羊肉もペロリ!モンゴルの人気しゃぶしゃぶ店「The Bull」

| モンゴル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

羊肉もペロリ!モンゴルの人気しゃぶしゃぶ店「The Bull」

羊肉もペロリ!モンゴルの人気しゃぶしゃぶ店「The Bull」

更新日:2019/08/27 14:08

SAORI GRAPHのプロフィール写真 SAORI GRAPH 現役弾丸バックパッカー、旅ライター、旅ブロガー
広大な草原や遊牧民族が印象的な国、モンゴル。そのモンゴルで欠かせない食材と言えばそう、羊肉です。モンゴル旅行では必ずと言っていい程食べる機会のある羊肉ですが、クセがあるため苦手という方も多いのでは?

そんな方にもおすすめしたい現地料理が「モンゴルしゃぶしゃぶ」。日本人に馴染み深い調理法で、羊肉のクセを気にすることなくペロリと食べられます。少し変わったモンゴル風の食べ方も解説しますよ!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ウランバートル市内に4店舗の人気店「The Bull」

ウランバートル市内に4店舗の人気店「The Bull」

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

モンゴルで食べやすい羊肉料理が食べたい!そんな方におすすめの料理が、モンゴルしゃぶしゃぶです。

「The Bull」はモンゴルの首都ウランバートルにある、有名なモンゴルしゃぶしゃぶのお店。観光客だけでなく地元の方にも人気のお店で、今では市内に4店舗を展開しています。

1号店は飲食店が立ち並ぶソウルストリート沿い、2号店は1号店から約550m西に、3号店はスフバートル広場から約800mの所に、ナーダムセンター店はナショナル・スポーツ・スタジアムのすぐそばにあります。

特に、2号店は2019年8月25日にオープンした「東横INNウランバートル」から徒歩で5分、3号店はウランバートルの中心であるスフバートル広場から徒歩8分と、アクセスしやすいのも魅力です。

ウランバートル市内に4店舗の人気店「The Bull」

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

写真は3号店の店内の様子。広い店内にはところどころに和の要素が取り入れられており、親しみやすい雰囲気。ファミリーレストラン方式のテーブル席が基本ですが、3号店の入っているビルの5階には「The Bull VIP」があり、個室で食事をすることが出来ます。仕事の会食や大人数での食事で個室を希望する場合は、「The Bull VIP」で予約をすると良いでしょう。

ひとり1鍋!自分専用の鍋で召し上がれ

ひとり1鍋!自分専用の鍋で召し上がれ

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

テーブルに案内されてまず目に留まるのが、テーブルに埋め込まれたIHヒーター。4人席には4つのIHヒーターがテーブルに埋め込まれています。

日本でしゃぶしゃぶを食べに行くと鍋はグループに1つというのが定番ですが、ここモンゴルでは1人1人専用の鍋が目の前に置かれ、各自好きなスープを選びます。自分専用のお鍋なので、他の人に気を遣うことなく、自分のペースで食べることが出来ます。

ひとり1鍋!自分専用の鍋で召し上がれ

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

専用の鍋は日本のしゃぶしゃぶ鍋に比べて小ぶりなので、テーブルの上がお肉や野菜、サイドメニューでいっぱいになっても、鍋が邪魔になることはありません。

しゃぶしゃぶのベースとなるスープは、7種類程から選びます。一番スタンダードなのは牛骨ベースのスープですが、他にもキノコやトマトが入った薬膳スープや、スパイシーなスープ、クリーミーなスープ等があり、スープ選びも楽しむことが出来ます。

タレは付けるのではなく「入れる」日本との違いを楽しんで!

タレは付けるのではなく「入れる」日本との違いを楽しんで!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

スープの入った専用鍋が目の前に置かれ、しゃぶしゃぶスタート!ただしこの時も、日本のしゃぶしゃぶとは少し異なる食べ方をします。

日本ではスープの入ったお鍋にお肉や野菜をくぐらせて、それをポン酢や胡麻ダレでいただきますよね。ではモンゴルしゃぶしゃぶの場合はどうかと言うと。

タレは付けるのではなく「入れる」日本との違いを楽しんで!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

鍋と一緒に出される2種類のタレ(魚介ベースの少し甘めのタレと、ねっとりと濃厚な胡麻ダレ)を専用鍋の中に適量入れ、鍋のスープを自分好みに味付けします。一度に沢山入れるのでなく、少しずつ調整・味見をしながら味付けしましょう。

もちろん、日本と同じようにスープにくぐらせたお肉をタレにつけて食べても良いのですが、是非ここはモンゴル風の食べ方を体験してみて!

タレは付けるのではなく「入れる」日本との違いを楽しんで!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

2種類のタレでスープに好みの味付けしたら、お肉や野菜をくぐらせます。お肉や野菜に火が通ったら、器に取って食べましょう。味付けしたスープも一緒に食べると、より一層美味しくいただけますよ!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

羊肉に馬肉。モンゴルらしい食材をしゃぶしゃぶ!

羊肉に馬肉。モンゴルらしい食材をしゃぶしゃぶ!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

モンゴルしゃぶしゃぶで食べられるお肉は種類が豊富!スタンダードな牛肉や豚肉もありますが、モンゴルに来たからには食べておきたいのが羊肉や馬肉。

羊肉は牛肉や豚肉に比べクセがあり、そのニオイや味が苦手、という方もいるかと思います。しかし「The Bull」のしゃぶしゃぶ用に薄く切られた羊肉は新鮮で、食べづらいクセはありません。しゃぶしゃぶのスープにくぐらせることでより食べやすくなり、あっという間にペロリと一皿平らげてしまいます。クセはないものの、牛肉や豚肉とは違った羊肉の風味をしっかりと味わうことが出来ます。

「The Bull」はお肉が美味しいだけでなく、お財布に優しいリーズナブルなお店。羊肉は1皿7,800MNT(約310円)、馬肉は1皿7,100MNT(約283円)とお手頃価格。2人での食事なら、お肉を2〜3皿頼めばお腹がいっぱいになります。

羊肉に馬肉。モンゴルらしい食材をしゃぶしゃぶ!

写真:SAORI GRAPH

地図を見る

お肉以外にも、野菜の盛り合わせや〆の麺などメニューは豊富。〆の麺は色によって風味が異なるので、見た目だけでなく味もしっかり楽しめます。

野菜の盛り合わせには、しゃぶしゃぶでお馴染みの白菜やキノコ類だけでなく、キュウリやジャガイモといった野菜もあり、1皿頼むだけで沢山の野菜を食べることが出来ます。

「The Bull」のモンゴルしゃぶしゃぶで、羊肉をはじめとしたモンゴルの食材を思う存分味わってみて下さい!

The Bullの基本情報

<The Bull -1>
住所:Khuuhdiin,SeoulSt100,Ulaanbaatar 14252
電話番号:+976-7011-0060
アクセス:ソウルストリート沿い、スフバートル広場から車で11分

<The Bull -2>
住所:Baruun 4 zam, Ulaanbaatar Ulaanbaatar, Ulaanbaatar 16050
電話番号:+976-7011-1212
アクセス:スフバートル広場から車で15分

<The Bull -3>
住所:J.Sambuu St 32, Bluemon 14200
電話番号:+976-7710-0060
アクセス:スフバートル広場から徒歩8分

<The Bull Naadam Center>
住所:Naadam Center, Ulaanbaatar
電話番号:+976-7701-1212
アクセス:ナショナル・スポーツ・スタジアムのすぐそば

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/10−2019/06/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -