滋賀県の新紅葉名所!?鯖街道の秘境「おにゅう峠」が絶景

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

滋賀県の新紅葉名所!?鯖街道の秘境「おにゅう峠」が絶景

滋賀県の新紅葉名所!?鯖街道の秘境「おにゅう峠」が絶景

更新日:2019/08/24 19:24

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 アウトドアライター、自転車旅フォトグラファー、絶景道オタク

滋賀県の紅葉名所と言えばマキノ町のメタセコイアの並木道が有名ですが、いま密かに人気を博しているのが高島市にある「おにゅう峠」。国道367号から朽木渓流を分岐する旧鯖街道の一つで、滋賀と福井の県境に位置するこの峠は、10月中旬になると道一帯の木々が色づき、鮮やかかつ幻想的な紅葉のパノラマを見せてくれます。また運が良いと雲海とのコラボレーションが見られることも!秘境オブ秘境の峠ですが、一訪の価値あり!

関西屈指の旧街道・国道367号線が示す鯖の道

関西屈指の旧街道・国道367号線が示す鯖の道

提供元:福井県観光連盟

http://www.sozai.fuku-e.com地図を見る

京都市左京区の出町柳と、福井県若狭をつなぐ国道367号線は、古来より鯖街道と呼ばれ、鉄道や自動車が発達する以前には、若狭湾で採れる魚介類の輸送ルートとして栄えました。今でもその名残からか、鯖街道の各所では鯖寿司のお店を見ることができます。特徴は比良山地と丹波高地に囲まれた渓谷沿いを走る道で、一年を通して冷涼。物資の輸送には適していたと言えるでしょう。

関西屈指の旧街道・国道367号線が示す鯖の道

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな鯖街道ですが、実は広義的に見れば、この一本の道だけでなく、様々に支脈していました。今回紹介する「おにゅう峠」もその一つ。滋賀県高島市の朽木渓流沿いから、ひたすら北西へと進み、百里ヶ岳の山頂付近を通り、若狭湾へと至ります。上りがキツいですが、距離としては最短経路を取るルートです。古来より使われてきたこのルートではあるものの、舗装化が始まったのは最近!そして2018年頃までGoogleマップに道が登録されていない秘境峠として扱われていました。

心洗われる渓流とポツポツと染まる紅葉!癒しの朽木渓流

心洗われる渓流とポツポツと染まる紅葉!癒しの朽木渓流

写真:土庄 雄平

国道367号線から分岐し、高島市朽木へ車を進めていけば、そこには実に美しい渓流が現れます。透き通った水色の川が優しく流れ、そこを包み込む木々。夏には新緑、そして秋にはポツポツと紅葉が染まり、癒しの自然景観が広がります。特におすすめは、分岐から”いこいの里 久多キャンプ場”に至るまでの区間。二つの橋が現れ、ワインディングに富んだ道から見られる渓流の趣ある佇まいに、きっと癒されることでしょう!

心洗われる渓流とポツポツと染まる紅葉!癒しの朽木渓流

写真:土庄 雄平

そんな朽木渓流沿いの道が15km以上続いていきます。アップダウンも少なく、少し細い箇所はあるものの、走りやすい林道です。所々現れる小さな集落も味があり、道のすぐ横にはひたすらに美しい清流が沿い、マイナスイオンたっぷり!思わず立ち止まりたくなる景観の連続です。

鯖街道の秘境「おにゅう峠」が魅せる美しい紅葉パノラマ

鯖街道の秘境「おにゅう峠」が魅せる美しい紅葉パノラマ

写真:土庄 雄平

地図を見る

朽木渓流を15km程進むと、大きな谷に当たり、その頂上付近に位置するのが「おにゅう峠」!実は、滋賀県側が小入谷、福井県側が遠敷谷となっていますが、どちらも読み方は同一であり、それ故に平仮名で「おにゅう」と名付けられました。この峠道ですが、舗装されているのは滋賀県側のみ!頂上以北は、未だに未舗装路のままになっています。峠には平成15年に開通した碑が建てられ、まさにおNewな峠と言えるでしょう!

鯖街道の秘境「おにゅう峠」が魅せる美しい紅葉パノラマ

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな、知る人ぞ知るマイナーなこの峠が近年話題になっている理由は「紅葉」です!10月下旬から11月上旬にかけて、ヤマモミジなど一帯の木々が林道を色鮮やかに彩り、心躍らせる絶景を見せてくれます。特に峠に至るまでの中盤のワインディングからは、今まで進んできた道の導線が紅葉の木々によって浮かび上がり、唯一無二かつ幻想的なパノラマ!溢れんばかりの赤・黄・オレンジ色と道のコントラストは筆舌に尽くしがたい美しさです。

鯖街道の秘境「おにゅう峠」が魅せる美しい紅葉パノラマ

写真:土庄 雄平

地図を見る

また、この秘境と言うべき峠の立地上、土日でも混んでおらずゆっくりと紅葉を満喫できるのも嬉しいところ。静寂かつひたすらに美しい「おにゅう峠」の紅葉を心ゆくまで堪能しましょう!なお、テクニカルなカーブが多く、展望の変化があることから、林道好きな二輪ツーリストも多く訪れます。バイクで紅葉彩る道に下っていく姿はとても絵になりますね。

雲海と紅葉が魅せる奇跡の絶景

雲海と紅葉が魅せる奇跡の絶景

提供元:公益社団法人 びわ湖高島観光協会

https://takashima-kanko.jp/spot/2018/06/post_171.h…地図を見る

そんな素晴らしい紅葉を誇る「おにゅう峠」の代名詞こそ、紅葉と雲海のコラボレーション!朝と日中で寒暖差の大きくなる10月〜12月には、雲海の発生することがあり、運が良ければ雲海の中に、紅葉に彩られた山々が浮かぶ奇跡の絶景を見ることができます。そして、その峰を伝う道は、まさに「天空の道」と呼ぶにふさわしい様相!訪れる人々の心を魅了する神秘のパノラマです。

雲海と紅葉が魅せる奇跡の絶景

提供元:公益社団法人 びわ湖高島観光協会

https://takashima-kanko.jp/spot/2018/06/post_171.h…地図を見る

しかし、雲海の発生時間は、日の出から数時間であり、発生するかどうかも運次第なので、中には5回以上訪れて初めて見られた!という人も。夜道の運転が強いられるほか、紅葉の最盛期には夜中でも渋滞することがあり、ハードルはやや高いですが、この絶景を見られれば、その苦労も吹き飛ぶこと間違いなし!

滋賀の新紅葉名所「おにゅう峠」の絶景を見に行こう!

滋賀の新紅葉名所「おにゅう峠」の絶景を見に行こう!

写真:土庄 雄平

地図を見る

琵琶湖の北西部に位置する滋賀県高島市。どうしても琵琶湖の湖岸側や、紅葉にしても関西を代表するメタセコイアの並木道に注目が行きがちですが、実はそのポテンシャルは、湖から一つそして二つ山を隔てた山深い秘境に隠されています。生命力溢れる自然と渓流、そしてその先に広がる鮮やかに山肌を彩る圧倒的な紅葉。運次第では雲海とのコラボレーションをなし、それはまさに奇跡の絶景!今秋、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

おにゅう峠の基本情報

住所:滋賀県高島市朽木小入谷
アクセス:高浜市街から車で1時間半

※備考
国道367号線との分岐以降は道が細いのでご注意ください。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -