秘湯・法華院温泉山荘に泊まる!1泊2日くじゅう連山登山コース

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秘湯・法華院温泉山荘に泊まる!1泊2日くじゅう連山登山コース

秘湯・法華院温泉山荘に泊まる!1泊2日くじゅう連山登山コース

更新日:2019/09/03 13:01

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、アウトドアフォトグラファー、B級グルメ探訪家
大分県玖珠郡九重町から竹田市に跨る九州屈指の山脈「くじゅう連山」。標高1791mの中岳は九州第二の高峰で、1700m前後のピークが数多く連なるため、そのスケールは九州一という呼び声も高い名山です。そんなこの山へ登山をする際に、ぜひ利用したいのが「法華院温泉山荘」!登山道の途中・坊ガツルという標高1300mの場所に位置するこの山荘は、九州最高所の秘湯と知られています。さぁ癒しの山旅へ出掛けましょう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

阿蘇と並び唯一無二の美しい自然が広がる「くじゅう」

阿蘇と並び唯一無二の美しい自然が広がる「くじゅう」

写真:土庄 雄平

地図を見る

熊本の代表的な観光地・阿蘇から車で1時間程行った場所にある大分県九重町。一般的な観光では阿蘇ほど知名度はありませんが、登山愛好家の間では実は阿蘇より有名!なぜなら、九州屈指の山岳地帯「くじゅう連山」が広がっているから。特にミヤマキリシマが最盛期を迎える5月下旬には、多くの登山者が訪れます。

阿蘇と並び唯一無二の美しい自然が広がる「くじゅう」

写真:土庄 雄平

地図を見る

また山のみならず、麓に景勝地が点在しているのも特徴です。例えば、大分県と熊本県の県境になっている「瀬の本高原」は、くじゅう連山への南の玄関口!黒川温泉を過ぎれば、一気に草原地帯が開け、どこか阿蘇の余韻を残した風景が続きます。草原に点在する木々も相まって、周囲一帯は緑が溢れる世界。標高を上げるに従って雄大に広がるパノラマは、目が離せない美しさ!

<瀬の本高原の基本情報>
住所:熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺5621-49
アクセス:阿蘇から車で1時間、湯布院から車で1時間半

阿蘇と並び唯一無二の美しい自然が広がる「くじゅう」

写真:土庄 雄平

地図を見る

一方、くじゅう連山への登山口・牧ノ戸峠を挟んで北側には、くじゅうの峰々を望む「長者原(ちょうじゃばる)」が広がります。いわゆる別府・湯布院からつながる日本百名道の一つ「やまなみハイウェイ」の中心となる場所で、特に二輪乗りの中では有名!

くじゅう連山へ向かって吸い込まれるように真っ直ぐ伸びていく道を走り抜ける爽快感は堪りません。また同地区内にはラムサール条約に登録されているタデ原湿原や、名湯・長者原温泉も湧いており、立ち寄り必須です。

<長者原の基本情報>
住所:大分県玖珠郡九重町大字田野255-33
アクセス:湯布院から車で1時間、阿蘇から車で1時間半

秘湯「法華院温泉山荘」に泊まって快適な山旅を

秘湯「法華院温泉山荘」に泊まって快適な山旅を

写真:土庄 雄平

地図を見る

「くじゅう連山」は、その山脈の壮大なスケール感から、日帰りより1泊2日で楽しみたい山。とはいえ、山へ泊まると言われれば"食糧・水をはじめ、灯りやシュラフなど自分で用意しなければならず、ハードルが高い!"と想像される方も多いのではないでしょうか?しかしながら、今回紹介する「法華院温泉山荘」はそんな心配は皆無!

秘湯「法華院温泉山荘」に泊まって快適な山旅を

提供元:大分県観光情報公式サイト 日本一の「おんせん県おおいた」味力も満載

https://www.visit-oita.jp地図を見る

なんと1泊2食付きな上に、布団も付いており、充電コンセントもあります。また温泉も湧いており、これが九州最高所の温泉!また売店では、日用品からお菓子、お酒に至るまで幅広い物が購入可能です。唯一、携帯電話の電波が通っていませんが、そこだけは辛抱です。

なお夕飯のご飯はお代わり無料で、品数も多いのが嬉しいですね!翌日は、朝食を食べるorお弁当にするか選択できます。早朝から行動したい方は、後者を選ぶと良いでしょう。

秘湯「法華院温泉山荘」に泊まって快適な山旅を

写真:土庄 雄平

地図を見る

なお「法華院温泉山荘」のある坊ガツルまでは、長者原にある九重登山口から2時間、牧ノ戸峠登山口から3時間という程良い距離と時間になっています。またどちらもメジャーなルートで登山者が多く、道に迷う箇所もありません。1日目、ゆったりと山を楽しみ、山荘で山小屋泊ならではの時間を過ごすのがおすすめ!

登山者同士の一期一会や、満天の星空を見て過ごす時間、秘湯に入った後のビールなど、最高のひとときが待っています。

<法華院温泉山荘の基本情報>
住所:大分県竹田市久住町大字有氏1778-9
電話番号:090-4980-2810(電話予約のみ)
アクセス:九重登山口から2時間、牧ノ戸峠登山口から3時間

2日目に主峰へアタック!久住山・中岳を繋ぐ壮大な山岳世界

2日目に主峰へアタック!久住山・中岳を繋ぐ壮大な山岳世界

写真:土庄 雄平

地図を見る

たっぷりと休んだら、2日目はいよいよ「くじゅう連山」の主峰へアタック!坊ガツルから標高差500m弱の大冒険の始まりです。さて、前述したように標高1700m級の峰々が連なる「くじゅう連山」ですが、そのピークが密集していることが特徴!最高峰の中岳(標高1791m)や百名山の久住山(標高1787m)をはじめとして4つほどのピークを一周1時間半で回ることが可能です。

法華院温泉山荘からの最短ルートを使う場合、鉾立峠→白口岳(標高1720m)の前半区間がやや体力が必要なことが少し難点。ですが、くじゅう連山の懐の大きな世界を楽しめるのが魅力!また、険しいからこそ、稜線へ出たときの感動や充実感はひとしおです。

2日目に主峰へアタック!久住山・中岳を繋ぐ壮大な山岳世界

写真:土庄 雄平

地図を見る

稜線へと出れば、自分の体力と時間に合わせて回るピークを考えましょう。やはり、まず訪れたいのは主峰の「久住山」でしょう。なぜなら、広々とした山頂から望むパノラマが圧倒的に素晴らしいから!

南側は草原がどこまでも広がる阿蘇方面の展望、北側は荒涼とした火山が連なる迫力のある光景が望め、山ならではの隔絶した世界観を思いっきり味わうことができます。

2日目に主峰へアタック!久住山・中岳を繋ぐ壮大な山岳世界

写真:土庄 雄平

地図を見る

また最高峰の「中岳」も踏破したいところ!少しだけ上りが厳しいですが、その頂に辿り着けば、そこには天空の稜線というべき圧巻のパノラマ!火山の中に囲われた御池(みいけ)もどこか神秘的な雰囲気を漂わせます。登頂すればきっと、清々しさと達成感に満たされるはず!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

温泉山荘を起点に、野趣あふれる「くじゅう連山」の冒険を!

温泉山荘を起点に、野趣あふれる「くじゅう連山」の冒険を!

写真:土庄 雄平

地図を見る

九州屈指の存在感を誇る「くじゅう連山」。一見、登山初心者では手を出しにくい山に見えますが、今回紹介した「法華院温泉山荘」を拠点にすることで、時間さえかければ誰でも気軽に山旅を行うことが可能!食べ物や寝床、充電等の心配もいらず、併せてここでしか入れない秘湯に入ることができ、そして時間をかけながら標高1700m以上の山上世界を堪能することができます。ぜひ九州を訪れた際には、くじゅうの山々を巡ってみて下さい。きっと、また一味も二味も違った九州に出会えるはず!

くじゅう連山(久住山)の基本情報

住所:大分県竹田市久住町大字久住
アクセス:牧ノ戸峠登山口から2時間半〜3時間、九重登山口から4時間、法華院温泉山荘から2時間

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/05/03−2018/05/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -