を刺激、そして何よりも味覚を強く刺激。五感全部をくまなく刺激される素敵な時間がここにあります。

おもてなしのためには青磁の復興をも…

おもてなしのためには青磁の復興をも…

写真:SHIZUKO

地図を見る

三田屋本店で使われている食器は「三田青磁」と呼ばれる特別な磁器です。青磁=深緑の翡翠(ひすい)色の焼き物。

翡翠は、古来中国で金よりも珍重され、日本でも勾玉の素材として貴重で尊いものとされてきました。そのため、ヒスイ色に輝く青磁器はとても貴重で大切なものとして扱われていました。

おもてなしのためには青磁の復興をも…

写真:SHIZUKO

地図を見る

三田で生産されていた三田青磁は「古三田青磁」と呼ばれ、中国青磁に比べても遜色なく「日本で最も優れた青磁」と絶賛されてきましたが、残念ながら昭和の初めに窯の火が途絶えてしまい「まぼろしの青磁」と呼ばれるようになりました。

しかし、三田の地でレストランを開業するにあたり、三田青磁を復活させるとの強い意志のもと、15年の歳月をかけて三田青磁は復活しました。

おもてなしのためには青磁の復興をも…

写真:SHIZUKO

地図を見る

自社のレストランで提供する料理は、創業の地・三田の幻の三田青磁で出す!この強い思いがヒスイに輝く食器に込められていると思うと、そっと手に取る、器の一つ一つがとても大切なものに思えてきます。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

こだわりのステーキは、コレ!

こだわりのステーキは、コレ!

写真:SHIZUKO

地図を見る

さて、いよいよお楽しみのステーキをご紹介。

熱々の鉄板に乗ってくるのは、たっぷりの玉ねぎとニンニク、大きな人参とジャガイモ。焼き上がった肉ではなく、熱々の鉄板で、自分で好みの焼き加減に仕上げていただくスタイルです。

こだわりのステーキは、コレ!

写真:SHIZUKO

地図を見る

初めての人は、野菜の量の多さにもびっくりすることでしょう。

こだわりのステーキは、コレ!

写真:SHIZUKO

地図を見る

肉の表面をサッと鉄板押し付けると、レアでとってもトロトロ。少し時間をおけば、ミディアムに。黒毛和牛の豊かな味わいを楽しめます。

いずれにしても肉の焼き時間は短時間仕上げ。野菜の上にのせて休ませ、ゆっくりといただきましょう。つけだれは特製のポン酢。さっぱりといただけます。

車で15分の「神戸三田プレミアムアウトレット」

車で15分の「神戸三田プレミアムアウトレット」

写真:SHIZUKO

地図を見る

三田屋と名のつくお店はあちこちにあるのですが、三田屋本店―やすらぎの郷―の味をカジュアルに楽しめる店が、車で15分ほど走った先の「神戸三田プレミアムアウトレット」にあります。

車で15分の「神戸三田プレミアムアウトレット」

写真:SHIZUKO

地図を見る

ロサンゼルス市郊外の高級住宅地「パサディナ」をモデルとした、国内外の高級ブランド店がズラーっと並ぶ洗練された街並み。まるで異空間。

日本いることを忘れてしまう広大な町です。それもそのはず、西日本最大の店舗面積を誇るアウトレットモールです。

車で15分の「神戸三田プレミアムアウトレット」

提供元:三田屋本店―やすらぎの郷―

地図を見る

黒毛和牛ステーキはもちろん、ハンバーグも食べることが出来ます。4種類あるコロッケもお楽しみ。素敵な街並みを、コロッケ片手に歩いてみてはいかがですか。

三田屋本店―やすらぎの郷―の基本情報

住所:兵庫県三田市武庫が丘7丁目5番
電話番号:079-564-4151(9:00〜20:00)
アクセス:電車 JR大阪駅から宝塚線・三田駅下車 神戸電鉄線乗換フラワータウン下車 徒歩3分 車 中国道神戸三田インターを降りて約6分
営業時間:平日11時30分〜15時30分(ラストオーダー14時30分)17時30分〜21時00分(ラストオーダー20時00分)土曜・日曜・祝祭日11時30分〜21時00分(ラストオーダー20時00分)

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -