台湾宜蘭「羅東」ときめく教会から夜市グルメまで散策スポット6選

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾宜蘭「羅東」ときめく教会から夜市グルメまで散策スポット6選

台湾宜蘭「羅東」ときめく教会から夜市グルメまで散策スポット6選

更新日:2019/07/29 17:24

田中 六花のプロフィール写真 田中 六花 台湾的ライター、台湾おいしいもの探求家、台湾ドリンクマニア、台湾おみやげハンター

台湾東部にある宜蘭の羅東は、台北からも気軽に行けると人気の観光スポット。グルメファンで連日にぎわう羅東夜市で知られ、日本統治時代は林業で栄え商業の中心地だった街です。
一年中雨が多いこの地域で、天気を気にせず楽しめる散策スポットと、夜市グルメからほっこりカフェまで、心とお腹を満たす旅へご案内します。

何はともあれ行きたい「羅東夜市」

何はともあれ行きたい「羅東夜市」

写真:田中 六花

地図を見る

台北から羅東へのアクセスは、台北駅と市政府駅近くから出ている高速バスが断然便利。台湾鉄道を利用すると1時間50分程かかりますが、トンネルが開通したため、バスなら40〜60分で直行できます。

羅東夜市は、台湾鉄道の羅東駅から徒歩10分ほど。衣服や雑貨なども並びますが、グルメは公園路附近に集中しているのでまずはこちらを目指しましょう。

夜市ならではの人気グルメは、好きな材料を選ぶ串焼き、卜肉(豚ロース天ぷら)、当帰羊肉湯(漢方入り羊スープ)、ガオザー(クリームシチューのコロッケ)、腿龍鳳(魚のつみれに野菜や豚肉を加えた揚げ物)などがあります。ご当地グルメをお試しあれ!

何はともあれ行きたい「羅東夜市」

写真:田中 六花

地図を見る

宜蘭名産の三星葱を使った、熱々の「三星葱餅」。皮は薄めでカリッ、中は山盛り葱と豚ミンチです。ぎっしりに詰まった葱のうま味が肉汁と合わさり、リピートしたくなるおいしさ。平日でも行列ができる、必食グルメです。

何はともあれ行きたい「羅東夜市」

写真:田中 六花

地図を見る

果物王国で外せないフルーツもいただけます。「マンゴーミルク」は程よい甘みとフレッシュなマンゴーを堪能できる味。パイナップルミルクやパパイヤミルクなどもあります。旬なおいしさをいただきましょう。

<羅東夜市の基本情報>
住所:宜蘭県羅東鎮公園路附近
営業時間:17:00〜深夜1:00頃 年中無休(店による)

ときめきが止まらないステキな教会巡り

ときめきが止まらないステキな教会巡り

写真:田中 六花

地図を見る

羅東で現存する数少ない宗教建築として、二級古跡にも認定されている「聖母升天堂」。

イタリア人神父の構想と設計によって、ゴシックと中国式の融合した教会が1958年に竣工されました。ステンドグラスや花柄の天井画をはじめ、細やかな装飾は見とれてしまう美しさ。時を重ね、今では地域の大切な信仰の場になっています。見学する際は、マナーに配慮しつつお邪魔しましょう。

ときめきが止まらないステキな教会巡り

写真:田中 六花

地図を見る

パステルカラーや螺旋階段が可愛い入口。台湾ドラマ『ハートに命中!100%』のロケ地としても知られ、多くのドラマファンも訪れているのだとか。

<聖母升天堂の基本情報>
住所:宜蘭縣羅東鎮北成路一段20號
電話番号:+886-3-951-2963
※北成天主堂と呼ばれることもあります

ときめきが止まらないステキな教会巡り

写真:田中 六花

地図を見る

もう一つ訪れたいのが、1952年に建てられた「羅東聖母医院耶ス(魚ヘンに禾)聖心堂」。こちらは病院の中庭にある小さな教会です。丸みのあるシルエットで、窓の黄色と紫の組み合わせやタイルが素敵です。屋根には獅子が載っています。こちらもお見逃しなく!

<羅東聖母医院耶ス(スは魚ヘンに禾)聖心堂の基本情報>
住所:宜蘭縣羅東鎮中正南路160號
電話番号:+886-3-954-4106

勉学の神様「羅東孔子廟」

勉学の神様「羅東孔子廟」

写真:田中 六花

地図を見る

「聖母升天堂」の隣りに位置する、儒教の創始者である孔子を祀る「羅東孔子廟」。1862年民間によってつくられた珍しい廟で、他の孔子廟と比べてかなり小さいことも特徴です。

大成殿の前に佇む孔子像。両サイドにある明倫堂は、附近の学生たちが立ち寄り、勉強やおしゃべりをしに集うのだそう。旅行者にとっては、ひと息つける休憩スペースになります。

勉学の神様「羅東孔子廟」

写真:田中 六花

地図を見る

大成殿の中では、孔子や弟子たちの位牌や祭事に使う楽器などを見ることができます。学問の神様に、しっかりご挨拶してくださいね。

勉学の神様「羅東孔子廟」

写真:田中 六花

地図を見る

建物の窓にはめられているのが、今では珍しくなりつつある模様ガラス。よく見ると一枚一枚違う柄で、どこか懐かしい雰囲気が漂います。アンティーク好きな方、必見!

居心地のいいカフェ「好森珈琲X註書店」

居心地のいいカフェ「好森珈琲X註書店」

写真:田中 六花

地図を見る

「好森珈琲X註書店」は、古い家をていねいにリノベーションしたレトロ可愛いカフェ。台湾で文青と呼ばれる、カルチャーや暮らしにこだわりを持つ人たちが好む雰囲気があり、それぞれが自由にリラックスした時間を過ごします。

居心地のいいカフェ「好森珈琲X註書店」

写真:田中 六花

地図を見る

「好森珈琲X註書店」は、本だけでなくコーヒーや食事の時間、生活を分かち合う場所。店主がセレクトした本だけでなく、アクセサリーや器・ポストカードなどの雑貨もあります。お気に入りを旅のお土産にどうぞ!

居心地のいいカフェ「好森珈琲X註書店」

写真:田中 六花

地図を見る

コーヒーやデザートだけでなく、食事もいただけます。ご飯かパスタ、海鮮か鶏肉か野菜、バジルかトマトかバター、スープか食後のドリンクかをそれぞれ選択。これに食前酒ならぬ酢、パンとジャムが付きます。

ボリュームたっぷり、パスタ+野菜+トマト+スープのセット。オーナーのお父さんがつくる新鮮な野菜は、力強い素材のうま味に溢れています。

<好森珈琲X註書店の基本情報>
住所:宜蘭縣羅東鎮林森路117-1號
電話番号:+886-3-957-7378
営業時間:9:00〜19:00 日曜休み

締めのご当地スイーツ「魏姐包心粉圓」

締めのご当地スイーツ「魏姐包心粉圓」

写真:田中 六花

地図を見る

地元の人たちに愛され続ける、羅東の名物スイーツ「魏姐包心粉圓」。羅東夜市の屋台からスタートし、今では台湾全土にチェーン展開する人気店です。

中でも、台湾鉄道の羅東駅にある「魏姐包心粉圓車站店」は、移動の前後にカウンターでサッと味わえ、駆け付けもしくは締めのスイーツにピッタリ!

締めのご当地スイーツ「魏姐包心粉圓」

写真:田中 六花

地図を見る

メニューは粉圓・氷・豆花・アイス・ホットといろいろありますが、すべて写真と番号付きなので指差し注文が可能。

無添加、防腐剤不使用の厳選材料へのこだわりも「魏姐包心粉圓」が幅広い世代に支持されている理由の一つです。紫米を使った珍しいものや、宇治金時などもチェックしてみては?

締めのご当地スイーツ「魏姐包心粉圓」

写真:田中 六花

地図を見る

「魏姐包心粉圓」の代名詞・包心粉圓とは、小豆入りのタピオカのことで一般的なタピオカよりもかなり大粒です。

番号1の「包心芝ナイ(女ヘンに乃)豆花」は、ゴマたっぷりがうれしいタピオカ入りのつるんとした豆花。どこかなつかしい素朴なおいしさに癒やされます。

<魏姐包心・車站店の基本情報>
住所:宜蘭縣羅東鎮公正路2號
電話番号:+886-3-955-2807
営業時間:10:00〜21:30 無休

宜蘭とセットで回りたい!夜市だけではもったいない羅東

羅東には他にも、豊かな自然に触れられる「羅東林業文化園区」や「羅東運動公園」など見所がたくさんあります。
宜蘭から羅東までは、台湾鉄道で約20分。羅東夜市だけではもったいない、羅東の魅力をご自身の目でお確かめくださいね!

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -