味噌カレー牛乳ラーメンって何!?青森駅周辺のご当地グルメ

| 青森県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

味噌カレー牛乳ラーメンって何!?青森駅周辺のご当地グルメ

味噌カレー牛乳ラーメンって何!?青森駅周辺のご当地グルメ

更新日:2014/05/09 10:28

しもちんのプロフィール写真 しもちん

本州と北海道を繋ぐ交通の要所、青森駅。
そんな青森駅周辺で「味噌カレー牛乳ラーメン」なるご当地グルメがあるのをご存知でしょうか。
今回はそんなミステリアスな名称のラーメンをはじめ、青森駅から徒歩数分の範囲内で楽しめるグルメスポットをご紹介します。

味噌カレー牛乳ラーメン

味噌カレー牛乳ラーメン

写真:しもちん

地図を見る

まずはタイトルにもなっている「味噌カレー牛乳ラーメン」。
このラーメンは青森市内の複数店舗で提供されていますが、青森駅から立ち寄るのならば駅から徒歩7〜8分の「味の札幌大西」がオススメ。店舗名に札幌と入っていますが、間違いなく青森のラーメン屋さんです。
味噌とカレーと牛乳って合わないのでは?と思われるかも知れませんが、もともと味噌ラーメンにバターは付き物。味噌と乳製品は合うのです。そして、カレー味といっても、いわゆるカレーうどんのようなトロッとしたスープではなく、カレー風味程度のもの。スープはサラッとしています。ちなみに味噌カレー牛乳ラーメンは元々バター付き。
気になるお味の方は、マイルドでカレーの風味がピリッと良いアクセントになっており、名称とは不釣り合いな程、美味しく仕上がっています。

古川市場で「のっけ丼」

古川市場で「のっけ丼」

写真:しもちん

地図を見る

そしてこちらは青森駅から徒歩5分。古川市場で楽しめる「のっけ丼」。
入り口で食券を購入して、いろいろなお店を回って自分好みの海鮮丼を作れます。
海鮮類は一種類100円〜300円程度。ウニやイクラは少し高めの値段設定なので、両方入れると少し控えめな見た目になってしまうかも。
帆立の美味しさは格別だったので、嫌いでなければ是非とも入れてみましょう。
何はともあれ、自分が食べたい物を好きなように盛るのが一番です。
市場で働く人たちの津軽弁をBGMに美味しくいただきましょう。

A-FACTORY

A-FACTORY

写真:しもちん

地図を見る

続いて青森駅のすぐ横、青森ベイブリッジの袂にあるのが、東北新幹線の新青森駅開業と同時にオープンしたA−FACTORYです。
グッドデザイン賞も受賞したスタイリッシュな建物で、1階は青森の新鮮な食材をお土産にできるショップやカフェ、2階にはレストランやラウンジがあります。

シードルをテイスティング

シードルをテイスティング

写真:しもちん

地図を見る

2階のラウンジにはシードルのテイスティングコーナーがあります。
試飲カードは2階レストランのカウンターで300円〜購入可能です。
ここで注意したいことが2つ。
まず1つ目、ボタンは長押ししなくてはいけません。ポンと押すだけだとカードから金額だけ引かれてしまい、肝心のシードルは出てきません。
そして2つ目、120mlでもシュワシュワしているので、かなりの確率で透明カップから溢れます。少なめの量で、いろんな種類を試してみましょう。
なお、レストランは11:00〜の営業ですが、テイスティングコーナーは少し早い10:30〜利用可能となっています。

林檎のガレット

林檎のガレット

写真:しもちん

地図を見る

テイスティングコーナーの隣にあるのが、ガレット中心のレストラン、ガレッテリア ダ・サスィーノです。
写真は青森らしくリンゴのガレットでデザート風ですが、お食事向けのガレットメニューもあります。
ランチセットのドリンクも、プラス数百円でシードルに変更できます。
1階から吹き抜けになっている気持ちのいい空間で、美味しいランチをいただいてみましょう!

最後に

青森駅は新幹線の停車する新青森駅から1駅離れています。
地方という事もあり、普通列車の本数はそれ程多くはないのですが、この区間はJRの特例区間になっていて、乗車券さえ持っていれば、特急券を購入しなくても特急列車に乗れるようになっています。
新幹線移動で新青森駅を中心に行動する時でも、ちょっと寄り道をして、青森駅周辺のグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。
たとえ新幹線が新函館まで開業しても、途中下車したくなる魅力的な街になっています。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/18−2014/04/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -