奈良「山の辺の道」石上神宮からJR柳本駅までのハイキングコース

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

奈良「山の辺の道」石上神宮からJR柳本駅までのハイキングコース

奈良「山の辺の道」石上神宮からJR柳本駅までのハイキングコース

更新日:2019/08/12 12:22

朱 とんぼのプロフィール写真 朱 とんぼ 奈良通1級、江戸文化歴史検定2級
奈良の山の辺の道は、歴史に登場する最古の道。奈良盆地の東側の山裾を縫う細い道で、神社、寺、古墳、遺跡が道なりにあり、令和の年号の出典となった『万葉集』の歌碑も数多くあります。古代の万葉人も歩いた道は、現在天理駅から桜井駅約16km、田園風景の広がるのどかなハイキングコースです。
今回は、天理市の石上神宮から長岳寺を経てJR柳本駅までの北側半分の約7kmのルートをご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

スタートは石上神宮

スタートは石上神宮

写真:朱 とんぼ

地図を見る

石上神宮(いそのかみじんぐう)は、日本最古の神社の一つとされ、古代有力豪族物部氏の総氏神。大正より前には本殿がなく、拝殿の後方の禁足地の地中深くに鎮められていたご神体を祀っていたという歴史が、由緒ある神社であることを物語っています。

スタートは石上神宮

写真:朱 とんぼ

地図を見る

拝殿は国宝、最古の神社建築です。

スタートは石上神宮

写真:朱 とんぼ

地図を見る

境内は緑豊かで静寂な雰囲気ですが、耳にするのは鶏の「コケコッコー」の声!鶏は、暁に時を告げる鳥として大切にされ、約30羽が自由に境内を闊歩していますよ。神様のお使いの御神鶏です。

刀の印章の御朱印

刀の印章の御朱印

写真:朱 とんぼ

地図を見る

物部氏は大和政権で軍事力を担った豪族のため、石上神宮は大和朝廷の武器庫だったという記録もあるそうです。御祭神の布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)は御神剣に宿る神霊。石上神宮には、御神宝として数多く刀、劔が伝わっています。いただく御朱印も御神宝の「七支刀」の印章。

<基本情報>
住所:天理市布留町384
電話番号:0743-62-0900
アクセス:
JR近鉄天理駅より徒歩30分
JR近鉄天理駅よりバス石上神宮前徒歩5分

道端には『万葉集』の歌碑

道端には『万葉集』の歌碑

写真:朱 とんぼ

地図を見る

石上神宮の境内から南の方角に向かい集落を抜けると、内山永久寺跡。山道の緑のトンネル、ミカンや柿などの果樹園の中を歩くと、石上神宮から徒歩1時間ほどで夜都伎神社(やつぎじんじゃ)。この神社は春日大社と関係が深く、萱葺の拝殿の後方に、朱の垣に囲まれて五つの社殿があります。

道端には『万葉集』の歌碑

写真:朱 とんぼ

地図を見る

道なりに歩いていくと、戦国時代に自衛するために周囲に濠を巡らせた環濠集落や、数多くの古墳群が連なっています。丁寧な説明板がありますよ。可愛い石仏も!

道端には『万葉集』の歌碑

写真:朱 とんぼ

地図を見る

道端には、令和の元号の出典元である『万葉集』の歌碑が数多くあります。これは『万葉集』の代表的歌人の柿本人麻呂の歌碑、当時の漢字表記の万葉仮名です。万葉人の息吹を感じましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

山の辺の道の真ん中に位置する長岳寺

山の辺の道の真ん中に位置する長岳寺

写真:朱 とんぼ

地図を見る

夜都伎神社から徒歩1時間ほどで、長岳寺。天長元(824)年に、淳和天皇の勅願により弘法大師が大神神社の神宮寺として創建された歴史あるお寺、釜口大師の名で親しまれています。仏像5体、建造物4棟が国指定重要文化財指定。

盛時あった48の塔頭のうち、美しい庭園のある書院造の旧地蔵院の本堂・庫裏(共に重要文化財)が残っています。

山の辺の道の真ん中に位置する長岳寺

写真:朱 とんぼ

地図を見る

本堂に安置されている阿弥陀三尊(重要文化財)は、平安時代末期1151年の作と判明、堂々とした写実的な作風で、玉眼を使用した日本最古の仏像です。(本堂内は撮影禁止)

山の辺の道の真ん中に位置する長岳寺

写真:朱 とんぼ

地図を見る

いただける御朱印は「無量光」。

<基本情報>
住所:天理市柳本508
電話番号:0743-66-1051
アクセス:
JR桜井線柳本駅下車徒歩20分
JR近鉄桜井駅、天理駅よりバス上長岡下車徒歩10分

黒塚古墳展示館で古墳を知ろう!

黒塚古墳展示館で古墳を知ろう!

写真:朱 とんぼ

地図を見る

長岳寺から西の方向に下っていくと、すぐ左手に崇神天皇陵の前方後円墳、徒歩10分ほどで黒塚古墳。手前奥にある天理市立黒塚古墳展示館は必見です。

2019年に大阪府の百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されて、古墳に注目が集まっていますが、古墳の内部、発掘品などは、外からでは分かりません。黒塚古墳は、古墳時代前期前半の4世紀前半の全長134mの前方後円墳で、1998年に国内最多の三角縁神獣鏡33面、画文帯神獣鏡1面が出土しました。20世紀末まで未盗掘で造営されたときの姿のまま発見されたことが、貴重です。

黒塚古墳展示館で古墳を知ろう!

写真:朱 とんぼ

地図を見る

この展示館では、黒塚古墳の石室が原寸大(8.2m)の模型で再現されていて、圧巻!精巧なレプリカの神獣鏡34面も展示されていて、古墳の謎を楽しんで学ぶことができます。
展示館は、古代史の浪漫を題材にしたテレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地となりました。

<基本情報>
住所:天理市柳本1118番地2
電話番号:0743-67-3210
アクセス:
JR桜井線 柳本駅下車徒歩約5分
JR近鉄桜井駅、天理駅よりバス柳本下車徒歩5分
休館日:月曜日、祝日(月曜日が祝・休日の場合は翌日も休館)
入館料:無料

万葉人の気持ちになって歩いてみましょう!

山の辺の道は、古く古墳時代から今に続く歴史に登場する最古の道です。盆地の向う側には二上山をのぞむ道を、『万葉集』の歌碑を探しながら、のんびりと歩くと、万葉人の気配を感じることが出来るかも知れませんよ。
今回は天理市の石上神宮からJR柳本駅のコースを紹介しました。半日でまわることができます。ぜひ、歩いてみましょう!

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -