香川県こんぴら参りの後は「琴参閣」の高級客室「飛天館」で過ごそう

香川県こんぴら参りの後は「琴参閣」の高級客室「飛天館」で過ごそう

更新日:2020/01/24 12:04

Happy ブンブンのプロフィール写真 Happy ブンブン
香川といえば「こんぴらさん」ですね。785段の階段を往復して、お参りしたご褒美に贅沢な滞在はいかがですか?表参道から約5分の好立地に建つ「琴参閣」は、ことひら温泉でも最大規模の大型旅館。そして「琴参閣」に泊まるなら、グレードの高い新館「飛天館」がおすすめ。部屋はこんぴらさんに面しており、特に高層階の客室からは、大きな窓の向うに御本宮を見る事が出来ます。旅の思い出に残る滞在ができるお宿です。

ことひら温泉最大規模の「琴参閣」は立地も最高

ことひら温泉最大規模の「琴参閣」は立地も最高

写真:Happy ブンブン

地図を見る

香川県を代表する観光スポットとして有名な「金刀比羅宮」の麓に建つ「琴参閣」は20以上の客室を誇る大型旅館です。JRの「琴平駅」と「金刀比羅宮」表参道の中間に位置していて、どちらも徒歩で僅か5分という最高の立地となっています。

ことひら温泉最大規模の「琴参閣」は立地も最高

写真:Happy ブンブン

地図を見る

ロビーは新館となる「飛天館」にあり、正面には手入れの行き届いた日本庭園を見る事が出来ます。写真の左側の売店では、讃岐名物「さぬきうどん」を始め、讃岐の名産品・特産品が多数用意されています。

ことひら温泉最大規模の「琴参閣」は立地も最高

写真:Happy ブンブン

地図を見る

今回はグレードの高い「飛天館」での贅沢な滞在を紹介します。チェックインが終わると2階にある茶室で抹茶を点ててくれます。抹茶とお菓子をいただく場所は、吹き抜けになっているので、ロビーの様子も見える開放的なスペース。またこの階には飛天館宿泊者専用の個室食事処「一力茶屋」もあります。

施設内は驚きの見どころが満載

施設内は驚きの見どころが満載

写真:Happy ブンブン

地図を見る

3階の「飛天館」と「讃水館」を結ぶ渡り廊下「琴参道」には、大型旅館ならではの歴史ある骨董品や、調度品が飾られています。展示品の中には、内閣総理大臣賞受賞作品もあるので「讃水館」にある大浴場などの施設を利用するときは、是非「琴参道」を利用してください。

施設内は驚きの見どころが満載

写真:Happy ブンブン

地図を見る

新館の「飛天館」の宿泊プランを利用すると食事の場所を指定することが出来ます。お勧めなのが写真の個室食事処「一力茶屋」を利用するプラン。趣のある入り口の向うは各部屋ごとの個室が用意され、誰にも気を使う事なく、ゆっくりと「琴参閣」の料理を楽しめます。

讃岐の贅を尽くした「飛天館」の客室で寛ぐ

讃岐の贅を尽くした「飛天館」の客室で寛ぐ

写真:Happy ブンブン

地図を見る

全255室ある客室ですが、おすすめの「飛天館」の客室は僅か37室しかありません。今回紹介する二間和室の部屋は、ゆったりとした造りだけでなく、部屋にマッサージチェアも用意されているので、旅の疲れも癒すことが可能。主室は部屋一面の大きな窓になっており、そこからは「金刀比羅宮」のある象頭山も見る事が出来る魅力的な部屋となっています。

讃岐の贅を尽くした「飛天館」の客室で寛ぐ

写真:Happy ブンブン

地図を見る

窓際にはソファセットも用意されているので、座るのが苦手な人はこちらでゆったりと腰を下ろして景色を楽しめます。この部屋にはマッサージチェアがあるので、こんぴらさんの御参りの疲れも部屋でほぐせます。

讃岐の贅を尽くした「飛天館」の客室で寛ぐ

写真:Happy ブンブン

地図を見る

こんぴらさんの御本宮までは、表参道から785段の階段を上がって行かなければ辿り着けませんが、この部屋の窓から見える象頭山の中腹に御本宮があるので、双眼鏡やカメラのズームを使えば、壮厳な神殿の姿を見る事が出来ます。部屋にいながら、楽して御本宮を見れちゃいますね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

飛天館専用の展望浴室でプレミアムな時間を

飛天館専用の展望浴室でプレミアムな時間を

写真:Happy ブンブン

地図を見る

香川県の温泉と言えば、真っ先に浮かぶのが「こんぴら温泉」と言っても過言ではありません。「讃水館」の1階には四国でも有数の大浴場「ことひら温泉」も用意されていますが、今回は「飛天館」の宿泊者専用の展望風呂の紹介です。

写真の休憩所は無料の飲物が用意され、部屋から見る景色とは違う「琴平駅」などの街の景色が楽しめます。

飛天館専用の展望浴室でプレミアムな時間を

写真:Happy ブンブン

地図を見る

「飛天館」の宿泊者専用の展望浴室「八雲の湯」は、最上階となる10階にあり、こんぴらさんを眼下に絶景を眺めながらの入浴が楽しめます。泉質は単純放射能冷鉱泉で、「万病の湯」とも言われるこの温泉は神経痛や痛風などに効果があると言われています。

飛天館専用の展望浴室でプレミアムな時間を

写真:Happy ブンブン

地図を見る

こちらの露天風呂からは、こんぴらさんだけではなく琴平線の終点駅となる「琴電琴平駅」や、遠くには四国の山並みや瀬戸大橋を見る事も出来ます。象頭山の案内板もあるので、露天風呂に浸かりながらこんぴらさんの御本宮や厳魂神社(奥社)を探してみるのも楽しいですよ。まさに飛天館宿泊者のみに許されるプレミアムな時間です。

個室食事処「料亭一力茶屋」で「瀬戸内懐石」を満喫

個室食事処「料亭一力茶屋」で「瀬戸内懐石」を満喫

写真:Happy ブンブン

地図を見る

「飛天館」の夕食は、瀬戸内の海の幸、讃岐の里の幸を厳選した「瀬戸内懐石」をいただきます。食事場所は数寄屋造りの「料亭一力茶屋」の個室確約プランがお勧めです。
お造りは瀬戸内海を代表する魚の王様「真鯛」を中心に脂の乗った鰤に鮪が加わります。

個室食事処「料亭一力茶屋」で「瀬戸内懐石」を満喫

写真:Happy ブンブン

地図を見る

メインの料理となる国産牛の陶板焼きは、しめじ、パプリカ、ブロッコリーに加えジャガイモの希少種として知られる「インカのめざめ」と共にいただきます。前菜から始まり、最後のデザートまで約10品の会席料理となっています。

個室食事処「料亭一力茶屋」で「瀬戸内懐石」を満喫

写真:Happy ブンブン

地図を見る

御食事は白米以外のお米も用意されています。何種類の中から選べるのですが、この日は、お勧めの体にやさしい十一穀米をチョイス。香川県では外せない讃岐名物の「さぬきうどん」と共に「瀬戸内懐石」を締めます。

「琴参閣」は旅のスタイルに合わせて選べるプランが満載

今回の「飛天館」は記念日などにぴったりの贅沢な客室の紹介でしたが、「琴参閣」はそれぞれの旅のスタイルに合わせた滞在が出来る事も魅力です。リーズナブルに温泉を楽しめるホテルとして「讃水館」利用するビジネスマンから、「飛天館」でも最高峰の露天風呂付客室まで、客室はもちろんの事、食事のプランも様々です。こんぴら参りなどの観光だけでなく、ビジネスなどにも最適な施設といえます。

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/21−2019/05/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -