群馬県・妙義山は遊園地のアトラクションより断然スリリング!

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

群馬県・妙義山は遊園地のアトラクションより断然スリリング!

群馬県・妙義山は遊園地のアトラクションより断然スリリング!

更新日:2019/09/05 09:39

和山 光一のプロフィール写真 和山 光一 ブロガー
群馬県南西部、昔は西上州と呼ばれた山域のシンボルともいえるのが妙義山です。山容は非常に厳しく、鋭く尖った山姿のみならず、大絶壁や奇岩が林立するのが特徴です。日本三大奇勝の一つとされ、“日本のドロミテ”とも呼ばれる大自然の造形美は見事です。桁外れの大きさの浸食穴をもつ石門群をくぐる登山道が魅力で、ただ歩くだけではないちょっとスリリングな冒険心をくすぐるアドベンチャーマウンテン妙義山に挑戦です。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

岩肌がはっきり!妙義山の懐に飛び込む感覚がスリリング

岩肌がはっきり!妙義山の懐に飛び込む感覚がスリリング

写真:和山 光一

地図を見る

妙義山は、白雲山、金洞山、金鶏山の三山からなり、三千年前縄文人が神の山と崇めた信仰の山で上毛三山の一つに数えられています。ご当地かるたの上毛かるたの“も”では『紅葉に映える妙義山』と詠まれていますよ。そしてまるで中国の水墨画のような姿と深い森、そんな自然の営みを感じさせる妙義山の代表的なモニュメントが「石門」です。

「石門めぐりコース」は、きちんと整備されていて、初心者でも楽しめます。両手両足をフルに使って登山道をつき進んでいく感覚は、大冒険をしている気分に酔いしれる楽しいものです。

岩肌がはっきり!妙義山の懐に飛び込む感覚がスリリング

写真:和山 光一

地図を見る

中之嶽神社の入口前にある県立妙義公園駐車場(トイレも完備し400台駐車可能)に車をとめます。飲料水の自動販売機もあり、トレッキングの準備をしっかりしていきます。ここは「県立森林公園 さくらの里」の駐車場でもあり、さくらのシーズンには紅葉シーズンとはまた違った華やかな雰囲気になります。

岩肌がはっきり!妙義山の懐に飛び込む感覚がスリリング

写真:和山 光一

地図を見る

駐車場から400m、5分ほど県道196号を下った左手(山側)先に「名勝 石門群登山道」と書かれた階段の入口が見えてきます。因みにこの上毛三山パノラマ街道(県道196)は、漫画『頭文字(イニシャル)D』のモデルにもなったクネクネした峠道ですよ。この妙義登山道入口から本格的な登山道へと出発します。道路沿いでわかりやすくここから約2時間のアドベンチャーへ出発です。案内図で石門の位置をチェックしておきましょう。

まずは「こてしらべ」で第一石門へ

まずは「こてしらべ」で第一石門へ

写真:和山 光一

地図を見る

歩き始めてすぐに鎖場に慣れるためなのか「カニのこてしらべ」というスポットに出会います。身長より少し高いぐらいの鎖場で、軽くウォーミングアップ程度ですが、冒険心をくすぐります。初めてであれば少しびっくりしますが、実際に鎖につかまって登れば、岩を上る足の置き場には窪みがあり初心者でも難なく登れます。無理な人には横から迂回ルートもありますので安心です。

まずは「こてしらべ」で第一石門へ

写真:和山 光一

地図を見る

大きな岩を敷き詰めた石畳の道をすこし進むと下の分岐に出会います。本来のルートは、ここを左手にとり第一石門、そして第二石門へと向かいます。第一石門の先、第二石門は石門巡り一番の難関なので自信がない人、特に腕力に自信のない人は、第一石門を見てここまで戻り、右手方向へ第四石門・大砲岩への近道に向かい鎖場を迂回しましょう。

まずは「こてしらべ」で第一石門へ

写真:和山 光一

地図を見る

目に入ってくるのが「第一石門」です。大きなアーチ状の岩で見上げると地面が見えなくなる程の大きさに驚かされます。その下はくぐれるようになっていて整備された登山道が続いています。

鎖をつたい、岩のトンネルをくぐる最大の難所・第二石門

鎖をつたい、岩のトンネルをくぐる最大の難所・第二石門

写真:和山 光一

地図を見る

驚きが醒めぬまま整備された登山道を進むと上部にそそり立った岩に縦に細長く穴が開いた第二石門が見えます。「カニのよこばい」「たてばり」「つるべさがり」と呼ばれる鎖場は「第二石門」をくぐるためのこのコース最大の難所です。切り立った地形ゆえに高度感はあるものの足場も鎖もきちんと整備されているので、実は難なく通過することができます。

まずは第二石門下の「カニのよこばい」は、10mほどトラバースしていくのですが谷側の傾斜も緩く、足を置くところにはほとんど窪みがつけられていて、足跡を辿っていけばすんなり通過できますよ。

鎖をつたい、岩のトンネルをくぐる最大の難所・第二石門

写真:和山 光一

地図を見る

「カニのよこばい」終了地点から一番の難所「たてばり」が始まります。樋状になった中央に鎖が設置されていて、樋をまたいで上っていきます。左右の岩に足を架けるところがたくさんあるのでちょっと腕力が必要ですが、しっかり鎖をもって足を岩に引っ掛けて一歩ずつ確実に上っていきます。

鎖をつたい、岩のトンネルをくぐる最大の難所・第二石門

写真:和山 光一

地図を見る

石門から見える景色はまるで額縁のようで、ローソク岩が綺麗にそのシルエットを浮かび上がらせています。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

鎖場を下って、石門群の目玉、第四石門へ

鎖場を下って、石門群の目玉、第四石門へ

写真:和山 光一

地図を見る

第二石門をくぐれば、上りがあれば下りがあるように約8mの鎖場「つるべさがり」と呼ばれる下り斜面が待っています。しっかりと鎖を持って、足から下りていきます。ほとんど鎖にぶら下がった状態でゆっくり真下に下りていきます。

鎖場のポイントは、両手両足を使い必ず全身でバランスを取ることです。急に見える鎖場もふと下を見て怖くなっても慌てずに必ず鎖を持って片足をどこかに引っ掛けていれば大丈夫です。二通りのルートがあり、トラバースしながらの下降とそのまま直に下降するルートがありますが、後者(左の壁側)のほうがやや楽なように感じられます。

鎖場を下って、石門群の目玉、第四石門へ

写真:和山 光一

地図を見る

さらに「片手さがり」をおります。写真だとわかりづらいですが結構な高さがあり、足の置場が狭い岩の階段があるので片手だけで下れそうですが実際はしっかりと両手で鎖を持って下りていきます。

少し歩くと上の分岐という、これまでの難所を通らずに行ける下の分岐からの迂回路と合流します。

鎖場を下って、石門群の目玉、第四石門へ

写真:和山 光一

地図を見る

大砲岩方面に向かって登っていくと見えてくるのが石門群の中でも目玉とも言える「第四石門」です。途中「第三石門」へ向かう分岐路がありますが、左手奥に3分、20mほど先の石門で行き止まりですので一見したら戻ってきましょう。途中鎖場のトラバースがありますが問題ありませんよ。

「第四石門」は、細長くアーチ状になっていて、大きな穴の向こうには、まるで宙に向けられた大砲のような形の、その名も「大砲岩」が見えます。自然が作りだした造形にこれが妙義山かと見入ってしまいます。

前の広場には東屋やテーブルもあり休憩できるので、お弁当を広げるのにもいいですよ。石門の右手の断崖からの景色は「日暮(ひぐらし)の景」と呼ばれ、一日みていても飽きないことからこう呼ばれています。

これぞ自然が造った芸術!大砲岩

これぞ自然が造った芸術!大砲岩

写真:和山 光一

地図を見る

石門をくぐり「大砲岩」への分岐に出ます。ここからは本来のハイキングコースではなく、鎖場の連続で岩場つたいになりますので十分に気を付けて無理をせず進んでいきます。

鉄柵やロープをつたって短い痩せ尾根を進み、鎖場で5mほど真下に一旦下ります。鞍部からは第二石門と同様に斜面を急な岩場に付けられた鎖を頼りにトラバースしていきます。足跡がついた窪みがあるので鎖を持っていれば大丈夫ですが油断は禁物です。

さらに少し先の鎖場から、5mほど岩場をよじ上っていきます。登りきったところから見る景色は、真近にゆるぎ岩が見え絶景です。

これぞ自然が造った芸術!大砲岩

写真:和山 光一

地図を見る

「大砲岩」へ登ることもできますし、「天狗のひょうてい」と呼ばれる展望台のような岩へもいくことができます。かなり細い岩場道を進んだ先の3mほどの垂直の岩壁を登るこの鎖場は難易度が高い所です。

また左手には「胎内くぐり」があります。岩の真ん中に穴が開いていてくぐることができます。どちらも高度感が高いので無理は禁物ですよ。

これぞ自然が造った芸術!大砲岩

写真:和山 光一

地図を見る

片手さがりの手前の上の分岐まで戻りそのまま下って出発地点に戻ります。帰りは違ったコースで下山という場合は、第四石門の東屋まで戻り、中之嶽神社方面を目指します。ここから先は途中申し訳程度の鎖場もありますが道の整備状況が良く歩きやすくなっています。

到着地点の「中之嶽神社」は1000年以上の歴史を持ち、高さ20m、重さ8.5tの巨大な黄金剣を持つ大国様が特徴的で、県立妙義公園駐車場からも鳥居の向こうにある黄金に輝く巨大な大国天像は見つけやすく目印になります。ここが石門めぐりコースの終着点です。

休憩時間を除けば約1時間半で一回りすることができる気軽に楽しめるコースです。(大砲岩方面の鎖場は除く)見どころも5〜10分おきに次々と現れ、鎖場のように妙義山の険しさの一端も感じることができつつ、整備された道標に従って進めば鎖場を通らずに一回りすることもできるバランスのよいコースですよ。

妙義山・石門めぐりコースの基本情報

住所:群馬県甘楽郡下仁田町上小坂1248(中之嶽神社)
電話番号:0274-82-2111(下仁田町商工観光課)
アクセス:上信越自動車松井田妙義ICから県道196号を妙義町方面へ。道なりに約40分で中之嶽神社前の県立妙義公園駐車場
上信電鉄上信線下仁田駅からバスで約20分、「中村」バス停下車し、徒歩1時間20分で石門入口

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -