ホイアンにも1泊!ダナン初心者におすすめの2泊3日モデルコース

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ホイアンにも1泊!ダナン初心者におすすめの2泊3日モデルコース

ホイアンにも1泊!ダナン初心者におすすめの2泊3日モデルコース

更新日:2019/08/29 11:31

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター
日本人の観光客にも大人気のアジアンビーチリゾートに成長している、ベトナム中部のダナン・ホイアン。初めの方には週末を絡めて最短3日間で主要な観光地を巡れるコンパクト観光エリアです。しかも内容も、ベトナム市場あり、夜のお楽しみあり、パワースポットあり、世界遺産の古都ありの充実ぶりです。ダナンに1泊し、更に夜のランタンをゆっくり鑑賞する為にも、ホイアンにも1泊して楽しむ充実モデルコースを紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1日目午後:ダナンのビーチと旧市街散策

1日目午後:ダナンのビーチと旧市街散策

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

初日の午後はダナンで一番賑やかな「ミーケビーチ」を堪能しましょう。ヤシの葉で作ったパラソルや、ビーチすぐのカクテルスタンドやカフェでは食事可能です。皆さんが想像するビーチリゾートがそのままここにはあります。
ホテルもビーチと道を1本挟んですぐのストリートにずらりと並んでいます。そこを選べばビーチアクセスは抜群ですね。

1日目午後:ダナンのビーチと旧市街散策

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

夕方涼しくなってから旧市街地巡りをしてみましょう。アーケードのような作りでダナン駅からも近く賑やかな「コン市場」や、ダナン大聖堂にも近く、巨大なモールのようになっている「ハン市場」などベトナムらしさを味わうには市場巡りはもってこいですね。
写真はコン市場ですが、夕方からは中央部分に出店がせり出してきて、賑やかさを増します。

1日目午後:ダナンのビーチと旧市街散策

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ピンク色のダナン大聖堂はとても優雅な佇まいで皆さんを迎えてくれます。平日でも月〜土曜日には17:00からミサも開かれています。観光客でも参加・見学できますのでどうぞ!

<ダナン大聖堂の基本情報>
住所:156 Duong Tran Phu, Hai Chau 1, Hai Chau, Da Nang
アクセス:ダナン駅からもビーチからもタクシーで約10分ほど

1日目夕方〜夜:ダナン名物麺類・ロン橋・夜のビーチ

1日目夕方〜夜:ダナン名物麺類・ロン橋・夜のビーチ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ダナンに来たなら「ミークアン」は絶対に食べて欲しい麺類です。ベトナム中部クアンナム地方の家庭料理で、フォーの麺より少し分厚くモチっとした食感の米麺に、魚介や肉の旨みがギュっと詰まった濃厚スープが控えめにかけて出される麺料理です。一緒に出される野菜をたっぷりと入れて食べるのが美味しさの秘訣です。
ダナン駅からも東に約15分、大聖堂からも北西に約15分の徒歩圏内にある、その名も「ミークアン1A」で食べる事ができます。

<ミークアン1Aの基本情報>
住所:1 Hai Phong, Thach Thang, Hai Chau, Da Nang
連絡先:+84-236-3827-936
営業時間:6:00〜21:00 無休
アクセス:大聖堂より北西へ徒歩約15分

1日目夕方〜夜:ダナン名物麺類・ロン橋・夜のビーチ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ミーケビーチと旧市街の間を横切るハン川に架かる「ロン(ドラゴン)橋」は鋼鉄製の龍の造形が話題を呼んでいます。特に週末の夜に行われるファイヤーショーは一見の価値有りです。ショーが始まる20:45前には周辺はとっても混み合いますので、良い場所取りには早めに行きましょう。
*ロン橋の記事は下記関連MEMO参照

<ロン橋の基本情報>
住所:Cau Rong, Phuoc Ninh, Son Tra, Da Nang
アクセス:ダナン大教会から徒歩15分程
利用料:無料
ショーの時間:土・日・祝日の20:45頃から15分程

1日目夕方〜夜:ダナン名物麺類・ロン橋・夜のビーチ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

夜のミーケビーチはとってもキレイにライトアップされています。暑い日中とは違い、涼しいビーチ散歩は最高です。食後のカフェも、夜のカクテルも最高に美味しいですよ。ダナンでは絶対にミーケビーチ沿いのホテルでの1泊をおススメします。
*ダナン・ミーケビーチ沿いのホテルについては下記関連MEMO参照

2日目午前:パワースポットの五行山巡り

2日目午前:パワースポットの五行山巡り

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

2日目にはホイアンに向かう途中にある「五行山」に立ち寄ってみましょう。洞窟寺院がたくさんあり、山頂からは他の4つの山やダナン市街までの絶景が望めるパワースポット「トゥイソン山」を目指しましょう。

2日目午前:パワースポットの五行山巡り

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

別名「マーブルマウンテン」とも呼ばれる五行山は大理石でできており、5つの山で構成されています。この5つの山は風水でも有名な陰陽五行説を元に名付けられており、あちこちにパワースポットが点在しています。洞窟寺院までの道のりにもたくさんの龍神が見守る聖地などに出会えます。

2日目午前:パワースポットの五行山巡り

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

トゥイソン山最大の見所であり、洞窟の最深部にある最強のパワースポットが「フェンコン洞窟」です。チャム族の寺の名残の寺院跡や岸壁の中腹にある大仏なども巨大で見応えがあります。
また、ベトナム戦争の際に投下された爆弾により空いた穴からは、光の筋が何本も射してきて、更に幻想的になります。
*五行山の詳しい記事は下記関連MEMO参照

<五行山の基本情報>
住所:2737+V9 Hoa Hai, Ngu Hanh Son, ダナン
電話番号:+84-511-3836-355
アクセス:ダナン市内 or ビーチ沿いよりタクシーで約20分
拝観時間:7:00〜17:00 無休
入場料:チケットのみ40,000ドン エレベーター込み52,000ドン

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

2日目午後〜夜:ホイアンの夕方と夜を楽しむ

2日目午後〜夜:ホイアンの夕方と夜を楽しむ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

五行山からホイアンへはタクシーで約30分程で到着します。ホイアンは河口に開けた港町で古都として世界遺産にも登録されています。昼間は暑いので、午後遅くから夕方にかけて街巡りをしてみましょう。川沿いの古民家巡りやカフェタイムにちょうど良いですね。

2日目午後〜夜:ホイアンの夕方と夜を楽しむ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ホイアンでは観光総合チケットを購入することで、古い建築物に5つ入場可能です。22ヶ所の物件から巡りたい物件を事前に下調べをして巡ってみましょう。
写真の来遠橋(日本橋)では、日本人町があった時代の生活感ある様子や、完成当時の来遠橋の写真展示があったり、夜にはライトアップもされ、見所の一つです。

<来遠橋の基本情報>
住所:Nguyen Thi Minh Khai, Phuong Minh An, Hoi An
営業時間:24時間

2日目午後〜夜:ホイアンの夕方と夜を楽しむ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ホイアンと言えばなんと言ってもランタン灯る夜のイメージですよね。メイン通りのチャンフー通りを中心に旧市街地はどこも雰囲気の良いランタン通りとなっています。フォトジェニックな写真は、ナイトマーケット入り口のランタン屋台前で撮影できますよ。
ホイアンに宿泊することで、観光客が帰った後でもゆっくりとホイアンの夜を満喫できるのがこのモデルコースのおススメポイントです。

3日目午前:朝方の優雅な雰囲気のホイアン散策を楽しむ

3日目午前:朝方の優雅な雰囲気のホイアン散策を楽しむ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ホイアンで朝を迎えると、昨晩の混み具合がウソのようです。静かで優雅な朝のホイアンをゆっくりと散歩できるのも、ホイアンに1泊するコースだからですね。

3日目午前:朝方の優雅な雰囲気のホイアン散策を楽しむ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

前日に見逃している観光名所があるかもしれませんね。そんな時にはシクロの観光案内がおススメです。夕方は人混みが凄くてほとんど進めないシクロも、朝方はスイスイと進んで行きます。8:30から開館している名所も多いので、効率良く残りの観光名所を巡りましょう。

3日目午前:朝方の優雅な雰囲気のホイアン散策を楽しむ

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ホイアンでの昼食は、古民家を改装したお洒落なカフェでどうぞ。お手軽にベトナム料理を食後のカフェと一緒に注文できるのでおススメです。

ダナン国際空港まではホイアンからシャトルバスが1日6便運行されているので、帰りの飛行機の時間に合わせて調整してみて下さい。

ダナン周辺は見所多し!再訪して欲しい大注目の観光地

日本の皆さんにも人気急上昇のダナン・ホイアンの3日間のモデルコースはいかがでしたか?ダナンに1泊・ホイアンに1泊するコースですが、まだまだご紹介できていない見所も満載です。両観光地はビーチリゾートホテルも格安なので、二回目以降は連泊も視野に入れ、世界遺産のフエ・バーナーヒルリゾート・ミーソン遺跡なども織り交ぜて、ゆっくり滞在してみることをおススメします。是非、再訪してみて下さい。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/11−2019/01/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -