小倉アイス発祥の店・湯島「みつばち」へ上野界隈散歩旅

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小倉アイス発祥の店・湯島「みつばち」へ上野界隈散歩旅

小倉アイス発祥の店・湯島「みつばち」へ上野界隈散歩旅

更新日:2019/07/30 16:33

湯川 カオル子のプロフィール写真 湯川 カオル子 温泉流浪人、路地裏ウォーカー
皆さん、知っていますか? 小倉アイス発祥のお店を。大正4年、東京の湯島天神近くにある甘味処「みつばち」で、日本初の小倉アイスができました。もちろん小倉アイスだけでなく、小倉あんみつや氷あずき、パンダ顔をしたみつばちパンダなど、ちょっと素朴で、ちょっと懐かしい味も待っています。湯島天神や不忍池をのんびり散策しながら、百年前に誕生した日本最初の小倉アイスの味、楽しみに行きませんか?
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

日本初の小倉アイスに惹かれ、旅に出る

日本初の小倉アイスに惹かれ、旅に出る

写真:湯川 カオル子

地図を見る

小倉アイスができたのは、偶然から。大正4年(1915年)夏。その年は冷夏で、氷あずきのために煮た甘い小豆が残ってしまいました。当時、砂糖は高級品。初代店主の嶋田当与(とよ)と奥さんは、仕方なくアイスクリームを作る桶に、氷と余ったあずきを入れて保管しました。

翌朝、桶を開けてみると、あずきが凍っているではありませんか。それをかき回して試しにひと口食べてみると、とっても美味しい。さらに甘さを加減して作り直し、お向かいの髪結いさんのお店へ試食に持ち込みました。すると瞬く間になくなるほどの人気。ご近所の旦那さんが名付け親となり、誕生したのが「小倉アイス」です。

今もみつばちの小倉アイスは、昔ながらの製法で作られます。材料は小豆と砂糖と塩と水だけ。粒ありと粒なしがあって、粒ありは誕生当時の大きさで少し大きめ。百年続く大正時代の元祖の味は、意外にさっぱりとしています。

みつばち名物の黒蜜と、昔ながらの氷あずき

みつばち名物の黒蜜と、昔ながらの氷あずき

写真:湯川 カオル子

地図を見る

黒蜜もみつばち評判の味です。沖縄産の黒糖を使った自家製で、時間をかけて煮詰められ、どろりとして濃厚。それでいてくどくなく、奥深い味わいを楽しめます。黒蜜だけを買いに来るお客さんも多いです。

そんなお店の一番人気が「小倉白玉あんみつ」。元祖小倉アイスと人気の黒蜜を一緒に楽しめるひと品です。

あんみつにはバナナやミカン、白玉が入り、自家製の杏子は酸味が強く、甘い餡によく合います。店内で出される求肥は抹茶味。意外なほどサッパリと食べられるあんみつです。

みつばち名物の黒蜜と、昔ながらの氷あずき

写真:湯川 カオル子

地図を見る

もうひとつ忘れてはならないのが、夏の定番、氷あずき。創業当時から続くメニューで、みつばちのかき氷の中でも一番の人気です。氷に味は一切つかず、シンプルに小豆の味を楽しめる、かき氷の原点ともいうべき味わい。また食べに来たくなるお味です。

上野のアイス「みつばちパンダ」

上野のアイス「みつばちパンダ」

写真:湯川 カオル子

地図を見る

テイクアウト専用の「みつばちパンダ」。数種類あるアイスの中からどの味でも注文可能。耳は元祖小倉アイスで、見た目もカワイイ上野ならではの形です。

写真はメロン、マーブル、マンゴーをチョイス。マンゴーは酸味があり、マーブルはバニラ、イチゴ、ソーダ味のミックスです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

百年以上この地で続く、素朴な老舗の味

百年以上この地で続く、素朴な老舗の味

写真:湯川 カオル子

地図を見る

創業は明治42年(1909年)。当初は嶋田氷店として、氷と氷あずきを販売するお店でした。春日通りに面したカウンターでは、アイスやあんみつの対面販売をしています。夜飲んだ後、お土産を買いにくるお客さんも多く、夜9時まで営業します。

百年以上この地で続く、素朴な老舗の味

写真:湯川 カオル子

地図を見る

店先では、お土産に人気のあんみつ類がそろいます。アイスも3時間までならお持ち帰り可能です。

百年以上この地で続く、素朴な老舗の味

写真:湯川 カオル子

地図を見る

店内にはイートインスペースがあります。お昼にはランチの後にスイーツを食べにくるお客さんも。

嶋田氷店が「みつばち」に改名したのは終戦後。庭に咲いた花に群がるみつばちを見た二代目店主が、お店にも、あのみつばちたちのようにお客さんが集まってほしいと願いを込めました。

湯島天神と不忍池を巡る絶好の散歩コース

湯島天神と不忍池を巡る絶好の散歩コース

写真:湯川 カオル子

地図を見る

学問の神様、菅原道真を祀った湯島天神は、お店から徒歩4分ほど。受験生とその親御さんたちが、お参りする姿で知られます。

湯島天神と不忍池を巡る絶好の散歩コース

写真:湯川 カオル子

地図を見る

不忍池はミツバチから5分ほど。岸辺のベンチに腰掛けて、江戸期から続く池の風景と、高層ビルとを眺めながら、冷たい小倉アイスを頬張るのもいいものですよ。写真は蓮の葉が生い茂る6月の景色です

みつばちへ行くのなら、御徒町、湯島天神、不忍池、上野と巡れば、1時間弱から2時間ほどのちょうどいいお散歩コース。ニッポンの小倉アイス第一号を食べに、散歩旅に出ませんか。

甘味処みつばちの基本情報

住所:東京都文京区湯島3-38-10
電話番号:03-3831-3083
アクセス:都営地下鉄上野広小路駅から徒歩2分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -