独リューデスハイム「ワイン・タイム・パス」で名産ワイン巡り

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

独リューデスハイム「ワイン・タイム・パス」で名産ワイン巡り

独リューデスハイム「ワイン・タイム・パス」で名産ワイン巡り

更新日:2019/08/10 17:55

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

ドイツでも屈指のワイン名産地・リューデスハイム(Rudesheim)。ライン川によって形成された急勾配の土地はブドウに欠かせない日光を燦々と浴び、町ではグラスを掲げる音で賑わいます。「ワイン・タイム・パス(WINE TIME Pass)」はワインと散策、両方が楽しめるパス。複数の場所でテイスティングができるので、色々なワインを飲みたい!リューデスハイムを楽しみたい!という希望が叶う1枚です。

ワインを愛し、ブドウ畑に囲まれた町

ワインを愛し、ブドウ畑に囲まれた町

写真:浅井 みらの

地図を見る

古代ローマ人が持ち込んだことから始まったとされるリューデスハイムのワイン作り。その歴史は1000年近くあり、中世の古城とブドウ畑が織り成すライン川沿いの景観はユネスコ世界遺産「ライン渓谷中流上部」としても登録されています。

リューデスハイム周辺には家族で代々ワインを醸造している小規模なワイナリー、通称ブティック・ワイナリーがほとんど。広範囲に点在しているので、ワイナリーのショップがリューデスハイムに集まり、訪れた人たちがショップを巡りながら、それぞれのワインを味わいます。

ワインを愛し、ブドウ畑に囲まれた町

写真:浅井 みらの

地図を見る

リューデスハイムの代名詞といわれているのがリースリングと呼ばれる白ワイン。ぶどう一粒一粒を手作業で収穫しているため、ワインの生産量も限られています。フルーティーな香りとスッキリとした味が特徴で、暑い夏にぴったりなワインです。

ワインを愛し、ブドウ畑に囲まれた町

写真:浅井 みらの

地図を見る

注がれたばかりのワインの冷え感まで伝わってくる表紙が目印のワイン・タイム・パス。リューデスハイム 内のワインショップ3ヶ所を巡るコース(12ユーロ)、リューデスハイムと隣町アスマンハウゼン(Assmannshausen)のワインショップ1ヶ所が加わった4ヶ所を巡るコース(14ユーロ)の2種類があります。

開催期間は2019年4月1日から10月31日まで。観光案内所もしくはパスに記載されたショップで購入可能です。

「ゲオルグ・ブロイヤー」から開始!

「ゲオルグ・ブロイヤー」から開始!

写真:浅井 みらの

地図を見る

リューデスハイムの観光案内所近くに位置する「ゲオルグ・ブロイヤー(Georg Breuer)」から、いよいよワイン巡りの始まりです。道路から少し入った先に建物入り口があり、大通りに面しながらも辺りは静けさに包まれています。

「ゲオルグ・ブロイヤー」から開始!

写真:浅井 みらの

地図を見る

ワイナリーの名前になっている創始者のゲオルグ・ブロイヤーさんがワイン造りに力を入れ始めたのが20世紀中頃。息子2人が引き継ぎ、畑の8割以上を占める辛口のリースリングワインが国際的な評価を受け、畑は34ヘクタールまで拡大。孫娘テレーザさんが3代目を務め、現在も伝統と良質な味を引き継いでいます。

店内にはカラフルな絵画が並び、アートギャラリーのような雰囲気。“ワインは文化やライフスタイルの一部”という想いから、毎年違うアーティストがラベルをデザインする銘柄(ベルグ シュロスベルグ/Berg Schlossberg)もあり、通常のシンプルなラベルと比べて異彩を放っています。

「ゲオルグ・ブロイヤー」から開始!

写真:浅井 みらの

地図を見る

テイスティングの場所はシンプルでモダンな空間ですが、地下のセラーは石壁に囲まれ、一気に別世界のよう。こちらでテイスティングをするプランのほか、ブドウ畑を歩くプランもあります(事前予約)。

<ゲオルグ・ブロイヤーの基本情報>
住所:Grabenstrasse 8, 65385 Rudesheim am Rhein
電話番号:+49-6722-47225
営業時間:10:00〜18:00
定休日:不定休

地元名産品も並ぶ「ネグラー博士」

地元名産品も並ぶ「ネグラー博士」

写真:浅井 みらの

地図を見る

「ゲオルグ・ブロイヤー」から徒歩6分。中心地に近づくにつれ観光客の姿が多くなり始めた先に、2つめの「ネグラー博士(Dr.Nagler)」が登場します。

地元名産品も並ぶ「ネグラー博士」

写真:浅井 みらの

地図を見る

こちらも19世紀前半から6代に渡って続く家族経営のワイナリー。8.5ヘクタールのぶどう畑には9割以上のリースリングが栽培されていて、他に小規模ながら赤ワイン用のピノ・ノアールやピノ・ノアールの枝代わり種のピノ・ブランも。

ピノ・ブランはドイツ語でヴァイスブルグンダー(Weissburgunder)と呼ばれ、こちらも辛口の白ワインで有名です。

地元名産品も並ぶ「ネグラー博士」

写真:浅井 みらの

地図を見る

こちらのショップでは、リューデスハイムの名産品も販売。その他にもブドウ畑を歩くツアーや、5月から9月の第2日曜日にはライン川を遊覧しながらテイスティングをするプラン(事前予約)もあります。

<ネグラー博士の基本情報>
住所:Oberstrasse 44, 65385 Ruedesheim am Rhein
電話番号:+49-6722-2835
営業時間:11:00〜18:00
定休日:不定休

最大規模を誇る「アレンドルフ」

最大規模を誇る「アレンドルフ」

写真:浅井 みらの

地図を見る

「ねぐらー博士」と同じ通り沿いにあるのが、3つめのワインショップ「アレンドルフ(Allendorf)」。“水を守るためにリースリングワインを飲もう”というユニークなメッセージに目が引かれ、そのまま入店する人もしばしば。

最大規模を誇る「アレンドルフ」

写真:浅井 みらの

地図を見る

アレンドルフ家がこの地に住み始めたのは13世紀ごろ。フィリップ・アレンドルフさんがワイン作りを1773年に開始し、200年以上もの間を家族で絶えずに受け継いでいます。

所有している畑の広さは、周辺の家族経営ワイナリーでも最大規模の75ヘクタール。生産しているワインの銘柄もリースリングを筆頭に50種類以上と豊富です。

最大規模を誇る「アレンドルフ」

写真:浅井 みらの

地図を見る

アレンドルフが所属しているドイツのワイン生産者団体・VDPでは、ワインではなくブドウ畑が4段階に格付けされます。畑が数カ所に分散しているアレンドルフでは格付けも場所ごとに行われ、その結果、4段階の評価がすべて揃うことに。同じブドウで作ったワインでありながら、畑によって異なる味をテイスティングで体感できます。

テイスティングが終了したら、そのままリューデスハイム散策へ。近くには観光名所のつぐみ横丁(Drosselgasse)やゴンドラ乗り場もあります。ぶどう畑の上空を悠々と渡るゴンドラは、リューデスハイムのパノラマ景色を360°見渡せる人気の乗り物。降りた先の展望台ではライン川とブドウ畑が一望できる牧歌的な田園風景がお待ちかねです。

<アレンドルフの基本情報>
住所:Oberstrasse 26, 65385 Ruedesheim am Rhein
電話番号:+49-6723-9185
営業時間:10:00~18:00
営業期間:イースター(3月下旬〜4月下旬)から12/24まで

「ベルグ」で赤ワインも堪能

「ベルグ」で赤ワインも堪能

写真:浅井 みらの

地図を見る

ワイン・タイム・パスは2種類ありますが、1日滞在できるなら隣町アスマンハウゼンも加わったコースがおすすめ。実はアスマンハウゼンの名産はピノ・ノワールという赤ワイン。白ワインが有名で観光客が賑わうリューデスハイムと5kmも離れていませんが、アスマンハウゼンは町自体も小さめでのんびりな印象です。

リューデスハイムから鉄道で1駅。しかし、ゴンドラとリフトで向かうと途中で森の中を散歩でき、清々しい気分を味わえます。テイスティングはアスマンハウゼンの中心地に位置する「ベルグ」にて。ホテルとレストランも兼ね揃え、1408年に建てられた伝統的な木組みの建物が目印です。

「ベルグ」で赤ワインも堪能

写真:浅井 みらの

地図を見る

ドイツ語でシュペートブルグンダー(Spatburgunder)と呼ばれるピノ・ノワール。ベルグではどっしりと存在感がある辛口のほか、軽めのまろやかさが残る中辛口もあります。1.5ヘクタールと他と比べて畑の規模は小さめですが、リースリングワインも作っています。

「ベルグ」で赤ワインも堪能

写真:浅井 みらの

地図を見る

テイスティングはオープンテラスのレストランで行われ、ワインと共に食事を楽しむ人たちの姿も。別館にはスパ施設もありますので、ワインとマッサージで身体をほぐしてリラックスという過ごし方もできます。

<ベルグの基本情報>
住所:Niederwaldstrasse 23, 65385 Rüdesheim am Rhein
電話番号:+49-6722-4999
営業時間:11:00〜深夜(食事12:00〜14:30、18:00〜21:30)
営業期間:4月〜10月末

パスから始まるワイン散策

「ワイン・タイム・パス」では、各ショップでテイスティングが2回できます。最初は看板商品を味わい、次に自分好みのものを選んでもらうという楽しみ方ができるのも魅力。ワイン・タイム・パスの他にもテイスティングできる場所は多くあり、“ヴィノテーク(Vinothek)”という表記が目印です。

パスをきっかけに色々と開拓してみるとリューデスハイムやワインの面白さが更に増すはず。ぜひ訪れた際は、ドイツが誇るワインの名産地で芳醇なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/06/19−2018/06/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -