山口県岩国市「岩國白蛇神社」頭上にシロヘビを戴く弁財天に開運祈願

| 山口県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

山口県岩国市「岩國白蛇神社」頭上にシロヘビを戴く弁財天に開運祈願

山口県岩国市「岩國白蛇神社」頭上にシロヘビを戴く弁財天に開運祈願

更新日:2019/08/10 09:05

政田 マリのプロフィール写真 政田 マリ 仏像ナビゲーター

山口県岩国市は国指定天然記念物「シロヘビ」が多く生息する地域です。180cm長の白いボディにルビー色の眼を持つその姿は神秘的で、幸運を呼ぶ守り神として大事にされてきました。そのシロヘビを弁財天のお使いとして祀る「岩國白蛇神社」が今、パワースポットとして大人気!開運、金運UPの祈願所でありながら、シロヘビを守る保護・展示施設も併設。白くてツヤやかなシロヘビにパワーをもらって開運招福といきましょう!

幸運の守り神「シロヘビ」を祀る「岩國白蛇神社」

幸運の守り神「シロヘビ」を祀る「岩國白蛇神社」

写真:政田 マリ

地図を見る

山口県の東端、岩国市にある「岩國白蛇神社」は、岩国市民のシロヘビへの信仰に基づいて、2012年に創建された新しい神社です。

御祭神は広島県の宮島・厳島神社と同じく田心姫神(たごりひめのかみ)、
湍津姫神(たぎつひめのかみ)、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)、そして宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)(=宇賀弁財天)です。

幸運の守り神「シロヘビ」を祀る「岩國白蛇神社」

写真:政田 マリ

地図を見る

宇賀弁財天とは、よく見る琵琶を持った二臂(にひ・2本腕)の弁財天とは違い、8本の手に宝具を持ち、頭頂に鳥居や人頭蛇身の宇賀神を巻きつける異形の弁財天です。岩國白蛇神社では「宝冠白蛇弁財天」と呼ばれています。

古来より日本人は白色の動物を神の化身として崇め、大切にしてきました。
岩国のシロヘビも岩国藩の藩主である吉川家の米蔵をネズミの害から守ってきたと信じられ、いつの頃からか弁財天と習合して、市内各地に白蛇堂や祠が創られるようになったといいます。

幸運の守り神「シロヘビ」を祀る「岩國白蛇神社」

写真:政田 マリ

地図を見る

御神体の姿を見ることはできませんが、正面の石灯籠、屋根下四隅の風鐸、祈願の絵馬など境内のいたるところにシロヘビのモチーフを発見することができます。

国指定天然記念物「岩国のシロヘビ」

国指定天然記念物「岩国のシロヘビ」

写真:政田 マリ

地図を見る

神社の本殿横に屋外施設があり、草むらから顔を覗かせるシロヘビを実際に見ることができます。屋外施設は生息する環境に近づけて草や岩場を多く設置してあるので、物陰に隠れていることもあるのでよく探してみましょう。

シロヘビはこの岩国一帯でしか生息していません。アオダイショウが色素細胞のない変種となって遺伝してきたもので、当時の人々はこの珍しい白色のヘビを「幸運を呼ぶ家の守り神」として大切に保護し、その数も増えていきましたが、近年は環境の変化によりその生息数は少なくなっています。

国指定天然記念物「岩国のシロヘビ」

写真:政田 マリ

地図を見る

そこで、その個体数を一定に維持するために境内の北端に屋内飼育場を作り、財団法人岩国白蛇保存会が保護保存の活動拠点にしています。ここでは3才までのシロヘビ約400匹を飼育していますが、残念ながら非公開です。

また、岩国のシロヘビのことをもっと若い世代にも知ってもらおうと、抽選で選ばれた岩国市の小学生12名が4月から10月までの隔週土曜日に重さや長さを測ったり、掃除をしたりと飼育のお手伝いをしていますので、その日には飼育室から元気のいい声が聞こえてきます。

間近で見られる「白蛇観覧所」

間近で見られる「白蛇観覧所」

写真:政田 マリ

地図を見る

より近くで見たい方は境内北、屋内飼育場の上にある「白蛇観覧所」へ行きましょう!

間近で見られる「白蛇観覧所」

写真:政田 マリ

地図を見る

ガラス張りの空間に石灯籠や木の枝が配置されていて、よく見ると、灯篭に巻きついたり鉢に何匹も折り重なってとぐろを巻いていたりするシロヘビを見ることができます。

間近で見られる「白蛇観覧所」

写真:政田 マリ

地図を見る

シロヘビとひとことで言っても個体差があり、真っ白なものだけでなく少し黄味がかったものもいます。黄色っぽいシロヘビはより金運に御利益があるとか!?

肌はヌメッとしているように思われがちですが、意外とサラサラで湿りはないようです。目が赤いのは色素が薄いので血液の色が透けて見えているのだそう。

あまり大きな動きは見せませんが、ゆっくりと頭を上げたり体をくねらせたりしています。性格はとてもおとなしく、人に危害を加えることはない優しいヘビです。

運気UP間違いなし!?抜け殻入りのシロヘビグッズ

運気UP間違いなし!?抜け殻入りのシロヘビグッズ

写真:政田 マリ

地図を見る

お参りもして、実際に幸運のシロヘビも見たら、帰りにぜひお気に入りのシロヘビさんを連れて帰ってください。

と言ってもシロヘビは天然記念物に指定されているので持ち帰れません。ですがシロヘビの抜け殻なら連れて帰ることができますよ!

「白蛇観覧所」の手前にお守りやグッズを販売している授与所があります。そこでは抜け殻入りのストラップやお守りが販売されています。

運気UP間違いなし!?抜け殻入りのシロヘビグッズ

写真:政田 マリ

地図を見る

中でもこの「招福シロヘビ」のぬいぐるみは大人気!ただのぬいぐるみではありません。こちらにもちゃんと抜け殻が!首もとのプレートに埋め込まれていますよ。

運気UP間違いなし!?抜け殻入りのシロヘビグッズ

写真:政田 マリ

地図を見る

そして、こちらは抜け殻は入っていませんが、おみくじも可愛いシロヘビ型!底の穴におみくじの紙が入っていて、抜き取った後は置物として飾れるようになっています。

清楚で凛とした姿のシロヘビ。グッズを身につけたり、部屋に置くだけでも浄化されるような気分になりますね。

岩国人に愛される「シロヘビ」を未来へ繋げる「岩國白蛇神社」

岩国人に愛される「シロヘビ」を未来へ繋げる「岩國白蛇神社」

写真:政田 マリ

地図を見る

いかがでしたか?

シロヘビを神様の使いとして大事に祀る「岩國白蛇神社」は、開運祈願の場所というだけではなく、シロヘビを守り、その信仰を未来へと繋げる役目も担っているのです。

「岩國白蛇神社」以外にも岩国市内に飼育施設は4か所あり、保護保存活動を進めています。野生ではほとんど姿を見ることができなくなったシロヘビ。その貴重な姿と岩国に根付いた信仰を後世へと伝えて欲しいですね。

ぜひ皆さんも岩国の貴婦人・シロヘビに会いに「岩國白蛇神社」へ訪れてみてください!

岩國白蛇神社の基本情報

住所:山口県岩国市今津町6丁目4-2
電話番号:0827-30-3333
最寄り駅:岩国駅から南西へ徒歩約20分

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -