SNS映え抜群!播州赤穂でおいしい冷製スイーツめぐり旅

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

SNS映え抜群!播州赤穂でおいしい冷製スイーツめぐり旅

SNS映え抜群!播州赤穂でおいしい冷製スイーツめぐり旅

更新日:2019/09/06 14:19

磯本 歌見のプロフィール写真 磯本 歌見 フリーライター
塩や牡蠣で有名な町、播州赤穂ですが、実は冷製スイーツの町でもあります。2019(令和元)年5月1日に、ジェラートの店が2店舗同時オープン。また7月には、赤穂御崎のきらきら坂に、フレッシュフルーツをふんだんに使ったかき氷を提供するカフェがオープン。もともとあった人気店も加えて、赤穂市内でスイーツのはしごや店めぐりも可能に。どんなメニューがあるのか紹介いたします。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「海と坂と」でフレッシュフルーツのかき氷を

「海と坂と」でフレッシュフルーツのかき氷を

写真:磯本 歌見

地図を見る

「海と坂と」は、2019年7月に開店したカフェ。まさにキラキラの海と空とが一望できるきらきら坂の途中にあります。
抜群の眺望が自慢ですが、店内もゆっくりと落ち着ける雰囲気。選び抜かれたレトロな家具がどこか懐かしく、ついつい長居をしてしまいます。
「赤穂御崎の雰囲気も満喫してほしいですね。過ごしやすい季節には椅子やゴザを貸し出しドリンクをテイクアウトして海や空を眺めながらピクニック気分を楽しんでもらおうと考えています」とオーナーの金谷さん。

「海と坂と」でフレッシュフルーツのかき氷を

写真:磯本 歌見

地図を見る

こちら「生もも氷」(1,026円)です。岡山県産清水白桃でシロップを作り、甘くてジューシーなフレッシュの桃をぜいたくにトッピング。さらさらふわふわのかき氷は、食べていると中からバニラアイスが出てきて、味の変化を楽しめるのがポイント。こちら7〜8月の清水白桃が出回る時期のみの限定販売です。

「海と坂と」でフレッシュフルーツのかき氷を

写真:磯本 歌見

地図を見る

「ぶどうのかき氷」(1,026円)です。シロップは、農家から直接買い付けたピオーネで作りシャインマスカットをトッピングしています。こちらもアイスクリーム入り。一粒で何度でもおいしいぜいたくかき氷です。ブドウが出始めて終わる頃、だいたい8月下旬から9月いっぱいまで楽しめます。

<基本情報>
住所:赤穂市御崎2‐1
電話番号:0791-56-5210
営業時間:11:30〜18:00(17:30LO)
定休日:水・木曜

「Scio’scio’」で濃厚イタリアンジェラートを

「Scio’scio’」で濃厚イタリアンジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

きらきら坂を下ったところにあるイタリアンジェラートの店「Scio’scio’(ショーショー)」。イタリアンの名店、さくらぐみのファンショップとして、2019年2月にグランドオープンしました。西川シェフ手作りのアイテムが常時16種類そろいます。

「Scio’scio’」で濃厚イタリアンジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

とにかくどれも濃厚なのがウリ。おすすめは、ピスタチオやヘーゼルナッツなどイタリアの食材を使ったアイテム。ジェラートはすべて砂糖不使用で、糖度は砂糖と同じなのに糖質とカロリーはゼロと画期的です。ソルベはシャーベットより滑らかで素材の旨みがダイレクトに伝わるものばかり。ジェラートとソルベはほぼ半々。素材を出し惜しみしないのは「さくらぐみ」の料理と同じです。

「Scio’scio’」で濃厚イタリアンジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

人気は、左から、イタリアンジェラートの代表格、ピスタチオ、ブラッドオレンジソルベ、ブルーベリージェラート、白桃ソルベです。

その他にも、相生の柚子を使った「御崎の朝焼け」、イタリアの魚醤入りの「女神の涙」、「北海道メローネ(メロン)」など、多彩です。

「そのときあるおいしい素材で随時作っていく予定」と西川シェフ。いつ行っても違う味を楽しめるのはうれしいですね。シングル400円、ダブル500円、トリプル600円(ピスタチオは+100円)

<基本情報>
住所:赤穂市御崎2‐1
電話番号:0791-45-3030
営業時間:12:00〜17:00
定休日:火曜、他さくらぐみの休みに準ずる

「TETE」でしぼりたての生乳使用のジェラートを

「TETE」でしぼりたての生乳使用のジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

赤穂市唯一の牧場、丸尾牧場直営の「Gelato Shop TETE(テテ)」。「子どもたちの笑顔のために」のコンセプトで、牛乳嫌いの子どもでも食べられるジェラートを作りたいと、2019年5月1日にオープンしました。店名「TETE」の由来は、みんなで“手と手”を繋いで気軽に来てほしいとの思いから。ロゴのミルククラウンは手をイメージしています。

「TETE」でしぼりたての生乳使用のジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

フレーバーは常時16種類。丸尾牧場のしぼりたての生乳を12時間熟成させて作っています。定番商品はホルスタイン牛の生乳を使った「ミルク」と、ジャージー牛の生乳を使った「リッチミルク」。リッチミルクは、乳脂肪率が高くコクがあり風味豊か。県内でも珍しいしぼりたてのジャージーミルクを使った濃厚ジェラートです。ほかのフレーバーは日替わり。

「TETE」でしぼりたての生乳使用のジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

写真は、リッチミルクとピスタチオのダブル。リッチミルクは定番商品ですが、ピスタチオは雨の日限定フレーバーです。

カップかコーンか選べて、シングル350円、ダブル450円のほか、キッズカップ150円も用意。

店内にはイートインスペースもあります。またデッキには、4児の母でもある店主の丸尾美香さんがこだわったキッズスペースがあり、子どもも飽きずに遊べそうです。

<基本情報>
住所:赤穂市中広字東沖1992
電話番号:0791-56-6860
営業時間:11:00〜16:00
定休日:日曜日

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「坂利太」で世界初のアラゴスタソフトクリームを

「坂利太」で世界初のアラゴスタソフトクリームを

写真:磯本 歌見

地図を見る

さくらぐみプロデュースのアラゴスタ専門店。「アラゴスタ」とは、イタリア語で「伊勢海老」を示し、ナポリでは超ポピュラーなスイーツ。ナポリの小麦粉、イタリアの塩を使って焼き上げたアラゴスタは、形状もまさに伊勢海老の尻尾。生地はありそうでなかったパリパリの新食感。パイのようですがパイとはまた一味違います。

このアラゴスタに丸尾牧場の生乳クリームをつめたソフトクリームが「アラゴスタソフト」(518円)。尻尾部分はカスタードクリーム入りでダブルクリームが濃厚です。

「坂利太」で世界初のアラゴスタソフトクリームを

写真:磯本 歌見

地図を見る

こちらは、土日限定で販売する「プリン・ア・ラ・モード」(518円)。こちらも丸尾牧場の生乳使用のプリンの上に、リンゴのコンポートと、ソフトクリームがのっています。

出し惜しみしないボリューム感が抜群で、これも人気の理由です。

「坂利太」で世界初のアラゴスタソフトクリームを

写真:磯本 歌見

地図を見る

こちらブーケパフェ(560円)です。コーンの部分にアラゴスタ生地よりさらにパイ食感の強い「ブーケ生地」を使っています。

5種類あって、こちらは一番人気の、チョコソース+ラズベリーソース+アーモンドスライスです。他にも、抹茶ソースベース、キャラメルソースベースがあり、他にはない組み合わせです。

<基本情報>
住所:赤穂市坂越2083
電話番号:0791-48-8658
営業時間:11:00〜17:00
定休日:火曜、第1水曜、第3月曜

「banbi」でせとうちジェラートを

「banbi」でせとうちジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

創業40年の洋菓子店「Patisserie Noe」に併設して、ジェラート専門店「banbi(バンビ)」が2019年5月1日にオープン。「播州」の「バン」と「備前」の「ビ」で「バンビ」。赤穂を含む瀬戸内ならではの食材にこだわったジェラートです。

ジェラートを作るのは「ノア」のパティシエの石野剛史さん。「温暖な瀬戸内の気候で育った果実のおいしさをケーキ屋の技術をいかしながら表現したい」と話します。

「banbi」でせとうちジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

フレーバーは全10種類。定番はヴァニラミルク、ピスタチオなど4種類。これらはケーキ作りにも欠かせない大山白バラ低温殺菌の生乳を使ったジェラート。その他、地元農園のブルーベリーを使った「ブルーベリーヨーグルト」、岡山産「シャインマスカット」や「白桃」、広島・愛媛産レモン使用の「せとうちレモン」など、瀬戸内産フルーツのおいしさがダイレクトに伝わります。

「banbi」でせとうちジェラートを

写真:磯本 歌見

地図を見る

こちらは、ベリーの香り高いミルクチョコの味「ルビーチョコ」と柑橘類の宝庫、しまなみ海道近辺のレモンを使った「せとうちレモン」のダブルです。シングル400円、ダブル500円(コーンかカップ)、テイクアウト用カップ400円。

「幅広い年齢層に来店してほしい」という思いがズバリ当たり、今まで少なかった中高校生の利用が一気に増えました。また「banbi」と「Noe」は店内でつながっているのでケーキのお客さんがジェラートを求め、またその逆も。どちらも楽しめるのが最大の強みですね。

<基本情報>
住所:赤穂市惣門町55-13
電話番号:0791-43-2031
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜、第3月曜

冷製スイーツのはしごをぜひ!

いかがだったでしょうか。それぞれのお店に特色があり、どこも捨てがたいという感じでしょう。1日でシェアしながら回るのもよし、それが無理なら何度も訪れるのもよし!播州赤穂でスイーツのはしごをしてはいかがでしょう。

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/01−2019/08/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -