ルーマニアの奇跡の滝!巨大苔帽子の「ビガーの滝」

| ルーマニア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ルーマニアの奇跡の滝!巨大苔帽子の「ビガーの滝」

ルーマニアの奇跡の滝!巨大苔帽子の「ビガーの滝」

更新日:2019/08/29 13:35

かわい まゆみのプロフィール写真 かわい まゆみ 絶景ハンター、トラベルライター、自称ミステリーハンター

ビクトリア、ナイアガラ、イグアスにエンジェル・フォール…世界の美しい滝を挙げれば枚挙にいとまがないですが、東欧ルーマニアにも幻想的な美しい滝があるのをご存知ですか?

ルーマニア南西部、古くから地元民に「ミナス渓谷の奇跡」と呼ばれる「ビガーの滝」。巨大な苔帽子に白糸の滝が流れ落ち、奇跡のような絶景が広がります。今回は世界的にも実にユニークな滝をご紹介しましょう。

のどかな農村地帯が広がるルーマニア南西部

のどかな農村地帯が広がるルーマニア南西部

写真:かわい まゆみ

地図を見る

ルーマニアといえば、世界遺産にも登録された歴史街区や修道院、中世古城や木造教会、要塞遺跡など、歴史好きにはたまらない古き良き建築群が見どころ。しかし、ひとたび郊外に出れば、どこまでも広がる緑の田園にヤギや羊が放牧され、道端では牛飼いや馬車引きとすれ違い、実にのどかでピースフル。

そんな自然豊かなルーマニアの西部、セルビアとの国境近くに、奇跡のような美しい苔の滝「ビガーの滝」が存在するのです。

奇跡のような美しい苔の滝「ビガーの滝」

奇跡のような美しい苔の滝「ビガーの滝」

写真:かわい まゆみ

地図を見る

ルーマニア西部、セルビアとの国境に面したバナット地方は、ドナウ河をはじめとする川や渓谷、湖などの水と森に恵まれた地域。その一角を占めるチェイレ・ネリー・ベンシュニツァ国立公園(Cheile Nerei-Beusnita National Park)内に、今回ご紹介する「ビガーの滝(Bigar Waterfall、ルーマニア語ではCascada Bigar)」が存在します。

一見、何の変哲もない渓谷。しかし、国道沿いを細く流れるミニス川をたどった先には、高さ7mもの巨大な苔帽子ならぬモンスター級の苔岩が現れます。その美しくも妖しい姿は「ミニス渓谷の奇跡」として地元では知られています。

奇跡のような美しい苔の滝「ビガーの滝」

写真:かわい まゆみ

地図を見る

自然保護区に指定されているミニス渓谷。苔岩の対岸には、国道沿いに作られた展望台が設置されており、間近で鑑賞することができます。しかも、展望台の利用だけなら入場無料。なお、苔岩の正面岩場には降りられませんのでご注意ください。

奇跡のような美しい苔の滝「ビガーの滝」

写真:かわい まゆみ

地図を見る

苔岩に降り注ぐ白糸の滝は、ミニス渓谷内に湧く「ビガーの泉」が源泉。苔岩を真上から眺めたり、渓流に触れたりするには渓谷内に足を踏み入れる必要があります。

「ビガーの泉」へのショートハイキング

「ビガーの泉」へのショートハイキング

写真:かわい まゆみ

地図を見る

もし時間に余裕があればビガーの滝の源泉となる「ビガーの泉(Izbucul Bigar)」、さらに奥にある「ビガーの洞窟(Grota Bigar)」を訪ねるのもおすすめ。ビガーの滝から約200mのショートハイキングコースです。

なお、ビガーの滝から先は入場料が発生します。ゲート係員に現金5レイ(約130円)を支払いましょう。現地通貨で小金の用意を忘れずに(ユーロでも可能ですがお釣りが出ません)。

「ビガーの泉」へのショートハイキング

写真:かわい まゆみ

地図を見る

よく整備された遊歩道を登っていきます。左手には苔むした岩肌、右手に清流、上空からは木々のグリーンシャワーが降り注ぎ、心地よい森林浴が楽しめます。

「ビガーの泉」へのショートハイキング

写真:かわい まゆみ

地図を見る

冷たい湧き水のおかげで、森の中はひんやり冷たい天然クーラー。マイナスイオンに満ちてリフレッシュできますよ。

哀しい伝説が眠るビガーの洞窟

哀しい伝説が眠るビガーの洞窟

写真:かわい まゆみ

地図を見る

遊歩道の突き当りには切り立った岩場が立ちはだかり、その斜め上にビガーの洞窟が存在します。岩場には鉄ポールが打ち付けられてありますが、足元が滑りやすいので雨の日は特に注意してください。

そして、このビガーの洞窟にはこんな哀しい伝説が残っています。

昔々、子宝に恵まれない一組の夫婦がいました。ある日、ジプシーの魔女に占ってもらうと、魔女はビガーの泉の水を飲めば女の子を授かることができると予言します。しかし、その子は一生誰も愛してはならない、愛せばその子に死が訪れると言い残します。
どうしても子どもが欲しかった夫妻は泉の水を飲み、やがて予言どおりに女の子を授かります。娘が成長し年頃になった頃、娘はビガーという名の村の青年に恋をします。父親は娘を死なせたくないため、彼女を洞窟に閉じ込めてしまいます。

哀しい伝説が眠るビガーの洞窟

写真:かわい まゆみ

地図を見る

洞窟に閉じ込められ、嘆き悲しむ娘の声は、やがて、あの予言をした魔女のもとに届きます。魔女は洞窟を訪れ、娘を自由にしてやることはできないが、その苦しみから解放し、青年に会わせてやると告げます。
そして娘の長い髪は滝へと変わり、彼女のあふれる涙がそれを伝っていきます。風が彼女のもとへ青年を運ぶと、青年は彼女の涙に溺れ、二人は永遠にそこで結ばれた、という伝説です。

その伝説の洞窟がビガーの洞窟。言い伝えでは、耳をすませると洞窟の奥から娘のすすり泣く声が聞こえてくるとかこないとか…ぜひ試してみてください。

ビガーの滝へのアクセス

ビガーの滝へのアクセス

写真:かわい まゆみ

地図を見る

ビガーの滝へは、あいにく公共交通機関が通じていないため、原則、車やタクシーなどでのアクセスとなります。最寄りの都市は、バナット地方でもっとも大きなティミショアラ(Timisoara)。そこから南へ約150km、所要2時間半〜3時間ほどかかります。駐車場の前にはカフェが立ち並ぶドライブインがあり、そこからビガーの滝は徒歩5分ほどです。

世界中に美しい滝は数あれど、こんなユニークで幻想的な滝は世界に類を見ないのではないでしょうか。ルーマニアを訪れた際には、歴史探訪とはまた別に、ぜひこの奇跡の滝を訪れてみてください。

ビガーの滝(Bigar Waterfall)の基本情報

住所:Parallel 45, DN57B, Valea Minișului, Caras-Severin County, Romania
アクセス:公共交通機関はないため、最寄りの都市ティミショアラ(Timisoara)などからボゾビチ(Bozovici)方面へアクセス。レンタカーやタクシーなどで約2時間半〜3時間。国道57B(DN57B)沿い。
※園内には公衆トイレがないため注意

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -