バンコクの人気カフェ!パティスリーロージーでアフタヌーンティー

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクの人気カフェ!パティスリーロージーでアフタヌーンティー

バンコクの人気カフェ!パティスリーロージーでアフタヌーンティー

更新日:2019/08/19 15:53

赤木 リンのプロフィール写真 赤木 リン

バンコクでは高級ホテルのアフタヌーンティーが日本の半額くらいのお値段でいただけるとあって、旅行者に大人気です。しかし観光の合間に高級ホテルに立ち寄る場合は服選びが難しかったり、静かなラウンジだと子連れでは入りづらかったりと悩ましい部分も。

そんなときは、カフェで気軽にアフタヌーンティーを楽しむのがおすすめ!バンコクの人気カフェ、パティスリーロージーのアフタヌーンティーをご紹介します。

パティスリーロージーはどこにある?

パティスリーロージーはどこにある?

写真:赤木 リン

地図を見る

パティスリーロージー(Patisserie Rosie)までのアクセスは、BTS(スカイトレイン)トンロー駅、もしくはエカマイ駅からタクシーが便利。渋滞状況によりますが、およそ10〜15分ほどの場所にあります。

歩いて行けないこともないですが、とにかくバンコクは暑い!タクシーでも200円ほどで行けますので、どうぞ無理なさらずに……。

こぢんまりとしたお店なので見逃さないよう注意です!タクシードライバーに店名を伝えても「分からない」と断られることがあるので、タイ語表記の住所が見せられるようスマホの画面メモなどに保存しておきましょう。

パティスリーロージーはどこにある?

写真:赤木 リン

地図を見る

パティスリーロージーは地元の方、バンコク在住の日本人に大人気!インスタグラムで検索すると、たくさんの投稿を見ることができます。

オーナーのChamp Phanichkulさんはバンコクのル・コルドン・ブルーを卒業。雑誌やウェブサイトでも取り上げられる新進気鋭のパティシエです。小麦粉や乳製品などの材料はフランスから輸入され、チョコレートは世界のトップシェフが愛用するヴァローナを使用。タイ風にアレンジしたスイーツが人気を集めています。

パティスリーロージーはどこにある?

写真:赤木 リン

地図を見る

店内は2階建てです。アンティーク調のインテリアがかわいい!空き状況によりますが、2階席を希望する場合は予約時にリクエストしてみましょう。

まずはパティスリーロージー厳選の紅茶をチョイス

まずはパティスリーロージー厳選の紅茶をチョイス

写真:赤木 リン

地図を見る

パティスリーロージーの2階席はソファ席になっているので、ゆったりとアフタヌーンティーを楽しむことができます。

アフタヌーンティーは前日までに電話か公式HP、Facebookから予約が必要です。言葉に自信がない場合は、公式HPかFacebookからの予約がおすすめ。英語で対応していただけます。11時スタートから予約できるので、ランチとして利用してもいいですね!

まずはパティスリーロージー厳選の紅茶をチョイス

写真:赤木 リン

地図を見る

着席したら、まずはイングリッシュ・ブレックファスト、アールグレイなどパティスリーロージーが厳選したお茶を選びます。

お待ちかねのアフタヌーンティー登場!

お待ちかねのアフタヌーンティー登場!

写真:赤木 リン

地図を見る

お茶をいただきながら少し待つと、お待ちかねのアフタヌーンティーが登場です!写真は3人分。アフタヌーンティーは2名ごとのセットになるお店が多いので、奇数の人数でもOKなのは助かりますよね。子連れの場合は1人分を用意されても余らせてしまうので、大人の分をシェアできるか確認すると良いでしょう。

お値段は何と2人で1045バーツ!1バーツ3.45円で計算すると3600円ほど。一人1800円でアフタヌーンティーが楽しめる計算になります。これは安い!

オリジナルスイーツもセイボリーもクオリティが高い!

オリジナルスイーツもセイボリーもクオリティが高い!

写真:赤木 リン

地図を見る

見ているだけでワクワクするパティスリーロージーのアフタヌーンティー。順番にご紹介しましょう。

1段目はスイーツで、お店で販売しているケーキのミニチュア版が登場。写真の赤いスイーツはチェリー、黄色はマンゴーです。チェリーの軸がチョコレートになっていてかわいいですね!球体の中身は果汁をギュッと凝縮したムース。タルト生地との相性も抜群です。

オリジナルスイーツもセイボリーもクオリティが高い!

写真:赤木 リン

地図を見る

2段目のスコーンにはクランベリーとクロテッドクリーム、ラズベリージャムが載せられています。スコーンはサクサク!全くパサパサ、モソモソしません。何個でも食べられてしまいそう……。

オリジナルスイーツもセイボリーもクオリティが高い!

写真:赤木 リン

地図を見る

3段目はセイボリー。クロワッサンサンドとサンドイッチ、キッシュもあって大満足!キッシュは出来立てで届けられるので、温かいうちにどうぞ。

すごくたくさん食べるよ、という方でなければ、全部食べるとお腹いっぱいになるでしょう。

※メニューは時期によって異なります。

食べきれなかったら持ち帰りOK!ケーキの購入も◎

食べきれなかったら持ち帰りOK!ケーキの購入も◎

写真:赤木 リン

地図を見る

バンコクのアフタヌーンティーは、食べきれなかったら持ち帰りOKです(お店によります)。「Take away,please」とお願いしましょう。お店オリジナルのかわいい箱に入れてもらえます。

ただしとにかく気温の高いバンコク。長時間持ち歩くと傷んでしまうので、早めに食べるようにしましょうね。

食べきれなかったら持ち帰りOK!ケーキの購入も◎

写真:赤木 リン

地図を見る

1階のショーケースにはおいしそうなケーキが並びます。どのケーキも独創的なデコレーションで、気になりますね。まだまだ食べ足りない!と言う方は購入してみてはいかがでしょうか?

Patisserie Rosieの基本情報

住所:113/2 Soi Thong lo 10, Wattana, Bangkok 10110
電話番号:+66-92-542-9900
アクセス:BTSトンロー駅、またはエカマイ駅からタクシーで10〜15分

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -