ロマノフ皇帝の夏の邸宅!サンクトペテルブルク郊外「ガッチナ宮殿」

| ロシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ロマノフ皇帝の夏の邸宅!サンクトペテルブルク郊外「ガッチナ宮殿」

ロマノフ皇帝の夏の邸宅!サンクトペテルブルク郊外「ガッチナ宮殿」

更新日:2019/08/24 20:46

豊島 リューバのプロフィール写真 豊島 リューバ ユーラシアの言語と文化の愛好家
サンクトペテルブルクには、ロマノフ王朝ゆかりの宮殿がたくさんあります。日本人に有名なのは、冬の宮殿エルミタージュ、琥珀の間があるエカテリーナ宮殿…などでしょうか。今回、マルシルートカ(バス)やエレクトリーチカ(電車)を使ってサンクトペテルブルクから行くことができる、サンクトペテルブルク郊外ガッチナのロマノフ王朝ゆかりの宮殿を紹介します!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

ロマノフ皇帝の夏の邸宅、ガッチナ宮殿!

ロマノフ皇帝の夏の邸宅、ガッチナ宮殿!

写真:豊島 リューバ

地図を見る

ガッチナはサンクトペテルブルクから南に位置する、レニングラード州の都市です。ガッチナの有名な観光地といえば、この写真のガッチナ宮殿です。ガッチナ宮殿は、ユネスコの世界文化遺産「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物」のうちの一つです。

ガッチナ宮殿と隣接する庭園の設計にあたってエカテリーナ2世は、イタリアの建築家アントニオ・リナルディを招きました。彼は宮殿をクラッシック様式で設計しました。有名なエルミタージュやエカテリーナ宮殿などのバロックスタイルで建てられた宮殿とは一味違います。

隣接する庭園については後程紹介します。

ロマノフ皇帝の夏の邸宅、ガッチナ宮殿!

写真:豊島 リューバ

地図を見る

ガッチナ宮殿は元々、エカテリーナ二世が寵愛人の一人、軍人グリゴリー・オルロフのために建てた宮殿です。

オルロフの死後は、エカテリーナ二世の息子で皇太子のパーヴェル1世に宮殿は与えられ、その後のロマノフ皇帝たちの夏の邸宅となりました。人によってはガッチナ宮殿のことを、ロマノフ皇帝たちのダーチャ(別荘)と呼びます。

写真は宮殿の広場に建っているパーヴェル1世の像です。

ロマノフ皇帝の夏の邸宅、ガッチナ宮殿!

写真:豊島 リューバ

地図を見る

現在宮殿は、一般の人たちが訪れることができる博物館になっていて、宮殿内では、ガッチナにまつわるロマノフ王朝や皇帝たちの歴史に関するものが展示されています。

壮麗なマリア・フョードルヴナの部屋

壮麗なマリア・フョードルヴナの部屋

写真:豊島 リューバ

地図を見る

ガッチナの宮殿における一番のおすすめは、このマリア・フョードルヴナの部屋です!水色と金色に彩られた美しい空間にうっとりしてしまいます。

マリア・フョードルヴナは、パーヴェル1世の妻で、1801年にパーヴェル1世が暗殺されてから1828年以亡くなるまで、ガッチナ宮殿の所有者でした。

壮麗なマリア・フョードルヴナの部屋

写真:豊島 リューバ

地図を見る

金の枠に囲まれた鏡をのぞき込むと、向かい側の鏡と対して、どこまでも続く鏡の世界に吸い込まれそうな感覚になります。

鏡の周りの金縁や水色の壁に施された装飾も非常に繊細でとても美しいです。

苦い歴史の保存

苦い歴史の保存

写真:豊島 リューバ

地図を見る

ガッチナ宮殿は、第二次世界大戦期に、ナチスドイツ軍により壊され、宮殿内の品々は略奪されました。ガッチナ宮殿において、部屋の一部が、壊された当時のまま保存されています。

写真の左に壁にかかった絵画が剥がされた痕が見えます。痛々しいですが、これがガッチナの悲しい歴史です。今あるガッチナ宮殿は、戦後に修復して建てられたものなのです。

苦い歴史の保存

写真:豊島 リューバ

地図を見る

このような、破壊される以前の部屋がどのような姿であったのかを示すパネル説明もあります。

ガッチナ宮殿における戦争の爪痕は、戦争の悲惨さを、現代の私たちに静かに訴えかけています。美しい宮殿の内部の再現は、戦後の復興の賜物なのです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

憩いのガッチナ庭園

憩いのガッチナ庭園

写真:豊島 リューバ

地図を見る

さて、明るい話に戻りましょう!先ほどエカテリーナ二世がガッチナ宮殿を建てた際に、庭園も隣接して作らせたということを述べました。

そう、ガッチナ宮殿の隣には、美しく広い庭園が隣接しています!

憩いのガッチナ庭園

写真:豊島 リューバ

地図を見る

豊かな自然と水辺の景色を満喫しましょう!

ところどころにベンチもあるので、ちょっとした食べ物を持っていればピクニックも楽しめます。

憩いのガッチナ庭園

写真:豊島 リューバ

地図を見る

散策していると、このような橋もあります。橋をバックにした写真を撮ると素敵かも!

ロマノフ皇帝ゆかりの宮殿と庭園を見学に、ガッチナに足をぜひ足を運んでみてください。

ガッチナの町

ガッチナの町

写真:豊島 リューバ

地図を見る

ガッチナ宮殿周辺の景色を少しここで紹介します。

ガッチナ宮殿の周囲には、写真のようなかわいらしい下町が広がっています。通り沿いにはカフェやレストランがありますよ。

ガッチナの町

写真:豊島 リューバ

地図を見る

緑のクポラ(円屋根)を頂いた、黄色いユニークな正教会があったりもしますよ。

時間があったらガッチナの下町を散策してみましょう。

ガッチナ宮殿の基本情報

住所:Krasnoarmeiskii pr.,1,Gatchina,Leningladskaia obl.
電話番号:+7-812-958-03-66

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/22−2016/08/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -