ほろ酔い旅をコスパ良く!「森のしずく」は伊豆高原のお得な湯宿

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ほろ酔い旅をコスパ良く!「森のしずく」は伊豆高原のお得な湯宿

ほろ酔い旅をコスパ良く!「森のしずく」は伊豆高原のお得な湯宿

更新日:2019/08/17 17:34

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

せっかく食事付きの宿泊プランを選ぶなら、酒と食に感動する高コスパな宿に泊ってみたい!と思いませんか?
「森のしずく」はオーナーがソムリエ&利酒師の資格を持つ、特別なペンション。ここに泊まった人が「おいしい!」と口を揃えるのは、元和食旅館のソムリエでありながら、料理人としても経験を積んだオーナーが作る本格和食です。しかも、貸切露天は24時間無料で入り放題。おいしい酒と食事が待つ宿で、お得に酔い旅を!

全国からファンが訪れる、酒と料理が進む宿

全国からファンが訪れる、酒と料理が進む宿

写真:安藤 美紀

地図を見る

「森のしずく」は福田さんご夫婦が二人三脚で営む、旨い酒と料理の宿。リピーター率も3〜4割と高く、2019年で11周年を迎えました。

宿の場所は、暖かい静岡の中でも年2〜3回は雪が降る、伊豆高原の標高270m付近。車で5分の場所には、火口跡を眺めてお散歩できる「大室山」もあり、観光にも便利な立地です。

全国からファンが訪れる、酒と料理が進む宿

写真:安藤 美紀

地図を見る

チェックインは15時〜。フロントで鍵を受け取ると、酒好きの方なら思わずニンマリしてしまうはず!オリジナルのルームキーホルダーは、“一升瓶”をアレンジしたミニサイズ。さすが、お酒をウリにする宿です。

全国からファンが訪れる、酒と料理が進む宿

写真:安藤 美紀

地図を見る

また、女性に嬉しい色浴衣も無料で借りられます。色とりどりの浴衣は、6種類ほど。温泉上がりに好きな浴衣で過ごせるので、テンションが上がります。

1日6組限定。12歳以上が利用できる大人のための宿

1日6組限定。12歳以上が利用できる大人のための宿

写真:安藤 美紀

地図を見る

「森のしずく」を利用できるのは、12歳以上のみ。あえて年齢制限を設けることで、ゆったり大人の時間を楽しむことができます。

客室は全部で6部屋。すべてシンプルに整えられた洋室タイプです。別荘地の奥にある宿なので、周囲は緑豊か。先程の色浴衣でふらりと大自然の中を歩けるのも魅力ですよ!

1日6組限定。12歳以上が利用できる大人のための宿

写真:安藤 美紀

地図を見る

さらに、この巨大な露天風呂や内風呂は、空いていれば24時間いつでも利用できます!

「森のしずく」に泊まるなら、チェックインの時間に合わせて、早めに到着するのがオススメ。そして、伊東温泉が注ぎ込む「貸切露天風呂」へドボン!といきましょう。

泉質は、カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉で、pH8.1の弱アルカリ性。潤いを運んでくれる硫酸塩泉と、その潤いをキープする塩のベールがブレンドされた、美肌の湯のベスト・コンビネーション。まさに「天然の美肌化粧水」のような成分で、翌朝のお肌の変化が楽しみになりますよ。

1日6組限定。12歳以上が利用できる大人のための宿

写真:安藤 美紀

地図を見る

温泉を楽しんだら、共有スペースものぞいてみましょう。本棚に並ぶのは、ワイン王国、dancyuのお酒特集、マリアージュ、神の雫…など、取り混ぜて「酒」にこだわったラインナップの本ばかり。

へえ!そんなお酒があったんだ。今度、この居酒屋へ行ってみたいなあ。なんて、お酒に関する未知との出会いにドキドキしっぱなし。ちなみに、セルフサービスにはなりますが、共有スペースのコーヒーやお茶はすべて無料です。

今日は飲みます。オーナー、最高のお酒を教えて!

今日は飲みます。オーナー、最高のお酒を教えて!

写真:安藤 美紀

地図を見る

お酒のストックは、つねに赤ワインだけで約120本、白ワインは50〜60本。日本酒は40〜50種類ほどあります。それだけでもスゴイことですが、「このお酒は硬いから、少し蔵に寝かせてまろやかにしよう」など、一つ一つを最適な状態に整えてからゲストに提供しています。

今日は飲みます。オーナー、最高のお酒を教えて!

写真:安藤 美紀

地図を見る

酒好きが高じて、ソムリエと利酒師の両方の資格を取得した、オーナーの福田さん。

「今日はこんな気分で、こんなお酒がのみたい!」と伝えると、豊富なラインナップの中から最高の1杯を選んでくれますよ。

今日は飲みます。オーナー、最高のお酒を教えて!

写真:安藤 美紀

地図を見る

ワインはイタリア産やフランス産といった定番から、9割以上が自国内で消費されるという、日本ではあまり見かけないルーマニア産のワインまで楽しむことができます。しかも嬉しいことに、1杯600円〜とリーズナブル!気付いたら、何杯も飲んでウキウキしてる…ここは、まさに飲んべえの天国です。

高級料亭もビックリ。伊勢海老が付いても1万円台!

高級料亭もビックリ。伊勢海老が付いても1万円台!

提供元:森のしずく

http://www.morinoshizuku.com/地図を見る

伊豆半島は新鮮な海の幸が手に入る土地柄だから、お刺身はスタンダードでも舟盛り、という宿は珍しくはありません。

しかし、「森のしずく」がスゴイのは、リーズナブルなお値段で1品ごとに感動がわきおこる美食の数々に出会えること。

「道場六三郎ばりに出汁にはこだわってますから」と、キラキラした笑顔で語る福田さんの言葉通り、上品な出汁のうまみがしっかり感じられるお料理は、一度食べたら忘れられなくなる味です。

料金はスタンダードで11000円〜。これに伊勢海老がついても、13000円〜!お得すぎ!

高級料亭もビックリ。伊勢海老が付いても1万円台!

写真:安藤 美紀

地図を見る

ちょっと贅沢したい方は、ぜひ伊勢海老付きプランを。「森のしずく」では、地元・伊豆の赤沢で育った伊勢海老を漁師さんから仕入れています。

ぷりぴりの伊勢海老と合わせるのは、濃厚なウニソース。焼きたての伊勢海老をハフハフしながら噛みしめれば、凝縮感のある旨味と長〜い余韻に浸れます。これはもう、悶絶級のおいしさ!

高級料亭もビックリ。伊勢海老が付いても1万円台!

写真:安藤 美紀

地図を見る

日本酒を1号単位で注文すると、すべて本物の竹を使った「竹筒」入りで提供されます。この「竹筒」は手作り。水漏れがないか耐久テストを繰り返し、検査をパスした“エリート”のみ使われます。

見た目が華やかで、インパクト大ですよね。「竹筒」片手に、ホワワンとしたほろ酔いの一夜をお楽しみください。

朝のロビーで香るのは、コーヒーじゃなくてお出汁

朝のロビーで香るのは、コーヒーじゃなくてお出汁

写真:安藤 美紀

地図を見る

早朝の館内は、オーナーが毎朝4時過ぎからひくお出汁の優しい香りに包まれます。

お味噌汁の具は、アルコールを分解してくれる“しじみ”率が高め。一口飲むごとに、鰹と昆布、そしてしじみの旨味が口中を満たします。ごはんは、雪国・富山の雪解け水を含んでそだった、減農薬&減化学肥料のこしひかり。一粒一粒ふっくらツヤツヤで、本当にご飯が進みます!

朝のロビーで香るのは、コーヒーじゃなくてお出汁

写真:安藤 美紀

地図を見る

「森のしずく」で満たされたら、チェックイン後は、車で5分の大室山へ向かいましょう。

大室山の山頂までは、リフトを使って空中散歩気分で登っていきます。お天気が良ければ、伊豆七島や富士山が見えたり、下ではアーチェリーも気軽に体験できますよ。稜線に作られた歩道は、見晴らしもよくて、最高の気分転換になるはず!

朝のロビーで香るのは、コーヒーじゃなくてお出汁

写真:安藤 美紀

地図を見る

そして、大室山とは反対方向へ車で向かうこと約10分。よく“火サス”の舞台でも使われる城ヶ崎海岸の「門脇吊り橋」は、観光バスも乗り入れる大人気の観光スポットです。

でも、おすすめしたいのは、“火サス”じゃない方の「橋立吊橋」です。ここは、静岡県が管理している、意外と知られていない穴場。「門脇吊り橋」より小さくて、スリリングに揺れます!さらにワイルドな体験がしたい方は、ギリギリ岸壁まで降りられるので足を運んでみては。

驚きの料金で至福のステイを

「森のしずく」は家族経営だからこそ実現できる、ハイコスパの宿。気軽に利用できるので、連泊にもおすすめです。

都会の喧騒を離れて、ふっと心を緩ませたいときは「森のしずく」へ。美酒と美食に散りばめられた“おもてなしの心”を感じれば、「よし、また明日から頑張れそう!」そんな気持ちになれますよ。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/23−2019/07/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -