エメラルド色のここだけの超深層水温泉!奥飛騨ガーデンホテル焼岳

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

エメラルド色のここだけの超深層水温泉!奥飛騨ガーデンホテル焼岳

エメラルド色のここだけの超深層水温泉!奥飛騨ガーデンホテル焼岳

更新日:2019/08/11 18:08

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家

雄大な北アルプスに抱かれ、日本一露天風呂が多い温泉地とも言われている奥飛騨温泉郷。
その中の新平湯温泉にある「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」に湧く湯は、なんと珍しいエメラルド色!この約三億六千万年前の太古の海底から届く超深層水温泉は、ミネラルやビタミンが豊富で美肌効果も抜群です。自然に囲まれた中での混浴露天風呂になっており、もちろん源泉かけ流し!料理も美味しいこのホテルで、是非温泉三昧の休日を。

「硫黄岳」ともいわれる「焼岳」の麓に建つホテル

「硫黄岳」ともいわれる「焼岳」の麓に建つホテル

提供元:奥飛騨ガーデンホテル焼岳

https://www.okuhida-gh.com/地図を見る

北アルプスの麓で、5つの温泉地が点在する奥飛騨温泉郷。ご覧の「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」があるのは、奥飛騨温泉郷のほぼ中央に位置する新平湯温泉エリアになります。

「硫黄岳」ともいわれる「焼岳」の麓に建つホテル

写真:万葉 りえ

地図を見る

焼岳があるのは3000メートルを超える穂高連峰の南側。この岐阜県と長野県にまたがる2455メートルの活火山は、別名「硫黄岳」とも呼ばれています。そして日本百名山にも選ばれているこの山の名前をもらったホテルがあるのは、焼岳のすぐ西側。川を望む静かな場所に建っています。

大自然の息吹!大きな湯の花がお出迎え

大自然の息吹!大きな湯の花がお出迎え

写真:万葉 りえ

地図を見る

このホテルの自慢はまず温泉!ということで、大きくなった源泉の湯の花の塊がロビーに置かれています。それはまるで巨大な臼。一年毎に厚みが増していきその大きさに驚かれるかもしれませんが、後で混浴露天風呂に行かれた際は現在の湯の花の大きさもご覧になってくださいね。

大自然の息吹!大きな湯の花がお出迎え

写真:万葉 りえ

地図を見る

そして客室はご覧のように広めの造りになっています。こちらはツインの洋室ですが、トリプルとして使える部屋も用意されています。もちろん温泉に来たのだから畳の上でくつろぎたいという方もいらっしゃるはず。和室でもゆったりと過ごしていただけるようになっています。

大自然の息吹!大きな湯の花がお出迎え

写真:万葉 りえ

地図を見る

部屋のバルコニーから望める山々の峰。見渡す限りの緑の連なりに、自然の中にいる安らぎも感じていただけるでしょう。

名物「温泉せいろ蒸し」も並ぶ会席膳

名物「温泉せいろ蒸し」も並ぶ会席膳

写真:万葉 りえ

地図を見る

宿の食事も旅の大きな楽しみですよね。夕食では前菜をはじめいくつもの器が並ぶ会席料理が楽しめます。テーブルには旅情を高めてくれる囲炉裏風のしつらえ。そのじざい鉤(かぎ)にかけられた鍋に入っているのは、あっさりとしたなかに滋味がある蕎麦の実の雑炊です。

名物「温泉せいろ蒸し」も並ぶ会席膳

写真:万葉 りえ

地図を見る

飛騨の山菜など変化に富む味を楽しんでいるうちに、朴葉(ほおば)味噌のこうばしい香りが立ちのぼり、柔らかい肉も食べ頃に焼けてくるでしょう。

名物「温泉せいろ蒸し」も並ぶ会席膳

写真:万葉 りえ

地図を見る

そして、食事が進んでいくと、温泉で蒸した「温泉せいろ蒸し」の料理が熱々で御膳へと届けられます。
この地に伝えられた味と温泉とを合わせた郷土料理。ここで過ごす時間は、この地方の地酒と共に…がお薦めです。

ホテルの自慢、ここだけの超深層水温泉!

ホテルの自慢、ここだけの超深層水温泉!

提供元:奥飛騨ガーデンホテル焼岳

https://www.okuhida-gh.com/地図を見る

ではホテル自慢の温泉をご紹介していきましょう。男女それぞれのエリアに内湯があり、その外側へと出れば、ご覧いただいているように屋根付きの露天風呂「ヒノキの湯」「月光の湯(岩風呂)」が並びます。

でもここで終わりではないのです。さらに奥にある建物(着衣所)に用意されているのが、あの温泉に入るための湯衣(ゆあみ)です。

ホテルの自慢、ここだけの超深層水温泉!

提供元:奥飛騨ガーデンホテル焼岳

https://www.okuhida-gh.com/地図を見る

隆起した約三億六千万年前の海底の地層。そこから湧き出る湯で満たされた露天風呂があるのは着衣所の奥になります。ここは湯衣をつけての混浴エリア。自家源泉100パーセントでかけ流しの湯は、大自然の神秘を含んでエメラルド色になるため「うぐいすの湯」と名付けられています。

日本でここだけとも言われているこの超深層水温泉は、ビタミンやミネラルが豊富で、美肌成分もたっぷり。だからこそ「美人の湯」と言われ、その濃さは温泉を使った化粧水を製品化できるほどです。

ホテルの自慢、ここだけの超深層水温泉!

提供元:奥飛騨ガーデンホテル焼岳

https://www.okuhida-gh.com/地図を見る

また、庭園になっている混浴エリアには、岩の間から湯が出ている打たせ湯や滝湯もあります。そしてその奥には、ご覧の洞窟風呂も。

それぞれの季節も楽しみたい混浴エリア

それぞれの季節も楽しみたい混浴エリア

提供元:奥飛騨ガーデンホテル焼岳

https://www.okuhida-gh.com/地図を見る

ご紹介したように混浴エリアは、庭園の中にいくつも露天風呂があるといった趣です。ですから風がそよぐ中で四季折々の自然を近くに感じながら、家族やグループで深くリラックスしていただけるでしょう。新緑、深みを増す緑、色づいていく紅葉、そしてご覧のように雪景色の中も素敵だと思いませんか。

それぞれの季節も楽しみたい混浴エリア

写真:万葉 りえ

地図を見る

他にも、立湯や寝湯、サウナ、貸切風呂…なども揃っています。そして、このように足湯のスペースもあるので、出発間際までたっぷり温泉を楽しんでくださいね。

それぞれの季節も楽しみたい混浴エリア

提供元:奥飛騨ガーデンホテル焼岳

https://www.okuhida-gh.com/地図を見る

写真は冬期に開催される「雪ほたる」の様子ですが、それぞれの季節でさまざまな湯ったり時間がうれしい奥飛騨ガーデンホテル焼岳。
北アルプス麓の空気を胸いっぱいに吸い込んで、太古から届けられる地球の恵みに癒されてください。

郷土料理も温泉三昧もうれしい「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」

飛騨高山や白川郷と合わせたプランも組み込みやすい奥飛騨温泉郷。

そこにある「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」では、趣が異なるいくつものお風呂、そして郷土料理が味わえる会席膳が待っています。また、ここでは北アルプスの伏流水ですっぽんやチョウザメも育てられているんですよ。

このホテルで、地球のダイナミックさにつかり、美味しいものに舌鼓をうつ時間をどうぞお過ごしください。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -