本当は教えたくない!パリ観光の穴場スポット「モンマルトル美術館」

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

本当は教えたくない!パリ観光の穴場スポット「モンマルトル美術館」

本当は教えたくない!パリ観光の穴場スポット「モンマルトル美術館」

更新日:2019/09/08 12:39

花村 桂子のプロフィール写真 花村 桂子 九州よかとこ探検家
「モンマルトルの丘」は、パリ屈指の人気観光地。画家がキャンパスを広げるテルトル広場には、おしゃれなカフェやブティックが立ち並び、白亜のサクレクール寺院からパリの絶景を見ようと、世界中から観光客が押し寄せます。そんな喧騒を逃れて、古き良きパリを感じられる穴場スポットが「モンマルトル美術館」。クラシカルな建物と美しい庭には、インスタ映えスポットも多数でおすすめです。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

パリ「モンマルトルの丘」は人気の観光地

パリ「モンマルトルの丘」は人気の観光地

写真:花村 桂子

地図を見る

パリ18区「モンマルトルの丘」は、パリ屈指の人気観光スポット。白亜のサクレクール寺院から見下ろす美しいパリの街並みは、絶対見たい絶景で、世界中からたくさんの観光客が訪れます。

パリ「モンマルトルの丘」は人気の観光地

写真:花村 桂子

地図を見る

モンマルトルは、ルノワールやロートレックなどの画家たちが暮らした芸術の町としても有名です。ダンスホールやカフェが立ち並び、週末にはたくさんの若い男女が集まる賑やかな場所でした。今も情緒ある石畳の道や階段は健在で、映画「アメリ」の舞台としても有名ですね。

人気観光地ゆえ、画家がキャンパスを広げるテルトル広場や、カフェやブティックが軒を連ねる小路は人であふれ、少々疲れてしまうことも。

「モンマルトル美術館」で古き良きモンマルトルを体感しよう

「モンマルトル美術館」で古き良きモンマルトルを体感しよう

写真:花村 桂子

地図を見る

そんな人混みと喧騒をはなれて、古き良きモンマルトルを感じられるのが、今回おすすめする「モンマルトル美術館」。19世紀から20世紀にかけてモンマルトルを舞台に活動した芸術家たちやその作品、歴史を紹介している小さな美術館です。

「モンマルトル美術館」で古き良きモンマルトルを体感しよう

写真:花村 桂子

地図を見る

テアトル広場から、ほんの5分歩いただけの場所にある「モンマルトル美術館」では、画家たちが実際に暮らしたクラシカルな邸宅や、美しい花や緑があふれる庭を自由に散策できます。

「モンマルトル美術館」で古き良きモンマルトルを体感しよう

写真:花村 桂子

地図を見る

日本語ガイドは、ぜひ借りておきましょう。展示が、何倍も楽しめること請け合いです。

「ルノワールの庭」には、インスタ映えスポットがいっぱい!

「ルノワールの庭」には、インスタ映えスポットがいっぱい!

写真:花村 桂子

地図を見る

モンマルトル美術館の庭は、モンマルトルを愛した巨匠ルノアールにちなんで「ルノアールの庭」と名付けられました。庭の一画には、ルノワールの描いたブランコが再現されており、まるで画家のキャンパスに入り込んだような写真が撮れる、インスタ映えスポット。

「ルノワールの庭」には、インスタ映えスポットがいっぱい!

写真:花村 桂子

地図を見る

大きなバラの茂みの前には、ガーデンテーブルとチェアーが配置され、ロマンティックでゆったりとした時間が過ごせます。

「ルノワールの庭」には、インスタ映えスポットがいっぱい!

写真:花村 桂子

地図を見る

裏庭の路地の先には、モンマルトルの丘に広がるぶどう畑をバックに写真撮影できるインスタスポットがあるので、お見逃しなく。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

クラシカルな邸宅が美術館に

クラシカルな邸宅が美術館に

写真:花村 桂子

地図を見る

べレール邸の常設展には、「ムーラン・ルージュ」や「ル・ディヴァン・ジャポネ」など人気キャバレーの色鮮やかなポスターが並べられ、当時の賑わいを感じられます。赤いマフラーが印象的なポスターの男性は、ロートレックが描いたモンマルトルの人気歌手「アリステード・ブリュアン」。

クラシカルな邸宅が美術館に

写真:花村 桂子

地図を見る

「シャノワール」展示室では、スランタンの有名な黒猫が、お客を出迎えてくれますよ。

クラシカルな邸宅が美術館に

写真:花村 桂子

地図を見る

美しく着飾った踊り子たちが、嬌声をあげながら足を高く上げて踊るフレンチ・カンカンのポートレートも必見。華やかな写真には、彼女たちの生き生きとした魅力があふれています。

カフェ・ルノワールやミュージアムショップもおすすめ

カフェ・ルノワールやミュージアムショップもおすすめ

写真:花村 桂子

地図を見る

モンマルトルでお茶をいただくなら、中庭の「カフェ・ルノワール」がおすすめ。ガラス張りのカフェからは、ルノワールが愛したモンマルトルの庭がよく見えます。

カフェ・ルノワールやミュージアムショップもおすすめ

写真:花村 桂子

地図を見る

「モンマルトル美術館」併設ミュージアムショップでのお買い物も、楽しみのひとつ。明るい店内には、画集や写真集はもちろん、オリジナルの文具などが揃っていてワクワクしちゃいます。

カフェ・ルノワールやミュージアムショップもおすすめ

写真:花村 桂子

地図を見る

クラシカルなポスターをモチーフにしたエコバッグは、いろんな図柄が揃っています。お気に入りの一品を探してみては?

モンマルトル美術館の基本情報

名称:Musee de Montmartre(モンマルトル美術館)
住所:12, RUE CORTOT 75018 PARIS
電話番号:+33-01-49-25-89-39
アクセス:パリ・モンマルトル「テルトル広場」から徒歩3分。コルト通り
料金:9.5ユーロ〜11ユーロ
※オーディオガイド付き。企画展等プログラムにより変動あり
開館時間:
4月〜9月 10時〜19時(最終入場18時15分)
10月〜3月 10時〜18時(最終入場17時15分)
※日曜祝日も含め毎日営業
※12月25日、1月1日は11時半から18時までの営業

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -