広島の新スポット!「広島城遊覧船」で探る広島城の今と昔

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

広島の新スポット!「広島城遊覧船」で探る広島城の今と昔

広島の新スポット!「広島城遊覧船」で探る広島城の今と昔

更新日:2019/08/14 18:01

政田 マリのプロフィール写真 政田 マリ 仏像ナビゲーター

初代藩主、毛利輝元の築城から420年。原爆の被害にも負けず広島のシンボルであり続ける広島城に、近年新名物が登場しているのをご存知ですか?青い屋根に鯉マークをあしらった屋形船で、ゆったり堀を巡る「広島城遊覧船」です。雄大な城と高層ビル群が織りなす異空間の風景に、艶やかな衣装の「恋水姫」によるガイドが軽妙で、城マニアや歴史好きだけでなく、子供達にも大人気!一味違う水辺からの広島城、体験してみませんか?

オフィス街の喧騒を忘れるゆったり観光遊覧船

オフィス街の喧騒を忘れるゆったり観光遊覧船

写真:政田 マリ

地図を見る

広島城は広島市の中心部、中区基町にあります。今から420年前に築城された広島城は、城主が毛利輝元から福島正則、浅野長晟と変わった後、250年ほど浅野氏が歴代城主をつとめました。明治維新になってからは陸軍の施設ができたり、軍の指揮機関が設置されるなど戦争と深く関わる場所になり、昭和20年の原爆投下で広島の街とともに天守も軍施設も破壊されてしまいました。

広島人にとっての誇りだった広島城の大天守復元は戦争からの復興のシンボルとなり、1958年には初代に忠実に天守が復元され、現在の形になりました。

広島バスセンターや合同庁舎をはじめ、高層ビルやホテルに囲まれた賑やかなエリアに、そこだけ時代をワープしたかのように内堀と石垣、大きな木々に守られた天守が現存する姿は、まさに都会の中のオアシスです。

オフィス街の喧騒を忘れるゆったり観光遊覧船

写真:政田 マリ

地図を見る

そんな広島城に2017年に登場した新スポットが今巷で話題になっています。お城の南から内堀をゆっくりとした速度でぐるりと巡り、陸路からでは決して見ることができない景色を楽しむ観光遊覧船「広島城遊覧船」です。

オフィス街の喧騒を忘れるゆったり観光遊覧船

写真:政田 マリ

地図を見る

鯉のマークの入ったブルーの屋根がひときわ目立ちます。

広島城は別名「鯉城(りじょう)」と呼ばれていて、堀にはたくさんの錦鯉が生息しています。プロ野球セリーグの「広島東洋カープ」の「カープ」は鯉のことで、この鯉城に因んで名付けられました。

おもてなし隊「恋水姫」の軽妙なガイドが人気!

おもてなし隊「恋水姫」の軽妙なガイドが人気!

写真:政田 マリ

地図を見る

遊覧船は10分間隔で運行していて、桃色の法被を着た船頭さんと、真紅の艶やかな衣装のガイドさんがご案内くださいます。

こちらのガイドさんは広島城周辺を盛り上げようと活動している「広島城おもてなし隊・恋水姫(こいみずき)」のみなさんで、現在十数人が案内役を担当しています。

おもてなし隊「恋水姫」の軽妙なガイドが人気!

写真:政田 マリ

地図を見る

南の表御門前からいざ出航!

ガイドさんによってお話する内容が変わるのですが、皆さん知識が豊富で、見える景色から水面下のこと、歴史のことまで広島城を知り尽くしたスペシャリストばかり!トークも軽快で面白く、乗船したお客さんに合わせた幅広いお話をしてくれます。

そして、写真映えする撮影スポットもしっかり教えてくれますよ。

おもてなし隊「恋水姫」の軽妙なガイドが人気!

写真:政田 マリ

地図を見る

乗船した時の楽しみの一つが堀から見上げるお城の姿です。

午前中は背後から光を浴びているので、空とお城のコントラストが美しく、実際より大きくそびえ立つように見えます。

広島城周辺に生息する生き物についても学べる!

広島城周辺に生息する生き物についても学べる!

写真:政田 マリ

地図を見る

ガイドさんは水面下に生息する生き物についても教えてくれます。

淡水と海水が混ざっているので、海と川の魚が棲んでいることを知ってびっくり!錦鯉とスズキが共生しているお堀なんですね。

広島城周辺に生息する生き物についても学べる!

写真:政田 マリ

地図を見る

石垣で日向ぼっこをする鵜も発見!そばの大きな木にはミサゴが巣を作り、悠々と飛び立つ姿も見ることができます。季節によって様々な渡り鳥に会えるのも広島城の知られざる顔の一つです。

広島城周辺に生息する生き物についても学べる!

写真:政田 マリ

地図を見る

植物も見応えたっぷり!

表御門の前には巨大なユーカリの木があります。そばに生えるマルバヤナギとともに原爆にも負けず今でも青々と葉を繁らせる被曝樹木です。

子供達に大人気!石垣にアンパンマン!?

子供達に大人気!石垣にアンパンマン!?

写真:政田 マリ

地図を見る

堀とともに420年の歴史を語るのが石垣です。
積み上げた石垣の中に何やら不思議なマークが!?

中央下あたりに「+」と「◯」を重ねた印が見えるでしょうか。島津家の家紋によく似ています。

こちらは築城時に何らかの意味を持って刻印した石を積ませたのではないかと言われています。

子供達に大人気!石垣にアンパンマン!?

写真:政田 マリ

地図を見る

ガイドさんが子供達に「アンパンマンのマークがどこかに見えるよ!探して〜!」と言うと子供達が「あれ!」「あそこも!」と元気に答えていました。

こちらももちろん築城時の刻印で、アンパンマンのマークではないのですが、確かにそう見えてきますね!

子供達に大人気!石垣にアンパンマン!?

写真:政田 マリ

地図を見る

たくさん石が積み重なっているのでガイドさんが指差す方向を見るだけでは分かりにくいのですが、ちゃんと絵に描いて形を見せてくれるので、確認しながら探すことができます。この石垣ウォッチングは、遊覧船ならではの楽しみ方ですね。

奇跡が起きれば現れる!鏡に映るもう一つの「広島城」

奇跡が起きれば現れる!鏡に映るもう一つの「広島城」

写真:政田 マリ

地図を見る

この遊覧船の見どころを最後にもう一つご紹介します。

それは、鏡に映る2つの広島城!

一つは北隣、基町高校の近代的な校舎に映る姿です。1999年に完成した南棟が総ガラス張りになっていて鏡になり、映し出されるお城の姿を望むことができます。

奇跡が起きれば現れる!鏡に映るもう一つの「広島城」

写真:政田 マリ

地図を見る

そしてもう一つは、風がピタッと止んだ凪の時にしか見られない、堀の水面に映る広島城です。

少しでも水面が揺らぐと一瞬で消えてしまうので、見られた人はラッキー!35分間の運行中に巡り会えたらいいですね。

奇跡が起きれば現れる!鏡に映るもう一つの「広島城」

提供元:広島城遊覧船事務局

http://hiroshima-yuransen.jp/index.html地図を見る

いかがでしたか?

お城周辺の様々な見どころを、ゆったりと巡るひととき。春には桜のお花見、夏は水面で納涼、秋には紅葉と、四季折々の姿とともに楽しむことができます。

新たな視点から広島城の魅力に迫ることができると話題の「広島城遊覧船」。ぜひ皆さんも体験してみてください!

広島城遊覧船の基本情報

住所:広島県広島市中区基町21-1
電話番号:080-4551-7171
営業時間:10:00〜16:00

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -