最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

香川「丸亀城」は石垣こそ面白い!日本屈指の名城を探求せよ!

香川「丸亀城」は石垣こそ面白い!日本屈指の名城を探求せよ!

更新日:2019/09/04 17:11

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター
「丸亀城(まるがめじょう)」は、別名「石垣の名城」とも呼ばれ、多種多様で、かつ優美な石垣を城内の各地で見ることができます。
そのため、全国を代表する城郭として「日本100名城」にも選出されるほどの折り紙付きの観光スポット。ぜひ、みなさんも一度足を運び、その圧倒的な石垣の迫力を体感してみてください!

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

江戸時代に完成した丸亀城

江戸時代に完成した丸亀城

写真:島塚 渓

地図を見る

丸亀城は、室町時代に築かれた砦をもとに、豊臣秀吉の家臣「生駒親正(いこまちかまさ)」と、その息子「生駒一正(いこまかずまさ)」が建設したお城。
その後、徳川幕府が発布した「一国一城令」により、一時は廃城となってしまいますが、寛永18年(1641年)に藩主になった山崎氏のもとで再建が始まり、次の京極氏によって完成しました。

江戸時代に完成した丸亀城

写真:島塚 渓

地図を見る

現在見ることのできる天守は、京極氏によって万治3年(1660年)に作られたもの。高さは約15mと非常にコンパクトですが、全国に12しかない、江戸時代以前に建設された天守が残る貴重なお城なんです。

江戸時代に完成した丸亀城

写真:島塚 渓

地図を見る

天守の形は、「層塔型(そうとうがた)」といって、お寺にある五重の塔のように、同じデザインの建物が規則的に積み上げられた構造です。姫路城などと比べると、スマートですっきりとした姿が印象的ですね。

様々な技法を駆使して積まれた石垣に注目

様々な技法を駆使して積まれた石垣に注目

写真:島塚 渓

地図を見る

丸亀城は、本丸を中心に二の丸、三の丸を渦巻き状に配置した「渦郭式(かかくしき)」の設計となっています。
そのため、天守にたどり着くには、城内をグルッと廻るので、その途中でさまざまな種類の石垣を見学できるようになっています。

様々な技法を駆使して積まれた石垣に注目

写真:島塚 渓

地図を見る

丸亀城の石垣の多くは、「打込ハギ(うちこみはぎ)」という、石の表面や石が接する部分を削って仕上げる技法が用いられています。
また、強度を高めるために、石と石の間には小さな「間詰石(まづめいし)」を入れて、隙間を埋めている箇所もたくさんあります。

様々な技法を駆使して積まれた石垣に注目

写真:島塚 渓

地図を見る

丸亀城を代表する石垣が、三の丸の高石垣です。城内で最も高い20メートル以上もある石垣で、その曲線美から扇の勾配と呼ばれています。
隅の部分は、長方体の石を交互に重ね合わせた「算木積み(さんぎづみ)」と呼ばれる技法が使用されており、これによって強度を高め、美しい勾配の石垣を築くことができるんです。

丸亀城は、江戸時代初期の石垣を築く技術が最高水準に達したときに作られたため、バラエティーに富んだ石垣を随所で見ることができるのがポイントですよ。

対照的な2つの石垣も必見

対照的な2つの石垣も必見

写真:島塚 渓

地図を見る

お城の正面玄関にあたる大手門付近では、石を徹底的に加工して隙間をなくした「切込ハギ(きりこみはぎ)」という技法の石垣を見ることができます。
なかには、鏡石と呼ばれる2メートルを超える大きな石もあり、権力の象徴の意味合いを含んだ、魅せる石垣として利用されているんですよ。

対照的な2つの石垣も必見

写真:島塚 渓

地図を見る

大手門とは反対方向の山麓に行くと、自然石を加工せずにそのまま積んだ「野面積(のづらづみ)」の石垣があります。大きさや形の違う石を使うため、どうしても隙間や出っ張りができてしまうのが、面白いポイント。

さきほどの整然と並んだ切込ハギとは、好対照な印象の石垣です。丸亀城ならではの、バラエティー豊かな石垣があるからこそできる、楽しみ方なのではないでしょうか。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

丸亀城の基本情報

住所:香川県丸亀市一番丁
観覧時間(天守):午前9時から午後4時半(入城は午後4時まで)
入城料(天守):大人 200円 、小人(小・中学生) 100円

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/29 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -