幻想的なキラめきトンネル!山口・錦川鉄道の遊覧車「とことこトレイン」

| 山口県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

幻想的なキラめきトンネル!山口・錦川鉄道の遊覧車「とことこトレイン」

幻想的なキラめきトンネル!山口・錦川鉄道の遊覧車「とことこトレイン」

更新日:2019/08/02 17:20

政田 マリのプロフィール写真 政田 マリ 仏像ナビゲーター

山口県岩国市から延びる錦川鉄道では、終着駅の「錦町駅」から観光用のトロッコ遊覧車を運行しています。6kmの道中は、清流のせせらぎや四季折々の花々、仕掛けがいっぱいのトンネルに感嘆しっぱなし!中でも「きらら夢トンネル」は600mに及ぶ蛍光石のイルミネーションが幻想的です。ひんやりとしたトンネル内は心地いい納涼ゾーン。三世代でたっぷり楽しめる遊覧車「とことこトレイン」の見どころをご紹介します!

てんとう虫デザインのかわいいトラムに乗車

てんとう虫デザインのかわいいトラムに乗車

写真:政田 マリ

地図を見る

錦川鉄道錦川清流線は、岩国市を錦川に沿って走る全長32.7kmの鉄道路線です。自然を堪能できる車窓からの景色が人気で、地元の方のみならず、観光客も多く乗車します。

その終着駅の「錦町駅」には観光客にオススメのもう一つの列車の始発駅でもあります。それが「とことこトレイン」。鉄道が走る予定だった跡地を利用して雙津峡(そうづきょう)温泉までの絶景区間を約6km走るトロッコ遊覧車です。冬季を除く土・日・祝と春休み、夏休み期間のみ運行している観光遊覧車で、片道40分ほどの小旅行を楽しむことができます。

てんとう虫デザインのかわいいトラムに乗車

写真:政田 マリ

地図を見る

錦町駅を出て右手の坂を上がると、幸せを運ぶてんとう虫に見立てたデザイン車両が見えてきます。電動の動力車と客車2両がセットになった編成車両が2つ、それぞれ「ガタくん」「ゴトくん(写真)」と名付けられています。

実は2005年の「愛知万博」で活躍した電気自動車「グローバル・トラム」で、2編成を2009年に更新車両として導入しました。こちらは2代目で、初代は2001年開催された「山口きらら博」で使用した遊覧車両だったんですが、ガタゴトと進んでいたので「ガタくん」「ゴトくん」という愛称が付いていました。2代目に変わった今もその愛称を引き継いでいます。

てんとう虫デザインのかわいいトラムに乗車

写真:政田 マリ

地図を見る

さぁ「錦町駅」を出発!もとは鉄道が走る予定だった未成線。車道でもない鉄道でもない、トロッコ遊覧車のために整備された道路を進みます。

360度キラメキ!「きらら夢トンネル」

360度キラメキ!「きらら夢トンネル」

写真:政田 マリ

スタートしてすぐ、全長1,796mの広瀬トンネルに突入します。キュッキュッという車両の軋む音が響く真っ暗な中、突如と現れる光景にびっくり!

360度キラメキ!「きらら夢トンネル」

写真:政田 マリ

びっしりと光る蛍光石で装飾されたキラキラきらめくトンネル!

このトンネルは「きらら夢トンネル」と呼ばれていて、トンネル内の600mほど、幻想的な空間が続いています。そのうち、床から天井まで360度装飾された箇所が2つあり、圧巻のスケール!光のトンネルで異空間へとワープできそうです!地元の小学生や幼稚園児、県内の大学生が絵画を担当、岩国の錦帯橋や鵜飼いなどの地元の観光スポットから、花火、鳥、縄跳び遊び、恐竜など、6色(赤、青、黄、緑、白、桃)の光る石を使って自由に壁面をデザインしています。

停車してトンネル内散策も!

停車してトンネル内散策も!

写真:政田 マリ

この感動の景色を映像や画像に残したい!とカメラを構えるのですが、トンネル内は暗いですし、手ぶれもあって動く車内からではなかなか上手く撮影できません。

でも、大丈夫!ちょうどトンネル真ん中あたりで遊覧車が停まって、少しの間ですが、車両から降りて自由に撮影させてくれます。

停車してトンネル内散策も!

写真:政田 マリ

大きいもので1cm角ほど、大小様々な光る石が壁面を埋め尽くしています。電飾のイルミネーションではないのですから、環境にも優しいですよね。

トンネル内もヒンヤリしていて、真夏でも天然のクーラー!心地よくこの輝きを堪能できます。

季節の花々、風景も見どころいっぱい!

季節の花々、風景も見どころいっぱい!

写真:政田 マリ

トンネルを出てからも見どころがいっぱい!中でもやはり沿線の花々は心を癒してくれます。

春には桜、菜の花、初夏には紫陽花、夏のムクゲ、キョウチクトウ、晩夏の彼岸花などが次々と彩りを添えます。

季節の花々、風景も見どころいっぱい!

写真:政田 マリ

この辺りはワサビの産地として知られていますが、山の斜面で栽培されている珍しいワサビ畑も見ることができます。

季節の花々、風景も見どころいっぱい!

写真:政田 マリ

そして宇佐川の清流がいつでもそばにあります。群れをなすトンボや、魚を狙う水鳥、釣り人。川とともにある風景が目を楽しませてくれ、ほっこり優しい気持ちになれます。

その他にも夜行性のコウモリが羽ばたくトンネルや、絶景の桜トンネルなど、見どころいっぱいで、あっという間に40分の遊覧車の旅は終了です。

新しいけど懐かしい!みんなに愛される「とことこトレイン」

新しいけど懐かしい!みんなに愛される「とことこトレイン」

写真:政田 マリ

最新式の電気トラムに乗りますが、ちょっぴりレトロな演出をしてくれているのも嬉しいところ。切符は改札鋏でパンチを入れてもらえたり(運が良ければ自分でパンチさせてもらえることも!)、遊覧アナウンスのBGMにも歌謡曲(錦川清流線オリジナルソング)が流れたりと、旅の気分を盛り上げてくれますよ。

新しいけど懐かしい!みんなに愛される「とことこトレイン」

写真:政田 マリ

地図を見る

「とことこトレイン」は基本的に1日3往復です。終着の「雙津峡温泉駅」に着くと10分後には折り返し便となるので、乗ったままで錦町駅まで戻ることもできますし、「錦パレス」をはじめとした雙津峡温泉の宿泊や日帰り温泉をゆっくり楽しんで、帰りの別便に乗って戻ることもできます。

ただし、「雙津峡温泉駅」にはチケット売り場がありません。係員から購入することもできますが、満員で乗れない可能性があるため復路のチケットはあらかじめ錦町駅で購入しておきましょう。

新しいけど懐かしい!みんなに愛される「とことこトレイン」

写真:政田 マリ

地図を見る

いかがでしたか?

エコで、キラキラで、大自然に癒される40分間の遊覧車の旅は、様々な仕掛けがあり、小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで三世代で楽しめる旅になりますよ!

「とことこトレイン」の運行日は、3月末〜11月末までの土曜・日曜・祝日
と、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み期間の毎日になります。

ぜひ、ご家族でお楽しみください!

錦川鉄道・とことこトレインの基本情報

住所:山口県岩国市錦町広瀬7873番地9
電話番号:0827-72-2002
営業時間:3月末〜11月末の土曜・日曜・祝日、春休み・ゴールデンウィーク・夏休み期間の毎日 1日3往復(2019年5月3日〜5月5日、8月13日〜15日の季節運行増便あり)
※予約は錦川清流線利用者のみ可能です

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -