絶景聖地!「デビルズタワー」へアメリカドライブ旅

絶景聖地!「デビルズタワー」へアメリカドライブ旅

更新日:2019/09/15 18:26

林 ぶんこのプロフィール写真 林 ぶんこ 四国の山道探検家、0850ライダー
アメリカ北西部、サウスダコタ州に近いワイオミング州の北東に広がる大平原に突然現れる巨大な岩山「デビルズタワー」。先住民族からは「ベアロッジビュート」などと呼ばれ、神聖な儀式が行われる聖地でもあるこの場所は、1906年にアメリカ初の国立モニュメントに指定された絶景スポット。

巨大な切り株のような不思議な岩の造形と、アメリカならではの雄大な大自然を体感するドライブ旅へ出かけてみませんか。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

デビルズタワーへの行き方

デビルズタワーへの行き方

写真:林 ぶんこ

地図を見る

ワイオミング州の北東の端、デビルズタワー周辺には鉄道もバス路線もありませんので、レンタカーを利用することになります。

日本から訪れる場合は、シカゴあるいはダラスの国際空港から国内線に乗り換えてサウスダコタ州のラピッドシティ空港まで行き、そこでレンタカーを借りてデビルズタワーを目指します。

ラピッドシティからは約180q、I-90を西へ向かって約2時間ですが、なるべくなら太陽が東にある午前中に訪れた方が、デビルズタワーの撮影にはおすすめです。

最寄りの町ヒューレットからは約10分、サンダンスからは約30分のドライブ。緑の平原の中に突如、巨大な木の切り株のようなデビルズタワーが現れます。

デビルズタワーへの行き方

写真:林 ぶんこ

地図を見る

デビルズタワーの近くにある土産物屋が、この「Devils Tower Trading Post」。Tシャツや帽子にキーホルダーなどのお土産に食料品、それに1977年公開のスピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」のロケ地だったことから、宇宙人グッズなども売られています。

モニュメント内には食べ物や飲み物は販売されていませんので、必要な場合はここか入場ゲートすぐ横のショップで調達しておきましょう。

デビルズタワーへの行き方

写真:林 ぶんこ

地図を見る

入園ゲートは一つしかないので、オンシーズンにはゲート前には入園を待つ車の列が出来ています。入園料は7日間有効のパスという体系で車1台25ドル、バイク1台20ドル。

他にイエローストーンやバッドランズなどの国立公園も周遊するなら、アメリカ国立公園への年間パス「The U.S. Park Pass」(車1台80ドル)を買っておくのがお得です。

園内ではキャンプも可能。その場合は入場料とは別に、スタンダードサイトで1泊20ドル、グループサイトで1泊30ドルが必要。

デビルズタワーは巨大なマグマのかたまり

デビルズタワーは巨大なマグマのかたまり

写真:林 ぶんこ

地図を見る

海抜約1295mの地に立つ、高さ265mのデビルズタワーは、マグマの巨大なかたまりです。

約5〜6千万年前のロッキー山脈とブラックヒルズ山地が隆起した時代、地球深層部を流れるマグマが地上付近まで噴出し、地下で冷やされて固まりました。その後、数百万年という長い年月をかけて周りの柔らかい大地は浸食され、削り取られていきましたが、マグマが固まって出来た固い火成岩だけが残り、このような形の岩山となりました。

デビルズタワーは巨大なマグマのかたまり

写真:林 ぶんこ

地図を見る

マグマは冷えると収縮して割れ、細長い柱状になります。デビルズタワーを構成している柱状の岩は、大きなもので直径2.5mほどあるのだとか。

「この柱状岩石をよじ登りたい!」とデビルズタワーはロッククライマー憧れのスポットにもなっています。現在、世界中から年間5千人を超えるクライマーたちがこの岩山に登頂し、頂上までは220以上のルートが確立されています。登ってみたい方は、登はん前にビジターセンターに届け出て、許可をもらっておけばOKです。

デビルズタワーは巨大なマグマのかたまり

写真:林 ぶんこ

地図を見る

また、ここはアメリカ先住民たちの聖地でもあり、さまざまな儀式や修行がモニュメント内で行われています。トレイルを歩くと、付近の樹木に布切れやアクセサリーのようなものが結びつけられているのを目にします。これらは先住民の祈りがこめられた大切な物なので、さわらないようにしましょう。

”デビルズタワー”と言う英語名は1875年に付けられたものですが、先住民の間では、柱状の割れ目はクマがひっかいた爪の跡とされており、「ベアロッジビュート=Bear Lodge Butte(クマの家の山)」などと呼ばれています。

キオワ族の伝説にこんな話があります。

昔、7人の姉と1人の弟が遊んでいた時に、突然弟がクマに変身し姉たちを攻撃し始めました。驚いた姉たちは近くにあった大きな切り株に登り、クマを避けようとしましたが、クマは大きな爪で切り株をひっかき、よじ登り始めました。そのとたん切り株が天に向かってぐんぐん上昇し、姉たちを天に届けました。姉たちはそのまま天に住んでプレアデス星団になりました。

ビジターセンターの奥の壁には、この伝説のワンシーンを描いた絵が飾られています。

トレッキングでデビルズタワーの周りを一周

トレッキングでデビルズタワーの周りを一周

写真:林 ぶんこ

地図を見る

周辺にはいくつかのトレイルがあり、モニュメント内をトレッキングで楽しめるようになっています。

一番人気なのが、約4.5qのRed Beds Trail。50分ほどかけてデビルズタワーの麓を一周するコースです。アスファルトで舗装されたトレイル沿いには、岩山の成り立ちや周辺の自然についての解説が書かれた看板がいくつか設置されており、楽しみながらデビルズタワーについて学べます。

トレッキングでデビルズタワーの周りを一周

写真:林 ぶんこ

地図を見る

眺める方角によって、デビルスタワーの姿も変わります。

トレッキングでデビルズタワーの周りを一周

写真:林 ぶんこ

地図を見る

標高約1,300mの高地に立つデビルズタワー。岩山の頂上に登らなくても、タワーの南側のトレイルからは、周囲の平原を一望できるこのような、素晴らしい眺めが楽しめます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

プレーリードッグ観察もできる

プレーリードッグ観察もできる

写真:林 ぶんこ

地図を見る

モニュメント内のピクニックエリアの周辺の草原は、プレーリードッグタウン(Prairie Dog Town)と呼ばれるプレーリードッグの生息地。

草原にはたくさんの巣穴があり、プレーリードッグたちがそこから顔をのぞかせています。

プレーリードッグ観察もできる

写真:林 ぶんこ

地図を見る

しばらくじっとしていると、プレーリードッグもこちらに興味を持ってくれるのか、近くの巣穴から出てきて、近い距離から観察させてくれるようになります。可愛い動物ですが、なんといっても野生の動物なので危険です。絶対に触ろうとしないでください。エサをあげることも禁止されています。

デビルズタワーの基本情報

Devils Tower National Monument
住所:149 State Highway 110, Devils Tower, WY 82714
電話番号:+1-307-467-5283

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -