イギリス第2の都市バーミンガム!おすすめ観光スポットは?

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イギリス第2の都市バーミンガム!おすすめ観光スポットは?

イギリス第2の都市バーミンガム!おすすめ観光スポットは?

更新日:2019/08/10 17:13

小野 雅子のプロフィール写真 小野 雅子 わくわく探しの旅ライター

イギリス国内ではロンドンに次ぎ第2の人口を誇る都市、バーミンガム。18世紀〜19世紀の産業革命において中心的役割を果たし、電力量の単位ワットに名を残すジェームズ・ワットもこの地で改良型の蒸気機関を開発しました。
経済規模はライバル都市マンチェスターに僅差で抜かれ3番目となった今も、イギリスを代表する大都市のひとつ。そんなバーミンガムでお勧めの観光スポットを巡ってみましょう!

ロンドンとの水路に活躍したグランド・ユニオン運河

ロンドンとの水路に活躍したグランド・ユニオン運河

写真:小野 雅子

地図を見る

イギリス第2の都市だけあり現代的なビルが立ち並ぶバーミンガム中心部にありながら、まるで時代を遡ったようにクラシックな雰囲気を味わえる場所があります。それはグランド・ユニオン運河沿いの遊歩道。

かつてロンドンとの物資輸送を担った水路として賑わっていた様子を想像するのは難しいほど、静かで美しいエリアです。今ではガス燈から電気の街灯に代わっているものの、赤レンガの倉庫や乾ドックだった建物がいくつも残っており、ノスタルジックで魅力的な風景となっています。

ロンドンとの水路に活躍したグランド・ユニオン運河

写真:小野 雅子

地図を見る

絵になる運河沿いには、素敵なカフェやパブが欠かせませんよね。例えばこちらのパブ「モルト・ハウス」は昔、麦芽をモルトに加工する工場だった所。また1998年にバーミンガムで開催されたG8サミットにアメリカ合衆国大統領として訪れたビル・クリントンが、このパブでイギリスならではのパブ・ランチを楽しんだ事でも有名です。

<モルト・ハウスの基本情報>
住所:Malt House, 75 King Edwards Road, Birmingham, B1 2NX
電話番号:+44-121-633-4171
アクセス:バーミンガム・ニューストリート駅から徒歩8分

ロンドンとの水路に活躍したグランド・ユニオン運河

写真:小野 雅子

地図を見る

時おり通りかかる船はナロー・ボートまたはカナル・ボートと呼ばれる、運河用に造られた細長いボート。現在では物資運搬としてではなくレジャーや観光用が多く、また停留して住居となっている場合もあります。いずれにしてもゆっくりした航行速度で、運河沿いののどかな風景にお似合いのボートです。

圧倒的なヴィジュアル!バーミンガム図書館

圧倒的なヴィジュアル!バーミンガム図書館

写真:小野 雅子

地図を見る

ヴィクトリア時代をしのぶ運河沿いとは正反対に、超モダンな外観で新しい名所となっているのがバーミンガム図書館です。これは先代にあたるバーミンガム中央図書館の老朽化に伴い、場所をセンテナリー広場に移転のうえイギリス最先端の図書館として建てられました。

設計を手掛けたのは、オランダ人女性建築家フランシーン・ホウベン。革新的なデザインと環境に配慮した構造が高く評価されています。

圧倒的なヴィジュアル!バーミンガム図書館

写真:小野 雅子

地図を見る

図書館のイメージを刷新するように美しく洗練された館内は、外観と同じくらいフォトジェニック!また総面積は2万平方メートル以上もありイギリス国内の市立図書館として最大(国立の大英図書館は別)であるばかりか、ヨーロッパ圏内でも最も大きい地方行政区図書館となっています。

圧倒的なヴィジュアル!バーミンガム図書館

写真:小野 雅子

地図を見る

天気の良い日ならば、ぜひ屋上にあるシークレット・ガーデンにも行ってみて。眼下にバーミンガム市街を眺め渡せるだけでなく、四季折々の表情を見せるイングリッシュ・ガーデンにもご注目です。

<バーミンガム図書館の基本情報>
住所:Centenary Square, Broad St, Birmingham B1 2ND
電話:+44-121-242-4242
アクセス:バーミンガム・ニューストリート駅から徒歩8分
入場料金:無料
開館時間:
月曜日と火曜日は午前11時から午後7時まで
水曜日〜土曜日は午前11時から午後5時まで
※日曜日は休館

バーミンガム博物館&アートギャラリーと市庁舎広場

バーミンガム博物館&アートギャラリーと市庁舎広場

写真:小野 雅子

地図を見る

1885年に開館したバーミンガム・ミュージアム&アートギャラリーは、第2級重要建築物に指定されている建物自体も素敵です。中は40ものギャラリーに分かれており、美術作品と歴史的遺物の総合的な展示がバラエティ豊か。絵画では特に、前ラファエル派のコレクションの充実ぶりが有名です。

また歴史関係では2009年にスタッフォードシャー州で発掘されたアングロサクソン時代(7世紀〜8世紀)からの、金を中心とした武具や装飾品・約3500点のほとんどを所有していることが特筆に値します。これらは「スタッフォードシャー埋蔵品(Staffordshire Hoard)」と命名され、質量ともに近年稀にみる大発見。大英博物館など他のミュージアムにもたびたび貸し出されている逸品を、ぜひご覧になってください。

バーミンガム博物館&アートギャラリーと市庁舎広場

写真:小野 雅子

地図を見る

<バーミンガム・ミュージアム&アートギャラリーの基本情報>
住所:Birmingham Museum and Art Gallery, Chamberlain Square, Birmingham B3 3DH
アクセス:バーミンガム・スノーヒル駅、バーミンガム・ニューストリート駅からそれぞれ徒歩約8分
入場料金:無料
開館時間:
土曜日〜木曜日は午前10時から午後5時まで
金曜日のみ午前10時30分から午後5時まで

バーミンガム博物館&アートギャラリーと市庁舎広場

写真:小野 雅子

地図を見る

ヴィクトリア広場にある市庁舎とヴィクトリア女王の像も、バーミンガムを代表する観光名所。市庁舎は先ほどのミュージアム&アートギャラリーよりも更に10年ほど前に建てられ、こちらも第2級重要建築物になっています。

新旧の彫刻作品群や噴水がある広場は、とても開放的。天気の良い日には沢山の市民や観光客が、歩道に続く大階段などに座って寛いでいます。ロンドンとはひと味違うバーミンガムの息吹を感じることでしょう。

静謐な美しさ バーミンガム大聖堂で憩いのひととき

静謐な美しさ バーミンガム大聖堂で憩いのひととき

写真:小野 雅子

地図を見る

次にご案内するのはバーミンガム大聖堂。正式名は聖フィリップ大聖堂ですが、今ではバーミンガム大聖堂という呼び名のほうが一般的です。

1725年に完成した頃は教区の教会として建てられましたが、1905年にバーミンガム主教区が新たに形成されたため、バーミンガム司教を擁する大聖堂となりました。

静謐な美しさ バーミンガム大聖堂で憩いのひととき

写真:小野 雅子

地図を見る

第1級の重要建築物に指定されている美しいバロック様式の聖堂は、ディテールも見どころ満載。それらを簡略に説明する案内書には、日本語バージョンも用意されているのが嬉しい配慮ですね!

<バーミンガム大聖堂の基本情報>
住所:St. Philip’s Cathedral, Colmore Row, Birmingham B3 2QB
電話番号:+44-121-262-1840
アクセス:バーミンガム・スノーヒル駅から徒歩約3分

チョイス豊富なカフェやティールームでひと休み

チョイス豊富なカフェやティールームでひと休み

写真:小野 雅子

地図を見る

市街観光中に欠かせないのは、足休めを兼ねたカフェ休憩ですよね!もしもスタバなどカジュアルな雰囲気のカフェ・チェーンを利用したい気分だったら、分かりやすいのはインターナショナル・コンヴェンション・センター(略称ICC)の中。

前出の運河沿いやバーミンガム図書館からもほど近く、大小の展示場や会議場のほかバーミンガム交響楽団の本拠地であるシンフォニー・ホールも含む大きな複合施設。ショップやレストランもあるので、雨など悪天候のときも重宝します。

チョイス豊富なカフェやティールームでひと休み

写真:小野 雅子

地図を見る

一方せっかく歴史のある街に来たのだから、カフェ選びもそんな気分を大切にしたいならば「ロスト&ファウンド」などおすすめ。元は銀行の建物だっただけあり、重厚な外観が目を引きます。

チョイス豊富なカフェやティールームでひと休み

写真:小野 雅子

地図を見る

店内も素敵でしょう?本来はカフェバー&レストランなのでランチやディナーは混み具合によりますが、午前11時からお昼までならコーヒー1杯でも利用できます。また正午から午後3時まではアフタヌーン・ティー(1人前18.95ポンドから・要予約)もやっていますよ。

<ロスト&ファウンドの基本情報>
住所:The Lost & Found, 8 Bennetts Hill, Birmingham B2 5RS
電話番号:+44-121-643-9293
アクセス:バーミンガム・ニューストリート駅またはバーミンガム・スノーヒル駅から徒歩約5分
営業時間:午前11時から深夜まで(閉店時間は日によって午後11時〜午前1時と多少違います)

新旧の顔をもつバーミンガム その魅力に触れる街歩きを

バーミンガムには他にもご案内したい観光名所が一杯ありますが、特に中心部にあって誰にでも行きやすいスポットを厳選してみました。かつて産業革命の中核としてイギリスの機動力となったバーミンガムの街角で、その魅力を堪能してくださいね!

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -