これぞオクシズのポテンシャル!静岡県「林道東俣線」の紅葉が至宝

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

これぞオクシズのポテンシャル!静岡県「林道東俣線」の紅葉が至宝

これぞオクシズのポテンシャル!静岡県「林道東俣線」の紅葉が至宝

更新日:2019/10/10 15:30

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、アウトドアフォトグラファー、B級グルメ探訪家
静岡市の山間北部を指す名称「オクシズ」は、南アルプスに抱かれた秘境エリア。近年は、ミルキーブルーの寸又峡により人気を集めていますが、実はそれを超える絶景が、そのさらに奥に存在します。その名も、南アルプスの登山口「林道東俣線」!10月下旬を迎えれば、道の両側に広がる大渓谷が燃え盛るように色づき、その随所に登場する吊り橋と紅葉のコンビネーションは筆舌に尽くしがたい感動の光景。圧倒的な色彩の世界へいざ!
静岡行き新幹線プランの価格をチェック!
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

オクシズの顔・寸又峡「夢の吊り橋」はあくまで前座敷!

オクシズの顔・寸又峡「夢の吊り橋」はあくまで前座敷!

写真:土庄 雄平

地図を見る

大井川の源流へと辿っていくと行き着く「オクシズ」。この顔となっているのは寸又峡「夢の吊り橋」でしょう。ミルキーブルーの渓谷の上に架けられた幻想的な橋は、トリップアドバイザーの「死ぬまでに渡りたい!? 世界の徒歩吊り橋10選」にも選ばれ、多くの人が足を運ぶ観光スポット!

南アルプスにより作られた独特な地形に、新緑や紅葉が添えられ、日常では味わえない秘境の雰囲気を満喫できます。また、寸又峡を一周する3kmの道はグリーンシャワーロードと呼ばれ、その名の通り美しい森林浴が楽しめる道として、ハイキングが人気です。

オクシズの顔・寸又峡「夢の吊り橋」はあくまで前座敷!

写真:土庄 雄平

地図を見る

しかしながら、オクシズのポテンシャルはそのさらに先の「奥大井エリア」にあります。寸又峡からなんと50kmほど静岡の奥へ入っていくと辿り着ける場所。まさに南アルプス主脈の玄関口をなす立地となっています。この場所に走る「林道東俣線」が10月後半から11月上旬になると、言葉に言い表せないほど圧倒的な紅葉の世界を繰り広げるのです。

畑薙第一ダムで既に感動レベル!これこそオクシズのポテンシャル

畑薙第一ダムで既に感動レベル!これこそオクシズのポテンシャル

写真:土庄 雄平

寸又峡からかなり細い道が続くため、ドライブには細心の注意が必要!車幅が狭い車で行くのがおすすめです。なお、大井川鐡道の終点駅のさらに奥なので、車以外に交通手段がありません。それほどまでに秘境エリアです。最後の集落と言える井川ダム周辺を越えれば、目的地となる「畑薙第一ダム」まであと少し!そして、この辺りから明らかに様相が変わってくることに気づくでしょう。なぜなら次第に色鮮やかな紅葉が現れ始めるから。

畑薙第一ダムで既に感動レベル!これこそオクシズのポテンシャル

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして畑薙第一ダムを迎えると、そこには目を疑う光景が!ダムを覆うように展開する渓谷全体が燃え盛るように色づき、まるで錦絵の世界へ入ったような錯覚すら与えます。その鮮烈すぎる絶景に思わず叫んでしまうこと間違いなし!

畑薙第一ダムで既に感動レベル!これこそオクシズのポテンシャル

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして、そのままダムの上部を通ると、目に飛び込んでくるのは南アルプス主脈の山容。光岳や聖岳、赤石岳など標高2000m後半の山が連なり、そのスケールは抜群です!実は、畑薙第一ダムは南アルプスの山々の入り口に当たるオクシズ最深部。この時点で既に見応えがありますが、これままだ序章!ここから先へと続く「林道東俣線」の絶景の伏線となります。

絶景の「林道東俣線」!吊橋と紅葉のコントラストが至宝

絶景の「林道東俣線」!吊橋と紅葉のコントラストが至宝

写真:土庄 雄平

地図を見る

畑薙第一ダムの奥へと進めば、沼平ゲートが現れます。このゲート以降は「林道東俣線」と言って、二軒小屋ロッジに至る27qの未舗装林道。一般車は通行禁止ですが、徒歩と自転車のみ通行することが可能です。自転車はハードルが高いため、畑薙第一ダムに車を止めてハイキングするのがベターでしょう。さて一番奥まで行くと往復50kmを超えてしまうこの道。あまり奥まで進んでしまうと帰ってくるのが困難になるため、折り返すポイントが重要になります。

絶景の「林道東俣線」!吊橋と紅葉のコントラストが至宝

写真:土庄 雄平

地図を見る

そこでおすすめなのが、林道の随所に位置する「吊り橋」です。南アルプスの登山拠点になっているこの道では、至る場所に吊り橋が設けられ、登山口の役割を果たしています。

まず、林道を3km弱進んだ場所にある「畑薙大吊橋」が一つ目のターニングポイント!鮮やかな紅葉に抱かれるように現れる吊り橋は、まさに圧巻の佇まいです。そんなこの橋の情緒が最も際立つ画角は、吊り橋の両端から眺めたとき。紅葉のトンネルから続くように橋が伸び、対岸にも鮮やかに色づく木々は、まさに引き込まれるような感動レベルの絶景です。

絶景の「林道東俣線」!吊橋と紅葉のコントラストが至宝

写真:土庄 雄平

地図を見る

そしてもう少し体力と時間に余裕のある方は、そこからさらに3kmほど進んだ中ノ宿吊橋をターニングポイントにしても良いでしょう。畑薙大橋からこの橋に至るまでの渓谷の紅葉が一番迫力があり、南アルプスに育まれた秘境の自然の美しさをこの上なく堪能できます。少し距離が伸びますが、心揺さぶる景色が連続するため、疲れも半減するはず!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

山肌を覆いつくす!圧倒的なオクシズの錦絵を堪能しよう

山肌を覆いつくす!圧倒的なオクシズの錦絵を堪能しよう

写真:土庄 雄平

どこを見ても絶景のオクシズ「林道東俣線」の紅葉の中で、吊り橋以外に見所となるポイントを紹介します。まずは紅葉の照り返し!沼平ゲートから畑薙大吊橋に行く途中は、大井川の川幅が広がり、鮮烈な紅葉が水面に映り込みます。その姿はとても幻想的!

山肌を覆いつくす!圧倒的なオクシズの錦絵を堪能しよう

写真:土庄 雄平

地図を見る

続いて、畑薙大吊橋から中ノ宿吊橋の間に登場する鉄橋の「畑薙大橋」も絶景スポット!赤い橋体の間からは、溢れ出んばかりに散りばめられた色彩が垣間見えます。山肌を覆いつくす赤・黄・オレンジ色の絵画に思わずうっとり。

山肌を覆いつくす!圧倒的なオクシズの錦絵を堪能しよう

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして一番見応えがあるのは「上千枚山」の紅葉でしょう!南アルプスの山々から少し離れている「林道東俣線」の中で、この山のみ近接しており、頭上に仰ぎ見る位置まで近寄ることが可能です。マイナーな上千枚山ですが、この時期の山容は別格!麓から山頂まで全て色彩を纏い、まるで山をパレットに様々な色を合わせて織り上げた着物のよう!一度見たら忘れられない美しさです。

比べられない大スケール!南アルプスが作り上げる天然の芸術品

比べられない大スケール!南アルプスが作り上げる天然の芸術品

写真:土庄 雄平

日本各地には様々な紅葉名所がありますが、オクシズ「林道東俣線」ほど大スケールで展開する紅葉は全国的にも稀有と言えるでしょう。それは、南アルプスという日本屈指の大自然を舞台として生み出された天然の芸術作品。日本が誇る心洗われる秘境の世界が広がっています。静岡市街から車で80kmと、決してアクセスしやすい場所ではありませんが、一訪の価値は大いにあり!この秋、忘れられない鮮やかな日本の風景を心に刻みませんか?

オクシズ「林道東俣線」の基本情報

住所:静岡県静岡市葵区小河内 県道60号
アクセス:静岡市街から車で2時間半〜3時間

※備考
一般車は通行禁止。徒歩・自転車のみゲートを通れます。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -