絶景と猫を求めて“周遊きっぷ”で!香川県「男木島・女木島」

絶景と猫を求めて“周遊きっぷ”で!香川県「男木島・女木島」

更新日:2019/10/10 15:33

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、樹氷を愛する登山家、B級グルメ探訪家
瀬戸内海に浮かぶ「男木島・女木島」は、瀬戸内国際芸術祭の会場の一つであり、その飾らない素朴な島の景観や、猫島・鬼ヶ島といった個性ある側面から人気を博しています。そこで近年、神戸〜高松を繋ぐジャンボフェリーと、高松〜男木島・女木島を繋ぐ雌雄島海運が共同で周遊きっぷを発売し、関西からのアクセスがお得かつ楽になりました。深夜便を使えば土日で満喫できる秘境の島へ、絶景や猫の癒しを求めて出掛けてみませんか?
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ジャンボフェリーで周遊きっぷを購入!充実の船旅からスタート

ジャンボフェリーで周遊きっぷを購入!充実の船旅からスタート

写真:土庄 雄平

今回紹介する「周遊きっぷ」を販売しているジャンボフェリーは、兵庫県と香川県を結ぶ最短ルートとして地域民の大切な足であるほか、小豆島行きの便もあり、観光の側面でも欠かせない航路になっています。

特徴としては以下の三点があるでしょう。まずはリーズナブルということ!車両含まずに乗客のみの料金で、神戸〜高松往復で3500円〜4500円(土日祝・深夜便で変動)と、懐に優しい点が人気の理由の一つです。

そして二点目は、今述べたように「深夜便」があるということ。瀬戸内海の航路では他に事例がなく、重宝されています。深夜1:00発のフェリーに乗れば、早朝5時15分には高松、7時半には小豆島へと着けるため、休日をフル活用して旅を楽しむことができるのです。

ジャンボフェリーで周遊きっぷを購入!充実の船旅からスタート

写真:土庄 雄平

最後の三点目は、瀬戸内海でも有数の絶景航路だということ。見られる景色は時間帯によりますが、例えば、瀬戸大橋の夕景やライトアップ、神戸の夜景、瀬戸内海の朝焼けと多島美など、船上からの眺めは実に美しい景色に富んでいます。

リーズナブルかつ便利で絶景な「ジャンボフェリー」!この航路に乗るだけで旅情が高まること間違いないでしょう。

ジャンボフェリーで周遊きっぷを購入!充実の船旅からスタート

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな魅力たっぷりのジャンボフェリーが、2017年から始めた試みが「男木島(おぎじま)・女木島(めぎじま)れんらく周遊きっぷ」!高松〜この二島を結ぶ"雌雄島海運"の創立60周年の記念企画として販売が開始され、その結果、神戸から男木島・女木島へ往復4000円〜5000円(土日祝・深夜便で変動)ほどでお得にアクセスできるようになりました。深夜便も組み合わせることで、土日をフル活用できるのも嬉しいところ。

神戸港の窓口で周遊きっぷを購入したら、あとは高松港で乗り換えるだけです。周遊きっぷなので、男木島・女木島のうち、どちらを先に訪れても良いのですが、比較的体力を要する「女木島」から訪れるのがオススメ!

現代版鬼ヶ島「女木島」へ!瀬戸内の島の情緒を堪能

現代版鬼ヶ島「女木島」へ!瀬戸内の島の情緒を堪能

写真:土庄 雄平

地図を見る

高松港で船を乗り換え、20分程の緩やかな船旅を楽しんだら、まず「女木島」に到着します。周囲9kmに満たない小さな島で、瀬戸内らしい穏やかな雰囲気が特徴的!民家を囲うオテーテ(石垣)の独特な景観に加えて、なぜかモアイ像!?が据え置かれ、瀬戸内国際芸術祭のアートの一つである「カモメの駐車場」が旅人を迎えてくれます。

都会にあるような人工的な音はなく、そこにあるのは波音と潮の香り、そして島の人々のゆっくりとした暮らし。一度訪れれば、きっと癒されること間違いありません!

<カモメの駐車場の基本情報>
作者:木村崇人
住所:香川県高松市女木町15-22
アクセス:女木島港内

現代版鬼ヶ島「女木島」へ!瀬戸内の島の情緒を堪能

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな「女木島」は通称"鬼ヶ島"。島の頂上付近にある巨大な洞窟の存在から、現代版の「鬼ヶ島」として知られています。大洞窟の至る所に鬼の像や鬼瓦が置かれており、この怪しげな洞窟へひとたび足を踏み入れれば、桃太郎の世界観を体験できるでしょう。

港から徒歩、電動自転車のレンタサイクル、バスなど自分の体力に応じてアプローチしてみてください。島の雰囲気を感じるなら徒歩か自転車がおすすめ!時間にもよりますが、行きや帰りだけバスを使うというのも一つの手ですね。

<鬼ヶ島大洞窟の基本情報>
作者:木村崇人
住所:香川県高松市女木町235
電話番号:087-840-9055
アクセス:女木島港からレンタサイクル20分、徒歩40分(バスも便数少ないが有り)

現代版鬼ヶ島「女木島」へ!瀬戸内の島の情緒を堪能

写真:土庄 雄平

地図を見る

さて、そんな大洞窟=桃太郎という連想から、人工島のイメージが漂う女木島ですが、実はそのイメージを覆すような美しい自然景観も広がっているのが面白いところ。実は、洞窟の上部には360度展望できる「鷲ヶ峰展望台」が設けられており、瀬戸内海と女木島のダイナミックな地形を感じられる絶景スポット!最高の開放感に浸りましょう!

なお、次の男木島も見所満載なので、12時20分発のフェリーに間に合うように戻ってくるのがおすすめです。

<鷲ヶ峰展望台の基本情報>
住所:香川県高松市女木町2633
アクセス:女木島港からレンタサイクル20分、徒歩40分(バスも便数少ないが有り)

猫の楽園「男木島」!散策しながら癒しの時間

猫の楽園「男木島」!散策しながら癒しの時間

写真:土庄 雄平

女木島から再び船旅20分で、男木島へ!この丁度良い束の間の時間が旅情を掻き立ててくれますね。さて、この男木島ですが、南北に伸びる女木島と異なり、コンパクトに纏まっているので、徒歩でも巡りやすいのが特徴です!

そして、その島巡りで欠かせないのが、島の至る場所で悠々自適に暮らす「猫」の存在でしょう。

猫の楽園「男木島」!散策しながら癒しの時間

写真:土庄 雄平

実は、元々数多くの野良猫が住み着いていたものの、あまり知られていなかった「男木島」でしたが、2010年放送の番組(岩合光昭の世界猫歩き)でクローズアップされたことで、たちまち「にゃんこファン」に知られるところとなりました。

今では島中を闊歩しながら、のんびり暮らす彼らの姿が男木島の顔になっており、過疎化が進んでいた島に賑わいをもたらしています。

猫の楽園「男木島」!散策しながら癒しの時間

写真:土庄 雄平

猫に確実に会いたいなら、フェリー乗り場から降りてすぐの村上商店の隣を通り、豊玉姫神社へ行くまでの道がおすすめです。なぜなら、お腹を空かせた彼らが、ご飯を待ちながらスタンバイしているから!(笑)道を通る旅に寄ってきて、おねだりする姿はとても可愛く、のんびりとした猫たちの様々な仕草に癒されること間違いなし!

しかし、可愛いからといって変な食べ物を与えないように注意してくださいね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

瀬戸芸アート「歩く方舟」が絶景!ポップな姿に込められた意味も

瀬戸芸アート「歩く方舟」が絶景!ポップな姿に込められた意味も

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな癒される男木島ですが、それは猫ちゃんたちだけではありません!実は、とても美しいこの島ならではの絶景も有しています。

なんと、フェリー乗り場から歩くこと約15分。島の南東部に足を運べば、そこには綺麗なビーチが現れ、その先には真っ青な瀬戸内海と雄大な小豆島が広がるのです!男木島は町のイメージが強いため、先程までの景観とのギャップに驚くことでしょう。

瀬戸芸アート「歩く方舟」が絶景!ポップな姿に込められた意味も

写真:土庄 雄平

地図を見る

また、そんな魅力的なこの場所ですが、実は瀬戸内国際芸術祭のアート作品「歩く方舟」展示されており、フォトジェニックだと話題になっています。

真っ青な海と空に映える白い外観とキャッチーなフォルム!その鮮やかなコントラストと不思議な雰囲気に、思わず見入ってしまうことでしょう。波の音も心地よく、ひたすらに島らしいゆったりとした時間が流れています。

瀬戸芸アート「歩く方舟」が絶景!ポップな姿に込められた意味も

写真:土庄 雄平

地図を見る

しかしながら、そんな綺麗なアートの裏側には、深い意味があります。そのヒントとなるのは、(1)旧約聖書のノアの方舟に着想を得ていることと、(2)福島県いわき市の方角を向いているということ。

実は、この作品が展示開始されたのは、あの未曾有の災害が日本を襲った後の2013年。つまり、この作品「歩く方舟」は、原子力発電や災害復興なども視野に入れて表現しているのです。ポップな見た目とは裏腹に、核心的な問いを社会に対して投げ掛ける前衛的な作品と言えるでしょう。アーティストがこの作品に込めた思いを紐解いて、自ら考えてみてはいかがでしょうか?

<歩く方舟の基本情報>
作者:山口啓介
住所:香川県高松市男木町
アクセス:男木島港から徒歩15分

離島から導かれる新たな高松のイメージ

やや都会のイメージが強い香川県高松市。しかし「離島」というアプローチを加えれば、そこには驚くほど美しい自然と、都会からかけ離れたのんびりとした時間があり、一味も二味も違った旅になります。ぜひ、高松方面へ旅行する際にはジャンボフェリーで「男木島・女木島れんらく周遊きっぷ」を購入して、離島を含めて旅程を組んでみてください!きっとそこには極上の癒しの時間や数多くの発見が待っているでしょう。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/11/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -