ほほえみもらえる!名古屋「スヌーピーミュージアム展」

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ほほえみもらえる!名古屋「スヌーピーミュージアム展」

ほほえみもらえる!名古屋「スヌーピーミュージアム展」

更新日:2019/08/02 12:19

空下 遥子のプロフィール写真 空下 遥子 トラベルライター

東京にて開館していたスヌーピーミュージアムの魅力を凝縮した、特別な展覧会が名古屋で開催中。1950年にスヌーピーのコミック「ピーナッツ」の新聞連載が始まって半世紀以上。なぜこれ程長い間世界中で愛されているのか、展覧会を見終えた時その答えが見つかるはず。スヌーピーの漫画は子ども向けにとどまらず、大人にほほえみや共感、温かい気持ちを届けてくれます。知らなかったスヌーピーの世界を発見しに行きませんか?

4足歩行のスヌーピー?!スヌーピーの歴史がわかる

4足歩行のスヌーピー?!スヌーピーの歴史がわかる

写真:空下 遥子

地図を見る

博物館の入口を入るとすぐ、鮮やかなオレンジの巨大パネルに横たわるスヌーピーがお出迎えしてくれます。名古屋で開催中の「スヌーピーミュージーアム展」は、原画もヴィンテージグッズも本場の空気もギュッと集めた特別な展覧会です。コミックの原画は、選りすぐりの約80点が展示されています。日本語の翻訳もついているので、一つ一つのストーリーをゆっくりと読み進めることができます。

4足歩行のスヌーピー?!スヌーピーの歴史がわかる

写真:空下 遥子

地図を見る

ヴィンテージグッズは、1960年代の今とは異なるタッチのフィギュアや1970年代のスヌーピーの様々な衣装姿のクリスマスオーナメントや、1980年代のアメリカのジャンクフードの上に乗るスヌーピーの貯金箱などを見ることができます。

写真は世界の国々の衣装をまとっているスヌーピーのクリスマスオーナメント。ベレー帽をかぶるフランスの画家風だったり、浴衣と下駄を身に付けた日本の夏姿だったり、なかなか見られない姿が愛らしいです。さらに印象的なのは、どの表情もほほえんでいること。「世界のことが知れてハッピー」と思っているのかも知れません。

4足歩行のスヌーピー?!スヌーピーの歴史がわかる

写真:空下 遥子

地図を見る

スヌーピーのコミック「ピーナッツ」を読んだことはありますか?セリフがとても人間らしく、素直な気持ちが伝わってきます。ここでスヌーピーが4足歩行していた1950年代のコミックをご紹介。スヌーピーはチャーリー・ブラウンの飼い犬ですが、スヌーピーの視点から人をどのように見ているのかがわかります。

訳:「犬の人生ってのはさびしいなァ‥」「ネコにはにくまれ…馬にはふんづけられ…野生の動物にはケイベツされ…」「タメイキ」「人間サマサマだ!」

スヌーピーの世界は広くて深い!!

スヌーピーの世界は広くて深い!!

写真:空下 遥子

地図を見る

スヌーピーは一匹で生きているわけではありません。広くて深い友情関係を持っています。スヌーピーとその仲間たちのつながりが築く”「ピーナッツ」の世界を知ってほしい”というのが作者の一番の願いです。スヌーピーと一番の親友である黄色い小鳥のウッドストックやチャーリー・ブラウンをはじめとする個性豊かなアメリカの子供たちが織り成す言葉や心のやりとりを通して「ピーナッツ」の世界は見えてきます。

作者のチャールズ・M・シュルツ氏の人生観・考え方や言葉が反映されている「ピーナッツ」の世界を知ると、20世紀後半のアメリカ文化がわかってくるのも面白いところです。

スヌーピーの世界は広くて深い!!

写真:空下 遥子

地図を見る

「ピーナッツ」に登場するスヌーピーを含む個性豊かな仲間たちを、アメリカでは愛情を込めて「ピーナッツ・ギャング」と呼んでいます。“実際こんな人いる”と共感できる性格を個々のキャラクターが持ち合わせています。自信にあふれているスヌーピー、いじわる心があるルーシー、愛すべきいつも敗者のチャーリー・ブラウン、近所で一番利口なライナスというふうに。「ピーナッツ・ギャング」の関係性を通して、いろいろなともだちのあり方を見れるのも注目したいところです。

“好き”という気持ちをもう一度大切にしようと思う

“好き”という気持ちをもう一度大切にしようと思う

写真:空下 遥子

地図を見る

展示の中にはアニメーションもあります。ゆったりとした音楽とともに、それぞれが大切な人を思い浮かべながら過ごす夜、スヌーピーは“好き”という気持ちについて考えています。“大好きってポップコーンをシェアすること。・・・”このひと時をきっかけに自分も“好き”という気持ちをもう一度大切にしようと思いたくなります。

スヌーピーとの再会に!自分にも大切な人にもグッズを贈ろう

スヌーピーとの再会に!自分にも大切な人にもグッズを贈ろう

写真:空下 遥子

地図を見る

ショップの一角には、目を引くとてもカラフルなコーナーがあります。スヌーピーの人生のターニングポイントや大切な瞬間などがB4ポスターに。さらに絵葉書も数十種類あります。「ピーナッツ」の世界にふれて、気に入ったキャラクターを家に連れて帰るのも、印象に残ったストーリーを選ぶのも思い出グッズとしてぴったり。

スヌーピーとの再会に!自分にも大切な人にもグッズを贈ろう

写真:空下 遥子

地図を見る

面白いグッズも発見。曜日ごとにデザインが異なるマグカップです。自分が産まれた曜日を選ぶのもひとつ。好きなデザインで選ぶのもひとつ。1週間に1度、スヌーピーが仲間にkissする愛らしい姿にいやされながらティータイムを楽しめるこのマグカップは、思い出グッズにちょうどいいのでは。

他にもスヌーピーミュージアムで大人気だったアイテムが多数復刻されていたり、名古屋会場限定アイテムもあったりと、充実したグッズ選びに大人も夢中になれます。

スヌーピーミュージアム展の基本情報

開催場所:名古屋市博物館
住所:名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
電話番号:052-853-2655
アクセス:地下鉄桜通線「桜山」駅4番出口 徒歩5分
会期:2019年6月22日(土)〜9月1日(日)
開場時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)
休館:毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)、第4火曜日 ただし8/13は開館

(C)Peanuts Worldwide LLC

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -