童話にでてくるような洋館が愛媛に!「萬翠荘」でお姫様気分

童話にでてくるような洋館が愛媛に!「萬翠荘」でお姫様気分

更新日:2019/10/02 17:24

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター
「萬翠荘(ばんすいそう)」は、愛媛県松山市に建てられているオシャレで格調高い洋館。松山で最も古い鉄筋コンクリート造りの建物で、国の重要文化財にも指定されています。

フランスの影響を受けた優美な外観や内装は、訪れる人をお姫様気分にしてくれることまちがいなし!他ではなかなかお目にかかれないスポットなので、ぜひみなさんも、一度足を運んでみてください。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

フランスの影響を受けた建築

フランスの影響を受けた建築

写真:島塚 渓

地図を見る

大正11年(1922年)に、旧松山藩主の子孫「久松定謨(ひさまつさだこと)」の別邸として建設された「萬翠荘(ばんすいそう)」。

フランス生活が長かった久松定謨のために、当時ヨーロッパで流行していた、ネオ・ルネッサンス様式(ルネッサンス様式を基本としながら、新しい技術なども組み合わせた建築方法)を取り入れた豪華な洋館です。まるで童話の世界に出てくるようなオシャレな外観が、多くの人を引き付ける建築物となっていますよ。

フランスの影響を受けた建築

写真:島塚 渓

地図を見る

フランス風の美しい正面玄関の部分は、車寄せとなっており、重厚な太い柱で支えられています。柱の上部に施されたデザインは、古代ギリシャで生み出されたコリント式と呼ばれるもの。格調高く豪華な雰囲気を醸し出してくれる意匠となっていますね。

フランスの影響を受けた建築

写真:島塚 渓

地図を見る

萬翠荘が西洋のデザイン感覚だけで、構成されているかと思えば、けっしてそうではありません。尖塔(タワー)を敢えて片方にしか設置せず、非対称性を持たせることによって、日本人のアンバランスの美意識を刺激するような構造になっているんです。

萬翠荘の1階に広がる部屋

萬翠荘の1階に広がる部屋

写真:島塚 渓

地図を見る

建物1階には、「謁見の間(えっけんのま)」と「晩餐の間(ばんさんのま)」という、2つの大きな部屋があります。

かつて社交の場として利用され、皇族たちも多く立ち寄った萬翠荘のメインルームと言える場所です。白いカーテンと優雅なロココ調の装飾が施された謁見の間は、格式ある貴族にピッタリの部屋だと言えるのではないでしょうか。

萬翠荘の1階に広がる部屋

写真:島塚 渓

地図を見る

その隣にある晩餐の間は、白を基調にした謁見の間と異なり、落ち着いた黒色がベース。天井から吊るされた天然水晶のシャンデリアがアクセントになっており、その名の通り、ディナーや会食の場所として利用されていました。

ステンドグラスにも注目

ステンドグラスにも注目

写真:島塚 渓

地図を見る

階段から2階の廊下にかけては、深紅の絨毯が敷かれており、落ち着いた重厚な雰囲気に満ちています。そこを歩いていると、必ず目に留まるのは、階段の踊り場に設置されたステンドグラス。大きな船と波が描かれ、優雅に航海する様子が表現されています。

ステンドグラスにも注目

写真:島塚 渓

地図を見る

このステンドグラスは、1つ1つのガラスが単色ではなく、色彩にグラデーションを持たせたアメリカ式と呼ばれるもの。日本とフランスを行き来した、久松定謨の人生を思い起こさせるようなデザインになっているんです。

ステンドグラスにも注目

写真:島塚 渓

地図を見る

2階の各部屋は白を基調とし、コンパクトで落ち着いた内装が印象的。

それぞれの部屋には、デザインの違った暖炉があり、その上にはベルギー製の大きな鏡が置かれています。鏡があることによって、奥行きが生まれ、部屋を大きく見せる効果があるという、設計者の工夫を垣間見ることができます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

萬翠荘の基本情報

住所:愛媛県松山市一番町3-3-7
開館時間:9:00〜18:00(イベント等により変更の可能性あり)
休館日:月曜日(ただし祝日は開館 詳しくは下記公式ホームページにて)
観覧料:大人300円、小人(小中学生・高校生)100円
※2階企画展のみ観覧料金が必要

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -