世界遺産アルハンブラ宮殿内に宿泊できる「パラドール・デ・グラナダ」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産アルハンブラ宮殿内に宿泊できる「パラドール・デ・グラナダ」

世界遺産アルハンブラ宮殿内に宿泊できる「パラドール・デ・グラナダ」

更新日:2019/09/02 17:20

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住・建築好きフォトグラファー&ライター

スペインの古都グラナダにある「アルハンブラ宮殿」は、イスラム建築の最高傑作と言われ世界遺産にも登録されています。その歴史あるアルハンブラ宮殿の一角にある「パラドール・デ・グラナダ」は、歴史ある建物の中でイスラム文化を感じながら、美しい眺望を楽しんでゆったりとした時間を過ごせる宿泊施設です。

スペインの世界遺産「アルハンブラ宮殿」

スペインの世界遺産「アルハンブラ宮殿」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ALHAMBRA(アルハンブラ宮殿)はスペイン北西部アンダルシア地方グラナダにある、イベリア半島最後のイスラム王朝があった宮殿です。小高い丘の上に建つどっしりとした城壁に囲まれた宮殿は、城塞都市としての名残を感じさせます。

スペインの世界遺産「アルハンブラ宮殿」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

別名「赤い城」とも言われる赤茶色い塀を抜け宮殿内に入ると、雨が少なく乾燥したアンダルシア地方独特の気候の中であるにもかかわらず、水で溢れた花々が咲き乱れる美しい空間が広がっています。イスラムの面影を色濃く残す緻密な装飾が散りばめられた美しい宮殿は、世界遺産に登録されています。

アルハンブラ宮殿内に泊まれる「パラドール・デ・グラナダ」

アルハンブラ宮殿内に泊まれる「パラドール・デ・グラナダ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

そんな宮殿の敷地内にある宿泊施設が、今回ご紹介する「PARADOR DE GRANADA(パラドール・デ・グラナダ)」です。「PARADOR(パラドール)」とはスペイン特有の宿泊施設で、宮殿やお城、修道院などの歴史的建造物を宿泊施設として観光利用しています。

アルハンブラ宮殿内に泊まれる「パラドール・デ・グラナダ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

スペイン国内には全部で100箇所近くあり、特にこの「パラドール・デ・グラナダ」は世界的に有名な歴史遺産「アルハンブラ宮殿」内にあるということで特に人気があります。歴史ある庭園に囲まれた他には類を見ない宿泊施設です。

アルハンブラ宮殿内に泊まれる「パラドール・デ・グラナダ」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

アルハンブラ宮殿がイスラム建築なのに対し、こちらのパラドールはそれより後の15世紀、キリスト教のサンフランシスコ修道院を改装した建物を利用しています。アラブ・イスラム文化とキリスト教・ラテン文化と言う2つの文化が融合し、当時の雰囲気を残したまま美しく改修されています。

溜息が出るほど美しい中庭(パティオ)

溜息が出るほど美しい中庭(パティオ)

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

「パラドール・デ・グラナダ」館内には様々な見所がありますが、特に訪れていただきたいのがこちらの美しい中庭(パティオ)です。中央に配置された噴水の周りをアーチの回廊がぐるっと取り囲んだ中庭は、宿泊客のみが足を踏み入れることができる特別な空間です。

溜息が出るほど美しい中庭(パティオ)

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

中庭や回廊にはベンチが配置されていて、水がちょろちょろと流れる音に耳を傾けながら美しい花々を眺めてホッと一息できる癒しの空間です。彫刻や肖像画などの美術品や家具などの調度品が全体に配置されていて、美術館に滞在しているかのような優雅な気分に浸れます。

溜息が出るほど美しい中庭(パティオ)

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

当時の雰囲気を色濃く残す気品のある空間は、どこを切り取ってもフォトジェニック。まるで中世の時代にタイムスリップしたような不思議な感覚です。

開放的な眺めのいいレストラン

開放的な眺めのいいレストラン

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ホテルでのお食事は「パラドール・デ・グラナダ」に併設されている「レストランテ・パラドール・デ・グラナダ」でいただくことができます。ホテル滞在の際の朝食だけでなく、ランチ、ディナーも提供していて、ゲスト以外も利用可能です。

開放的な眺めのいいレストラン

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

朝はテラスで朝日に照らされた夏の別荘である壮大な「ヘネラリフェ」の景色を眺めながら、開放的な雰囲気の中で朝食をいただくことができます。メニューはビュッフェ方式で、スペインらしく美味しそうなイベリコ豚の生ハムやサラミ、ソーセージを始め、トマトスープの「ガスパチョ」やポテトのオムレツ「トルティーリャ」なども並びバラエティ豊富です。

開放的な眺めのいいレストラン

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

ディナーではアンダルシア地方の料理が楽しめ、どれも手の凝った美味しいお料理ばかりです。スパニッシュ・ギターの生演奏をBGMにスペインワインを堪能し、ヘネラリフェのライトアップを眺めながらディナーを楽しんでみてはいかがでしょう。

因みにディナーは予約可能です。人気があるので、是非予約してから訪れましょう。

居心地の良い眺めのある部屋

居心地の良い眺めのある部屋

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

客室は現代的に全面改装されていて、華美ではありませんがゆったりと落ち着いた雰囲気です。シンプルな中にも天井や窓、建具などの細かい装飾の中に、当時の修道院らしい品格を感じます。

2階北側に配置されているジュニア・スイートは、ベッドルームとリビングルームがある広々としたつくりです。窓を開けると隣接する丘に建つ壮大な「ヘネラリフェ」のパノラマを眺めることができます。

居心地の良い眺めのある部屋

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

こちらのスタンダード・ツインルームは南向きで、エントランスのお庭が見えるロケーションです。内窓を開けると木の葉模様の穴から眩い光が溢れ、窓を開放すると水の流れる音と豊かな自然を感じる落ち着いたお部屋です。

居心地の良い眺めのある部屋

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

快適なホテルステイに欠かせない石鹸やシャンプーなどのアメニティにも、しっかりとパラドール・マークが入っています。エメラルド・グリーンのパッケージもとてもカワイイです。

「パラドール・デ・グラナダ」で優雅な休日を

アルハンブラ宮殿全体の見学はかなりの時間を要します。パラドールから主要な宮殿までは徒歩圏内なので、疲れたら一旦客室に戻って一休みしたり、帰りの時間を気にせずのんびりできるのは宿泊客だけに許された特権です。

アルハンブラを訪れたら宮殿の観光ももちろんですが、世界遺産の中に宿泊するという優雅な時間を満喫していただきたいホテルです。「パラドール・デ・グラナダ」はパラドールの中でもかなり人気があるので、宿泊予約はできるかぎり早めにすることをオススメします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -