日本旅行作家協会「第4回斎藤茂太賞」要介護5の母と旅する作品が受賞!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本旅行作家協会「第4回斎藤茂太賞」要介護5の母と旅する作品が受賞!

日本旅行作家協会「第4回斎藤茂太賞」要介護5の母と旅する作品が受賞!

更新日:2019/07/27 08:40

LINEトラベルjp NEWSのプロフィール写真 LINEトラベルjp NEWS

2019年7月25日、日本旅行作家協会が主催する第4回「斎藤茂太賞」授賞式が行われました。今回の受賞作は『おでかけは最高のリハビリ!要介護5の母とウィーンを旅する/たかはたゆきこ著』。

この記事では授賞式の様子や、気になる受賞作についてお伝えします。

斎藤茂太賞って?

斎藤茂太賞って?

写真:LINEトラベルjp NEWS

地図を見る

斎藤茂太賞とは、長年にわたり世界と日本の旅行文化の発展に貢献した日本旅行作家協会創立会長である斎藤茂太氏の功績を讃えて、その志を引き継ぐために創設されたもの。

今回は2018年に出版された紀行・旅行記、旅に関するエッセイ及びノンフィクション作品を対象として選出されました。

斎藤茂太賞 受賞作は『おでかけは最高のリハビリ!』

斎藤茂太賞 受賞作は『おでかけは最高のリハビリ!』

写真:LINEトラベルjp NEWS

地図を見る

第4回斎藤茂太賞を受賞したのは、たかはたゆきこさんの『おでかけは最高のリハビリ!要介護5の母とウィーンを旅する』(雷鳥社)。

脳出血によって要介護5になった母とともに、40代独身・介護離職した著者が音楽の都ウィーンを目指した怒涛の3年間が描かれています。

斎藤茂太賞 受賞作は『おでかけは最高のリハビリ!』

写真:LINEトラベルjp NEWS

地図を見る

会場には、受賞者のたかはたゆきこさんとお母様の姿(写真)も。たかはたゆきこさんにはクリスタルトロフィーと30万円が贈られました。

たかはたゆきこさんは受賞スピーチで「介護をしていても、されていても、おでかけを通して人生を楽しむことができる。それを皆さんに伝えたくて、たくさんの人に伝えたくてこの本を書きました」と真摯に語っていました。

第1回「旅の良書2019」も発表!

斎藤茂太賞の発表に続いて、今回の授賞式から「旅の良書2019」の授賞もスタート。中学生以上を対象として、旅の持つさまざまな魅力を読者に伝えてくれる優れた書籍を選出する賞です。

「旅の良書2019」の受賞作品はこちら。

・清水浩史『深夜航路 午前0時からはじまる船旅』(草思社)
・渡辺憲司『いのりの海へ ― 出会いと発見 大人の旅』(婦人之友社)
・藻谷浩介『世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記』(毎日新聞出版)
・内田洋子『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』(方丈社)
・森まゆみ『「五足の靴」をゆく 明治の修学旅行』(平凡社)
・角幡唯介『極夜行』(文藝春秋)
・大畠順子『離島ひとり旅』(辰巳出版)
・芦原伸『森の教え、海の教え 〜 辺境の旅から』(天夢人)
・花房ゆい『遊廓へ ― 女子ひとりで街歩き』(柏書房)
・内田宗治『外国人が見た日本 「誤解」と「再発見」の観光150年史』(中央公論新社)

※2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -