カジノやグルメ三昧!アンコール・ボストンハーバーの見どころ紹介

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カジノやグルメ三昧!アンコール・ボストンハーバーの見どころ紹介

カジノやグルメ三昧!アンコール・ボストンハーバーの見どころ紹介

更新日:2019/08/27 10:34

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 絶景フォトグラファー、オシャレスポット探訪家
ボストン中心街やローガン国際空港まで車で約15分という便利な、マサチューセッツ州「アンコール・ボストンハーバー」は、全米初の都市型IR(統合型リゾート)。ホテルとしての機能だけでなく、カジノやイベントスペース、スパ、複数のレストランやカフェ、ショップなど、エンタメ要素が盛り沢山。今回はそんな施設内の見どころやオススメグルメ情報をご紹介いたします。ラグジュアリーなインテリアやアートにもご注目!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

カジノもあるゴージャスな「アンコール・ボストンハーバー」

カジノもあるゴージャスな「アンコール・ボストンハーバー」

写真:高野 祥

地図を見る

「アンコール・ボストンハーバー」はIR(統合型リゾート)なので、ラグジュアリーなホテル以外の要素が沢山詰め込まれた施設です。一番注目すべきポイントは、何と言ってもカジノ。

約1万9500平米という広々スペース内に、3100台超の最新式スロットマシンや231台のテーブルゲームが用意されています。カジノ初心者でも気軽に入りやすい雰囲気なので、旅の思い出にプレイしてみてはいかがでしょうか。

カジノもあるゴージャスな「アンコール・ボストンハーバー」

写真:高野 祥

地図を見る

施設内には、大規模なイベント会場と屋外スペースがあるので、会議や展示会を行う場としても高いポテンシャルを持っています。

カジノもあるゴージャスな「アンコール・ボストンハーバー」

写真:高野 祥

地図を見る

館内や庭などの至るところに、希少価値の高い美術品やオブジェが散りばめられているので、館内を散策してみるのも楽しいかもしれません。高級感のあるインテリアの中に、ポップな現代アートの"はずし要素"がアクセントになっています。

おこもりステイが堪能できる要素が盛り沢山

おこもりステイが堪能できる要素が盛り沢山

写真:高野 祥

地図を見る

「アンコール・ボストンハーバー」はボストンの中心街へもアクセスしやすいので、ボストン市内観光へ出かけるのもオススメですが、ラグジュアリーホテルに泊まるなら、館内でのんびり過ごすというのも贅沢な選択肢のひとつ。

おこもりステイが堪能できる要素が盛り沢山

写真:高野 祥

地図を見る

特に女性に人気なのがスパ。男女それぞれシャワー・スチームルーム・ドライサウナ・冷温水のプランジプールが備えられており、広々とした空間でゆったりリラックスできます。フェイシャル・ボディトリートメント・ハイドロセラピーなどは個室で施術されますが、マッサージは客室で受ける事も可能です。

おこもりステイが堪能できる要素が盛り沢山

写真:高野 祥

地図を見る

客室は60平米からの広さなので、ベーシックな部屋"プレミア・キング"でも非常に余裕ある空間。バスルームも広く、全室独立タイプのバスタブ付きなので、湯船に浸かればロングフライトの疲れも癒されます。

絶品ステーキ専門店でディナー!

絶品ステーキ専門店でディナー!

写真:高野 祥

地図を見る

「アンコール・ボストンハーバー」にはレストランやカフェ、バーなどが15軒もあるというのが驚きポイント!ファインダイニングやオイスターバー、スポーツバー、24時間利用できる本格カフェなど、食べたいものや雰囲気によって選べます。

イチオシは「レア・ステーキハウス(RARE STEAKHOUSE)」。高級感のある店内で、認定神戸牛やドライエイジングが施された旨味たっぷりステーキを味わえますよ!写真の品は「フィレミニョン 8オンス」。

絶品ステーキ専門店でディナー!

写真:高野 祥

地図を見る

ボストンは港町なので、新鮮なシーフードも是非食したいところ。地元マサチューセッツ州で採れたオイスターやロブスター、エビなども絶品!

絶品ステーキ専門店でディナー!

写真:高野 祥

地図を見る

写真はデザートの「キーライムケーキ」。まるで本物のライムと見間違うような作り!中にはライムの風味と酸味がしっかりなムースが仕込まれています。その他、葉巻の形をしたユニークなチョコデザートなどもあるので、甘い物好きな方は要チェック!

<レア・ステーキハウスの基本情報>
電話番号:+1-857-770-3300
営業時間:17:30〜22:00(金・土は22:30まで)
ドレスコード:男女共にリゾートエレガント。
男性は長ズボン・襟付きシャツ・つま先が覆われた靴で利用しましょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

フランク・シナトラの帽子がスイーツに!?

フランク・シナトラの帽子がスイーツに!?

写真:高野 祥

地図を見る

言わずと知れた往年の大スター"フランク・シナトラ"ファミリーお墨付きの、世界でたった2つしかないレストランの1つが、こちらの「シナトラ(SINATRA)」。品のあるイタリアンディナーを堪能できます。

フランク・シナトラの帽子がスイーツに!?

写真:高野 祥

地図を見る

写真の品はメインの「サーモン」。ファンディ湾で獲れたサーモンをグリルし、ロブスターバターをのせた一品。肉厚のサーモンはジューシーでホロホロ解ける食感。フィレステーキなども繊細な調理で仕上げられています。

フランク・シナトラの帽子がスイーツに!?

写真:高野 祥

地図を見る

フランク・シナトラのトレードマークでもある帽子をモチーフにした「カペッロ」は、このお店でオーダーしたくなる一品。帽子型チョコの中にはチョコムースが仕込まれており、添えられているウィスキーアイスと共に食べると大人な味に早変わり。

<シナトラの基本情報>
電話番号:+1-857-770-3310
営業時間:17:30〜22:00(金・土は22:30まで)
ドレスコード:男女共にリゾートエレガント。
男性は長ズボン・襟付きシャツ・つま先が覆われた靴で利用しましょう。

カジノ内のレストランも要チェック!

カジノ内のレストランも要チェック!

写真:高野 祥

地図を見る

カジノエリア内にも素敵なレストランがあります。こちらはブッフェが楽しめる「ザ・ブッフェ(THE BUFFET)」。カラフルなインテリアが印象的。

カジノ内のレストランも要チェック!

写真:高野 祥

地図を見る

並んでいる料理は、寿司などの和食やアジアン、グリル料理、イタリアンなどバリエーションが非常に豊富。デザートも充実しており、写真のようなミニサイズのケーキ類だけでなく、本格的なクッキーや12種から選べるジェラートなど、甘い物好きな方も満足できるブッフェとなっております。金・土の夜は特別な"グルメディナー"になり、より充実した料理が提供されるのでお見逃しなく!

<ザ・ブッフェの基本情報>
ランチ営業時間:12:00〜15:30(土・日はブランチ 11:00〜15:30)
ディナー営業時間:16:00〜22:00(金・土は〜23:00まで)
※21歳以上の方は利用可能

カジノ内のレストランも要チェック!

写真:高野 祥

地図を見る

同じくカジノエリア内にある「フラテリ(FRATELLI)」は、南イタリア料理を頂けるお店。豊富なパスタやステーキ、シーフードメニューを堪能できます。カジノへ入館する場合は身分証明証を持参しておきましょう。

<フラテリの基本情報>
電話番号:+1-617-420-8833
営業時間:16:00〜2:00
ドレスコード:リゾートカジュアル
※21歳以上の方は利用可能

外出しなくても楽しめるアンコール・ボストンハーバー

ボストン中心部へも気軽にアクセスできる立地なので、観光拠点の宿としても便利な「アンコール・ボストンハーバー」ですが、例え外出しなくても、館内だけで充実した時間を過ごせますよ。初心者から上級者まで楽しめるカジノやバリエーション豊富なレストラン、リラックスできるスパなどで非日常ステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

取材協力:アンコール・ボストンハーバー

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/23−2019/07/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -