奈良・初秋の「山の辺の道」で彼岸花と万葉歌碑を巡ろう!

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

奈良・初秋の「山の辺の道」で彼岸花と万葉歌碑を巡ろう!

奈良・初秋の「山の辺の道」で彼岸花と万葉歌碑を巡ろう!

更新日:2019/08/30 15:35

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

山の辺の道は、奈良県桜井市の三輪山の麓からから奈良市内まで続く全長約26km、史書に記された日本最古の道です。その大部分は東海自然歩道にも指定され、整備された道沿いに咲く四季の花々は道行くハイカーたちの目を和ませます。古墳の間を抜け、新元号「令和」の出典として注目度が高まっている『万葉集』の歌碑をたどりながら彼岸花咲く、初秋の山の辺の道のハイキングを楽しんでみませんか?

彼岸花と万葉歌碑めぐりのハイキングの起点「桧原神社」

彼岸花と万葉歌碑めぐりのハイキングの起点「桧原神社」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

山の辺の道沿いで、彼岸花がとくに美しいのは、桜井市の桧原神社から天理市の竹之内環濠集落までの約6km弱の間です。またこの間には、約20基の“万葉歌碑”があり、同時に古代ロマンを感じることができます。

彼岸花と万葉歌碑めぐりのハイキングの起点「桧原神社」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ハイキングの起点となる、桧原神社は大神神社の摂社で、『日本書紀』に崇神天皇の皇女、豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)が、宮中から天照大神を遷し祀った笠縫邑(かさぬいむら)との伝承があり、元伊勢とも呼ばれています。

境内には本殿も拝殿もなく、玉垣で囲まれた珍しい「三ツ鳥居」を通して、奥の御神座(三輪山)を拝みます。『万葉集』では「三輪の桧原」と詠まれています。

彼岸花と万葉歌碑めぐりのハイキングの起点「桧原神社」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

桧原神社の境内は、玉砂利がきれいに掃き清められていて、凛とした空気を感じさせます。境内入口には、鳥居の原型といわれる注連柱(しめばしら)が建ち、春分、秋分のころには神社の正面に見える二上山に夕日が沈む様子がとても幻想的で、多くの観光客やカメラマンで賑わいます。

ちなみに二上山は、ラクダのコブのような形をしたトロイデ式火山で、雄岳(517m)と雌岳(474m)の2つの山頂がある双耳峰です。右側の雄岳の山上には、天武天皇の皇子「大津皇子」の墓があります。大津皇子はあまりにも優れていたので政争により謀反の罪を着せられ、24歳の若さで死を賜りました。

『万葉集』にも、大津皇子の姉にあたる大伯皇女の弟を思いやった歌が6首遺されています。

<桧原神社の基本情報>
住所:奈良県桜井市大字三輪1422
電話番号:0744-45-2173
境内:拝観自由
アクセス:
大神神社から徒歩約20分
JR万葉まほろば線「巻向駅」より徒歩約25分

彼岸花の名所「井寺池」では大パノラマも

彼岸花の名所「井寺池」では大パノラマも

写真:モノホシ ダン

地図を見る

彼岸花の名所としては、桧原神社から農道を歩いて約5分のところにある井寺池周辺がおすすめです。井寺池は、古い歴史を持ち、上と下の2つの池に分かれています。

井寺池(上)からは“神宿る山”として大神神社や桧原神社のご神体となっている三輪山(467m)を、井手池(下)からは大和平野の眺望が楽しめます。

彼岸花の名所「井寺池」では大パノラマも

写真:モノホシ ダン

地図を見る

また井寺池のほとりには、川端康成揮毫の「大和は國のまほろば…」のなどの5つの万葉歌碑が残っています。ちなみに、“まほろば”とは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の日本の古語です。

大和最古の古墳のひとつで、卑弥呼の墓という説もある「箸墓古墳」や「二上山」の眺望とともに万葉歌碑めぐりを楽しみましょう。

彼岸花の名所「井寺池」では大パノラマも

写真:モノホシ ダン

地図を見る

井寺池の土手では、見事な彼岸花の群生を見ることができます。アゲハチョウが蜜を求めて花から花へと飛び回る様子は優雅でとても癒されます。

三輪山を望むもっとも有名なフォトスポットは

三輪山を望むもっとも有名なフォトスポットは

写真:モノホシ ダン

地図を見る

山の辺の道で、三輪山を望むもっとも有名なフォトスポットが、額田王(ぬかたのおおきみ)の万葉歌碑があるところです。額田王は、飛鳥時代の日本の皇族・歌人。天武天皇の妃で、恋多き女性としても知られています。

その額田王が、都が飛鳥から近江の大津へと遷都される際に詠んだ別れの歌が「うま酒三輪の山青丹よし奈良の山の山のまに い隠るまで道のくまいさかるまでに つばらにも見つつ行かむをしばしばも 見さけむ山を心なく雲の隠さふべしや」です。

なつかしい三輪山を、奈良の山々の間に隠れてしまうまで、たびたび振り返って眺めていたいものを、無情にも雲によって隠されてしまうのを嘆いた歌です。遠ざかる三輪山を眺めながら額田王の心情に思いを馳せてください。

三輪山を望むもっとも有名なフォトスポットは

写真:モノホシ ダン

地図を見る

額田王の万葉歌碑を過ぎると、道沿いには再び彼岸花の群生が見られます。柿やコスモスとのコラボが楽しめるスポットもあります。

三輪山を望むもっとも有名なフォトスポットは

写真:モノホシ ダン

地図を見る

ほかの花との競演だけでなく、青空をバックに咲き誇る彼岸花もとても絵になります。秋の季節の素晴らしさを称える句で、手紙などで時節の挨拶として用いられる「天高く馬肥ゆる秋」を感じられる方もいるかも知れません。

『万葉集』第一の抒情歌人「柿本人麻呂」

『万葉集』第一の抒情歌人「柿本人麻呂」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

山の辺の道を北上し、威風堂々とした景行天皇陵が見えてくると、このあたりから天理市に入ります。古墳名は、渋谷向山古墳といい、全長300m、古墳時代前期では日本最大の規模をもっています。

被葬者は、日本武尊の父といわれる第12代天皇、景行天皇で、国道側に拝所があります。山の辺の道からは外れますが、国道に降りるまでの道沿いでも、多くの彼岸花を見ることができます。

<景行天皇陵の基本情報>
住所:奈良県天理市渋谷町
アクセス:
桧原神社から徒歩約45分
JR万葉まほろば線「巻向駅」から徒歩約15分

『万葉集』第一の抒情歌人「柿本人麻呂」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

大和神社お旅所の手前の、ポケットパークには、龍王山を背景にした柿本人麻呂の万葉歌碑があります。柿本人麻呂は、長歌19首、短歌75首が掲載される『万葉集』第一の抒情歌人で、山部赤人とともに歌聖と讃えられています。

歌は妻の死を悼んだもので、「衾道を 引手の山に妹を置きて 山路を行けば生けりともなし」。引手の山(龍王山)に、妻の屍を葬っておいて、山路を帰ってくると悲しくて生きた心地もしないというものです。

なお、龍王山(586m)へはハイキングルートが整備されていて、南城跡のある山頂からは大和三山をはじめ、遠く大阪湾までを望むことができます。夜景の美しさも有名です。

『万葉集』第一の抒情歌人「柿本人麻呂」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

柿本人麻呂の万葉歌碑の周辺の田んぼの畔では、弧を描く美しい彼岸花を見ることができます。彼岸花やそびえる龍王山を眺めながら、風景や心情を描く歌聖、柿本人麻呂のリアリズムを感じてみてください。

山の辺の道 彼岸花ルートのクライマックス「竹之内環濠集落」

山の辺の道 彼岸花ルートのクライマックス「竹之内環濠集落」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

山の辺の道の彼岸花ルートのクライマックス、萱生環濠集落から竹之内環濠集落へと向かう直線道路では、道に沿って一直線に伸びる彼岸花の群生を見ることができます。赤一色の縦のラインは、まるで滑走路の誘導灯を思わせます。

山の辺の道 彼岸花ルートのクライマックス「竹之内環濠集落」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

竹之内環濠集落は、村全体を濠で囲み、竹藪などで人家を隠して外敵から村を守った中世の自営集落です。竹之内のほかに、その南の萱生(かよう)集落も同じ環濠集落です。彼岸花は濠のほとりにびっしりと咲きます。濠は、藻が発生し、モスグリーンになっています。

戦乱の世を過ぎ、時空を超えて、静寂の中にたたずむ竹之内環濠集落の今を艶やかな彼岸花とともに体感してみてください。

<竹之内環濠集落の基本情報>
住所:奈良県天理市竹之内町
アクセス:
景行天皇陵から徒歩約60分
JR万葉まほろば線から「長柄駅」から徒歩約25分

四季折々の風情が楽しめる「山の辺の道」を歩こう

いかがでしたか。ご紹介したのは、「山の辺の道」の南コースで、JR万葉まほろば線の「三輪駅」から「天理駅」までの約13kmの一部分です。

山の辺の道沿いでは、初秋の彼岸花のほかにも、春の菜の花や桜、秋の紅葉と四季折々の風情が楽しめます。また、秋には沿道のみかん畑で、みかん狩りを楽しむこともできます。

ただし、昼食場所は少ないので、いったん併走している国道169号線に降りて、点在する飲食店やコンビニで食事を済ませてから、ふたたび山の辺の道のハイキングにトライするというのがおすすめです。山の辺の道から国道169号線までは片道約15分から20分、往復では約30分から40分ほどです。

古代ロマンの漂う、山の辺の道を歩いて、彼岸花をはじめ四季折々の風情を楽しんでみてください。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -