スイス・アッペンツェル奥に潜む秘境ゼーアルプ湖へ絶景ハイキング

| スイス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スイス・アッペンツェル奥に潜む秘境ゼーアルプ湖へ絶景ハイキング

スイス・アッペンツェル奥に潜む秘境ゼーアルプ湖へ絶景ハイキング

更新日:2019/08/04 10:28

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家
数ある名峰を持つスイスにおいて、センティス山と言ってわかる人はきっと少ないはず。スイスの東北部に位置する、ドイツやオーストリアとの国境が近いアッペンツェル地方にある標高2501メートルの山です。

この地域では最高峰を誇るセンティス山を眺めながら絶景ハイキングが楽しめるコースがあるのです。それが今回ご紹介するゼーアルプ湖までのコース。ちょっとハードなところもあるけれど、ご褒美の絶景は格別です。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ヴァッサーラウエンからエベンアルプへ

ヴァッサーラウエンからエベンアルプへ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

スイス東北部のアッペンツェル地方は、名峰をいくつも抱えるスイスでは比較的標高の低い長閑な牧草地風景が魅力の地域です。特にアッペンツェル(Appenzell)という町には、特徴的な形の切妻屋根にカラフルな壁絵と小さな窓が並ぶ家屋が軒を並べる町並みが広がり、人気のある牧歌的風景の中の「スイスの村」。

このアッペンツェルから、可愛らしい赤い車体の列車でアクセスできるヴァッサーラウエン(Wasserauen)にはいくつものハイキングコースが用意されています。この地方の最高峰であり標高2051メートルのセンティス山(Mt.Santis)が奥に控え、川沿いで牛が草を食む長閑な風景が広がります。

ヴァッサーラウエンからエベンアルプへ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ヴァッサーラウエンの駅前にはロープウェイ乗り場があり、ピーク時には10分毎に出るロープウェイであっという間に頂上駅のあるエベンアルプ(Ebenalp)へ運んでくれます。

<ヴァッサーラウエン⇔エベンアルプ・ケーブルカーの基本情報>
住所:Schwendetalstrasse 82, 9057 Wasserauen
電話番号:+41-71-799-12-12
運行:15分毎(ピーク時は10分毎)
運行時間:(1〜3月)9:30〜17:00 (4/27〜5/24)8:00〜17:30 (5/25〜6/28)と(8/26〜9/29)7:30〜18:00 (6/29〜8/25)7:30〜19:00 (9/30〜11/3)7:30〜17:30 (12/14〜12/31)9:30〜17:00 
運休:11/4〜12/13

ヴァッサーラウエンからエベンアルプへ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

5分ほどで頂上駅に到着すると、目の前には広々とした牧草地が広がり、アッペンツェル地方の牧歌的風景が眼下に広がっています。谷を隔てた周囲を山並みが取り囲み、ハイキングコースがいくつも延びていますので表示をしっかり確かめましょう。ここから下の方へ延びるコースには15分ほどで岩山の洞窟を利用したWildkirchliという小さな礼拝堂にいくことができます。興味がある人は行ってみるのもよいでしょう。このコースはさらにその先へ進んでもゼーアルプ湖(Seealpsee)へつながっています。

頂上駅の少し上には山岳ホテル・レストランのベルグガストハウス・エベンアルプ(Berggasthaus Ebenalp)が、また少し離れたところに山小屋もあり素晴らしい風景を眺めながら一休みできます。ホテル・レストランの庭には小さなハーブ園があり裏庭ではアヒルやガチョウが放し飼い。このまましばらくここで寛ぎたくなる空間が広がっています。

<ベルグガストハウス・エベンアルプの基本情報>
住所:Berggasthaus Ebenalp, Ebenalp 1, 9057 Wasserauen
電話番号:+41-71-799-11-94

センティス山を遠くに眺めながら

センティス山を遠くに眺めながら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ではここから少し長めのハイキングコースへ。緑に覆われた山の上にあるシェフラー(Schafler)を経由しゼーアルプ湖までのコースで、センティス山を遥か前方に見上げると同時に左手下方には目指すゼーアルプ湖の一部が見えています。

センティス山を遠くに眺めながら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

歩き始めは平坦な草原なのですが、いつの間にか一部だけ見えていたゼーアルプ湖の姿も山陰に隠れてしまって、足元に高山植物が咲き乱れる歩きやすい道が緩やかな登りになっていきます。

センティス山を遠くに眺めながら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

アルテンアルプへの分岐点を越えてシェフラー方面に向かい、牛が草を食む斜面の牧草地をひたすら上ること40分ほど。後ろを振り返ればロープウェイの頂上駅やホテル・レストランの建物が小さく見えるほどになっています。

