南イタリア文化遺産 9世紀から続く山頂の町「カゼルタヴェッキア」へ

南イタリア文化遺産 9世紀から続く山頂の町「カゼルタヴェッキア」へ

更新日:2019/09/09 10:51

Etsuko Ciaoのプロフィール写真 Etsuko Ciao 美食イタリア旅ライター
南イタリア世界遺産カゼルタ王宮の「カゼルタ」は、もう一つの町「カゼルタヴェッキア」が存在します。18世紀にナポリ王国が王宮を建てる以前は、標高400メートルの山頂にある「カゼルタヴェッキア」が中心地でした。王宮完成後、町の中心が新市街へ移った後も、カゼルタヴェッキアは中世のまま残り、町が文化遺産登録されました。ドゥオーモを中心にレストラン、お土産やが点在し日帰り観光にもおすすめです。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

標高400メートルに建設された「カゼルタヴェッキア」

標高400メートルに建設された「カゼルタヴェッキア」

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

カゼルタ(Caserta)はナポリ王が建設した華麗な「カゼルタ王宮」がよく知られています。一方で、新市街カゼルタの前身のカゼルタヴェッキア(Casertavecchia)の町は山頂に残り、イタリア文化遺産登録されています。

カゼルタベッキアへは、トレニタリアのカゼルタ駅から車で移動するのが行きやすいです。静かな住宅街を通り抜け坂道を上ると約20分少々で山の町「カゼルタヴェッキア」へ着きます。

カゼルタ駅は、ナポリからローカル電車で約45分、ローマからは新幹線フレッチャロッサで約1時間少々で到着します。

標高400メートルに建設された「カゼルタヴェッキア」

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

町の入り口部分には小さなサン・ロッコ教会があり、中へ入ることが可能です。カゼルタヴェッキアの町へは車が入っていけませんので、教会近くの駐車場に停めて、歩いて行きます。

標高400メートルに建設された「カゼルタヴェッキア」

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

教会の礼拝堂では静寂の中で、壁に描かれた淡い色のフレスコ画を見ることができます。

<サン・ロッコ教会(Chiesa di San Rocco)の基本情報>
住所:Via Vitagliano Rossetti, 81100 Caserta CE

かつてのシンボル、ロンゴバルド古城跡地へ

かつてのシンボル、ロンゴバルド古城跡地へ

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

カゼルタヴェッキアの名前の由来は、カーザ・イルトラム(Casa Hirta)「丘の上の家」と、「古い」を意味するヴェッキア(vecchia)の通り「丘の上の古い家(住宅群)」です。町は9世紀に存在していたと言われていますが、その正確な時期は定かでありません。

18世紀に現在の新市街であるカゼルタへ、ナポリ王カルロ7世が王宮を建設するまでは、山頂のカゼルタヴェッキアが中心地でした。

かつてのシンボル、ロンゴバルド古城跡地へ

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

見どころの一つである城は、町のはずれに朽ち果てたままで残っています。9世紀頃に防護のために建てられた城であり、また王の居城であったと言われています。高さ32メートル、直径10メートルの円塔がかろうじて一つだけ原形をとどめています。

かつてのシンボル、ロンゴバルド古城跡地へ

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

古城は崩れて原形をとどめていない部分も多く、当時はどんな仕様であったのか見る者の想像力を掻き立てます。

<ロンゴバルド城(Castello Longobardo)の基本情報>
住所:Via del Castello, 6, 81100 Caserta Vecchia CE

大天使ミカエルに捧げられた大聖堂

大天使ミカエルに捧げられた大聖堂

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

町の中心、サン・ミケーレ・アルカンジェロ大聖堂(Duomo di San Michele Arcangelo)は、大天使ミカエルに捧げられた教会です。1113年に、当時のカゼルタの司教ヴェスコヴォ・ライヌルフォ(Vescovo Rainulfo)の命によって建設され、1153年に完成ました。

大天使ミカエルに捧げられた大聖堂

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

もともと大聖堂の内装はロマネスク様式で建てられましたが、1600年代後半にバロック様式に内装を変更しました。柱の模様は様々で、柱頭には細かな装飾が施されています。

奥にはパイプオルガンが置かれ、13世紀の説教壇や14世紀の礼拝堂、絵画等が飾られています。

大天使ミカエルに捧げられた大聖堂

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

キリスト生誕の場面を人形等で表したプレゼーピオ(presepio)が展示されています。他にも鮮やかなブルーをまとった女性像や黒いドレスの女性像、15世紀のフレスコ画があり、見学に少し時間をかけたいところです。

<サン・ミケーレ・アルカンジェロ大聖堂の基本情報>
(Chiesa di San Michele Arcangelo)
住所:Piazza Vescovado,81100 Caserta Vecchia CE

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

幸運の壺「スピリテッリ」に願い事を!

幸運の壺「スピリテッリ」に願い事を!

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

町のお土産屋さんで、アニメ風の絵画タッチで描かれたとてもユニークな壺を見かけるでしょう。この壺はスピリテッリ( Spiritelli)と呼ばれるカゼルタヴェッキアの幸運のシンボルです。体部分は大きな目と鼻が描かれて、気さくで明るい雰囲気から幸運と繁栄を呼び込むと言われています。壺は地元のアーティスト達によって作られています。

この壺の中に願いを書いた紙をいれると、それは叶うと言われています。よかったらお試しくださいね。

幸運の壺「スピリテッリ」に願い事を!

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

南イタリアの色鮮やかな陶器が並んだお土産屋さん。お土産にもご自宅用にも。季節ごとに陶器の壁掛けを変えて、旅の思い出を楽しまれるのもいいですね。

幸運の壺「スピリテッリ」に願い事を!

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

お店によって、テラコッタ(terra cotta)タイプの焼き物が販売されています。イタリア語でテラは土、コッタは焼いたの意味で、「素焼き」の焼き物のことや色のことを言います。

観光客が訪れ続けるカゼルタヴェッキア

観光客が訪れ続けるカゼルタヴェッキア

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

小道に入って、迷いそうになってもこの13世紀に建てられたゴシック様式の塔を目指せば、広場に着きます。塔の下をくぐり抜けると、緩やかな坂道へ続き見晴らし台へ。雨の日は石畳が滑りやすいので足元にお気をつけて。

観光客が訪れ続けるカゼルタヴェッキア

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

中世の石畳の町並みに、花をふんだんに飾ったフォトジェニックな壁が可愛らしくて魅入ってしまうことも!

観光客が訪れ続けるカゼルタヴェッキア

写真:Etsuko Ciao

地図を見る

カゼルタヴェッキアの町は規模として小さいですが、観光客が多いからでしょう。レストランをあちこちで見かけます。

カゼルタ県はカゼルタの黒豚が有名で、店頭にサラミやハムを吊るしているレストランもあります。ランチやディナーで召し上がってくださいね。

カゼルタヴェッキアへのアクセス

カゼルタヴェッキアへは、トレニタリア(Trenitalia)カゼルタ駅からは車移動が便利です。

ご参考に、ローマ・テルミニ駅からカゼルタ駅へ本数は少ないですが直通のフレッチャアルジェント(Frecciargento)が乗車時間約1時間10分で運行しています。ローカル電車の場合は約2時間10分で到着します。ナポリ中央駅からはローカル電車で約45分です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -