ネパール料理は日本人好み!?カトマンズ名物グルメ5選

ネパール料理は日本人好み!?カトマンズ名物グルメ5選

更新日:2019/07/29 14:28

羽田 さえのプロフィール写真 羽田 さえ 熊本在住ライター
ネパール料理といえばカレーが有名ですが、それだけではありません。
伝統的なネワール料理に加え、インド・中国・チベットの影響を受けた料理のほか、お茶やデザートに至るまで豊かな食文化のある国です。

ネパール中のおいしいものが集まる首都カトマンズで、旅行中に食べたいローカルグルメを5つ、ご紹介しましょう。地元の人たちが日々口にしているものばかりです!



新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)
プランをもっと見る

1.ネパールのソウルフード「ダルバート」

1.ネパールのソウルフード「ダルバート」

写真:羽田 さえ

地図を見る

ネパール人が一番よく食べているものと言えば「ダルバート・タルカリ」。
ごはんに豆のスープ、カレー、野菜のおかずなどを一皿に盛りつけた定食スタイルの食事です。自分好みに混ぜ合わせていただきましょう。
おかわり自由の店が多く、お代わり用のごはんやスープの鍋を持った店員さんがテーブルへ回ってくることもあります。

1.ネパールのソウルフード「ダルバート」

写真:羽田 さえ

地図を見る

カレーのスパイスがそれほど強くなく油断していると、アチャールと呼ばれる漬物類が意外なほど辛いことも。辛みに弱い人は、少しずつ食べて様子を見てくださいね。

2.ネパール風餃子「モモ」

2.ネパール風餃子「モモ」

写真:羽田 さえ

地図を見る

カジャと呼ばれる軽食の定番メニューが「モモ」。ネパール風の餃子です。ソースをつけて食べますが、スープ仕立ての場合も。中の具材はさまざまで、野菜、チキン、水牛など。日本の餃子に比べ、スパイスが効いた味わいです。

2.ネパール風餃子「モモ」

写真:羽田 さえ

地図を見る

小龍包型だけでなく、日本の餃子によく似た形のものもあります。こちらはチベット式のモモ。モモはもともと中華料理の流れをくむ料理で、チベットから伝わったと言われています。

3.デザートに食したいヨーグルト

3.デザートに食したいヨーグルト

写真:羽田 さえ

地図を見る

カトマンズ旅行でよく出てくるデザートと言えば、ダヒと呼ばれるヨーグルト。サフランがトッピングされていたり、フルーツが入っていたりとバリエーション豊かです。
セットメニューの最後にヨーグルトが出てくることも多いので、あちこちで食べ比べするのも楽しいですよ。

3.デザートに食したいヨーグルト

写真:羽田 さえ

地図を見る

古都バクタプルの名物ヨーグルトが「ズーズーダウ」。
専門店のほか、観光客向けのカフェや食堂などにも置かれています。濃厚で酸味が少なく、ほんのりした甘みが特徴です。

4.何はなくとも「チャ」を一杯!

4.何はなくとも「チャ」を一杯!

写真:羽田 さえ

地図を見る

カトマンズ旅行で外せない飲み物は濃厚なミルクティー。
南アジアでミルクティーと言えばインドのチャイが有名ですが、ネパールではチャ、又はチヤと呼びます。朝食や休憩時、おしゃべりのお供にも愛される飲み物です。

砂糖が別添えのケースもありますが、基本的にはチャはかなり甘め。スパイスを一緒に煮出したり、ギーと呼ばれるバターオイルを入れたりすることもあります。

ネパールで有名な紅茶の名産地はイラム。イラム産の紅茶をお土産に買うのもおすすめです。

5.日本とネパールの出会い「ヒマラヤそば」

5.日本とネパールの出会い「ヒマラヤそば」

写真:羽田 さえ

地図を見る

カトマンズの旅の途中で和食が恋しくなった時には、本格的な日本蕎麦が食べられます。
ヒマラヤ山麓のツクチェ村で育った蕎麦を使った「ヒマラヤそば処」では、長野県の戸隠村で修行したというネパール 人の蕎麦職人が腕をふるいます。純和風の店構えの中、供されるのは十割蕎麦。香り豊かな蕎麦に、だしのしっかりきいた蕎麦つゆがよく合います。おにぎりや天ぷらなどもありますよ。

5.日本とネパールの出会い「ヒマラヤそば」

写真:羽田 さえ

地図を見る

ヒマラヤそば処があるのは「ホテルサンセットビュー」内。古都パタンをのぞむ高台に建ち、名前のとおり美しい夕日を眺めるお宿です。
外交官の邸宅を引き継いだ建物を利用したホテルのため、敷地はゆったりとしており、季節の花を楽しめる広い庭もあります。

実はグルメ天国!ネパール料理を楽しもう

ごはんとカレーの組み合わせや餃子など、実は日本人になじみ深いネパールの食文化。
物価も安く、食事の楽しみには事欠きません。
日本人にはスパイスの多い料理や現地の水が合わないこともあるので、気を付けながら食べ歩きを楽しんでみてくださいね。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/24−2019/05/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -