戦国・武将ファン必見!米沢城址〜上杉謙信公を祀る上杉神社

| 山形県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

戦国・武将ファン必見!米沢城址〜上杉謙信公を祀る上杉神社

戦国・武将ファン必見!米沢城址〜上杉謙信公を祀る上杉神社

更新日:2014/05/07 15:40

右肩のプロフィール写真 右肩

上杉謙信と言えば、越後の龍・軍神と称されるほど戦上手な戦国武将(大名)として有名です。武田信玄と戦った「川中島の戦い」は特に有名で、義を重んじた生き方も相まって今でも人気の武将です。
その上杉謙信を祀っているのが、山形県米沢市にある「上杉神社」です。
米沢は、江戸時代の長い間、上杉家が治めた地域ですので、今でも上杉家ゆかりの史跡が数多く残っています。その中でも一番の人気スポットが上杉神社です。

開運招福・諸願成就〜多くの参拝者で賑わう上杉神社

開運招福・諸願成就〜多くの参拝者で賑わう上杉神社

写真:右肩

地図を見る

当時の面影を残す水堀が印象的な米沢城本丸跡。堀を渡る石橋「舞鶴橋」には、「懸り乱れ龍の旗」と「毘沙門天」の軍旗が掲げられ、上杉謙信に関係する場所である事を感じる事ができます。

舞鶴橋を渡って米沢城本丸跡地に入り、鳥居を通って上杉神社に入り、立派な唐門を通ると、杉の大木に囲まれた拝殿に到着します。
舞鶴橋から拝殿(本殿)まで、参道は一直線なので迷う事はありません。
上杉謙信にあやかり「開運招福・諸願成就」のご利益があると言われており、多くの参拝者が訪れます。

そもそも、上杉家が米沢にやって来たのは、越後に加えて会津・米沢を治める事になった慶長2年(1597年)からで、直江兼続が初代城主となります。
その後、減封により米沢のみが領地となった上杉家は、上杉謙信より家督を継いだ上杉景勝が城主となり、これに伴い上杉謙信の祠堂も米沢に遷されます。
明治時代になると、神仏分離令・廃城令などの政策により、上杉謙信の遺骸は米沢城から廟所に移され、霊魂を神式で祀る上杉神社が建立されました。

現在の上杉神社の建物は、大正8年の大火で全焼した後、大正12年に再建されたものです。

有名武将や藩主の銅像や石碑が並ぶ米沢城址

有名武将や藩主の銅像や石碑が並ぶ米沢城址

写真:右肩

米沢城跡の本丸跡には、米沢に関係がある著名人の銅像や石碑が建てられていて、有名な撮影スポットとなっております。
この中で一番有名な人物は、やはり上杉謙信でしょう!甲冑を身に付け陣中で指揮する凛々しい姿で、故郷である越後(新潟)を向いています。
上杉景勝と直江兼続の銅像は、2009年のNHK大河ドラマ「天地人(てんちじん)」で一躍有名となった際に建てられました。

有名な「なぜば成る なさねば成らぬ 何事も」の言葉で知られる上杉鷹山は、当時全国で1番貧乏な藩となってしまった米沢藩を立て直した偉人であり、上杉鷹山の銅像の前で写真を撮る方は多いです。

そして、ちょっと目立たないのですが、人気武将(大名)である「伊達政宗」の生誕の地を示す石碑もあります!
米沢城は、鎌倉時代に初めて築かれ長井家が居城していましたが、室町時代初期から約200年に渡り伊達家が支配していました。ですので、伊達政宗は米沢城で生まれ育ち、米沢を拠点に領土を拡大したのです。その後、豊臣秀吉の処遇により米沢を取り上げられ、岩出山城→仙台城と移って行く事となります。

この様に、銅像や石碑から、米沢は東北の地方都市にも関わらず、有名な武将や藩主が多く関わった街であった事が分かります。

上杉家の宝物・遺品が満載の稽照殿は歴史ファン必見!

上杉家の宝物・遺品が満載の稽照殿は歴史ファン必見!

写真:右肩

上杉神社の隣に「稽照殿(けいしょうでん)」と呼ばれる宝物館があります。
ここには、上杉家の遺品である131点もの重要文化財をはじめ、重要美術品を含む多数の収蔵品を展示しています。その多くは、上杉謙信、上杉景勝、上杉鷹山、直江兼続の遺品です。
一番知られているのは、直江兼続所用「愛」前立ての兜が有名な甲冑でしょう!また、上杉謙信や上杉景勝が所用していた甲冑や刀など、当人が使っていた「本物」を見る事ができ、歴史ファンには必ず見て欲しいスポットです!

また、米沢城址本丸跡へ入る前にある「松岬神社」は、上杉鷹山を筆頭に、上杉景勝や直江兼続などを祀っているので、是非とも寄って頂きたい神社です。

運が良ければ、武将隊にも会えます!

運が良ければ、武将隊にも会えます!

写真:右肩

今や、全国の城下町で結成されている「おもてなし武将隊」。
観光PRを目的に、鎧武者姿でパフォーマンスを披露し、観光案内や記念撮影に応じてくれます。各種のイベントに参加したり、地元ラジオ・テレビに出演するなどローカルタレント的な活躍をする武将隊もあり、ファンや追っかけまで存在する人気です。

米沢にも「山形おきたま愛の武将隊」が結成されていて、運が良ければ上杉神社で会う事ができます!
甲冑姿に扮した有名武将と一緒に記念撮影できれば、旅の良い思い出になる事間違いありませんね。

確実に会いたいという方は、記事下MEMO欄のリンク「山形おきたま愛の武将隊」より、スケジュールを確認してみて下さい。

米沢のご当地グルメやお土産が全て揃う〜米沢城史苑

米沢のご当地グルメやお土産が全て揃う〜米沢城史苑

写真:右肩

米沢城跡・上杉神社の手前にある「米沢城史苑(よねざわじょうしえん)」は、広い無料駐車場を備え、観光情報の入手や食事、買い物が全てまかなえる観光センターです。
車で上杉神社へ行く場合、米沢城史苑の駐車場に停める事になりますし、バスで来ても米沢城史苑前で降りる事になりますので、観光の拠点となる場所でもあります。

写真の通り、広い館内に米沢・置賜地方のグルメや工芸品から武将グッズまで豊富な品揃えのお土産品ショップがあり、全国的に有名な「米沢牛」をはじめ、あっさり醤油スープが特徴の「米沢ラーメン」や「米沢牛コロッケ」など、ご当地グルメを堪能できる飲食店もあり、参拝の後に是非とも寄りたいスポットです。

軍神・上杉謙信から、ちょっとパワーを貰えるかも?

上杉謙信や上杉鷹山で有名な上杉家の史跡が点在し、歴史ファンであれば色々訪れたい史跡が多く、一日ではとても回りきれないほど魅力的な街が米沢です。

そんな米沢で、まずは誰もが訪れるのが上杉神社です。歴史ファンでは無くても、上杉謙信の偉業や人柄に好感を持ち、沢山の参拝客が訪れます。
戦国時代という混乱した時代に一生懸命生きた人々に思いを馳せてみれば、「自分も頑張ってみようかな」と、ちょっとパワーを貰えるかも知れません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/06/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