シェフラーの山小屋から遥か下に見えるゼーアルプ湖へ

シェフラーの山小屋から遥か下に見えるゼーアルプ湖へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

最後の急な登りを頑張れば、やがて歩き始めてから1時間ほどで到着するのが山岳ホテル・レストランのベルグガストハウス・シェフラー(Berggasthaus Schafler)。テラス席も設けられていて、一休みするのにちょうど良いところです。

<ベルグガストハウス・シェフラーの基本情報>
住所:9057 Schwende
電話番号:+41-71-799-11-44

シェフラーの山小屋から遥か下に見えるゼーアルプ湖へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

背後にセンティス山とそれに連なる雪を岩肌に残す急斜面の山々が続きます。遥か下に小さなゼーアルプ湖の眺めがあるはずですが、手前の山に隠されていてあと少し右へよれば見えそうな位置関係です。

ここからはゼーアルプ湖まで下りのみですので、ちょっとばかり気が緩んでしまうかもしれませんが山は侮れませんよ。

シェフラーの山小屋から遥か下に見えるゼーアルプ湖へ

写真:Hiroko Oji

地図を見る

山を回りこんで下りのコースに入った途端、鉄製ロープの登場です。ロープの反対側は急斜面で足を滑らしたら一気に滑落してしまいそうな個所もありますので慎重に足を進めましょう。でもロープさえしっかり掴んでいれば怖くはありません。ロープに加え鉄製階段もあるところがありますが落ち着いて下って行きましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ゼーアルプ湖を見下ろしながら

ゼーアルプ湖を見下ろしながら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ロープの一帯を30分ほど下ると緩やかな山道となり牛の放牧地帯に突入、やがて50分ほどでアルテンアルプ(Altenalp)の山小屋が見えてきます。山小屋周辺には長閑な風景が広がり、今下ってきた急な斜面を見上げると頑張った自分を褒めたくなるほど。

山小屋を過ぎまた少し急な山道に入ると再びロープが登場。でもここからは目的地のゼーアルプ湖が見えていて、あと一息と励ましてくれます。

ゼーアルプ湖を見下ろしながら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

少し見通しの利かない木々の間を進んだ後に見えてくるのがこの風景。広々とした牧草地と湖の姿に加えカウベルのカラーン、カラーンという音に元気が復活!足が自然と前に進みます。

ゼーアルプ湖を見下ろしながら

写真:Hiroko Oji

地図を見る

湖畔にたどり着き、湖に流れ込む川を渡って湖畔のカフェの山小屋方向へ。この後は湖畔をぐるりと取り囲む遊歩道に沿ってお散歩気分で一周してみましょう。

湖畔一周ハイキング

湖畔一周ハイキング

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ゼーアルプ湖は澄んだ綺麗な水の中を小さな魚たちがすいすい泳ぐ物静かな湖。夏には訪れた人や犬たちが水の中で遊ぶ姿が見られます。

湖畔一周ハイキング

写真:Hiroko Oji

地図を見る

湖畔に到着した地点とほぼ反対側から見ると、奥にセンティスやアルトマンなど2000メートル級の山並みを控え、湖面に山並みが写る素晴らしい風景が!思わず言葉を失ってしまいます。

湖畔一周ハイキング

写真:Hiroko Oji

地図を見る

この風景を楽しみながら休憩できるホテル・レストランが2軒、湖畔に佇んでいます。テラス席も設けられていますので、心地よい風を受けながら一休みしましょう。

休憩したあとはヴァッサーラウエンまで下りの道を辿るのみ。と言っても下り始めは太ももの裏がつりそうなほど急な坂道。ここで気を抜いて転ばないように注意してくださいね。途中の分岐点からはエベンアルプへ向かうこともできます。エベンアルプからロープウェイで下るのもいいかもしれません。

<ベルグガストハウス・ゼーアルプゼーの基本情報>
住所:Seealpsee10,9057 Wasserauen
電話番号:+41-71-799-11-40
営業時間:8:00〜22:00

<ベルグガストハウス・ フォレール>
住所:Seealpsee 8,9057 Wasserauen
電話番号:+41-71-799-11-88
営業時間:8:00〜22:00

お得に滞在して絶景を堪能しよう!

アッペンツェル地方ではここでご紹介した他にも、センティス山頂上へのロープウェイやクロンベルグ・ロープウェイなどもあり、それぞれハイキングコースが用意されています。ハイキングだけでなく、町並みや牧歌的風景・美味しいお料理などを楽しむだけでも満足できる地域ですので、ぜひ宿泊して心癒されるひと時をお過ごしください。

アッペンツェルの町では三泊以上宿泊すれば、宿泊施設でアッペンツェルカードを発行してくれます。このカードで、この地方の列車やロープウェイに加え博物館もすべて無料で利用できるという嬉しいシステムがありますので、是非ご利用くださいね。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -