鮮烈な赤と静謐の石仏に心つかまれる 群馬「常楽寺」の彼岸花

鮮烈な赤と静謐の石仏に心つかまれる 群馬「常楽寺」の彼岸花

更新日:2019/09/10 15:33

やた 香歩里のプロフィール写真 やた 香歩里 鈍足の旅人、地域の魅力発掘人、花火鑑賞士
秋が近づくと、紅葉に先駆けて景色を赤く染める彼岸花。お彼岸の頃に咲くことからこの名がつきました。

東国花の寺百ケ寺の1つにも数えられる群馬県太田市の常楽寺は、四季折々に美しい花が咲くお寺ですが、中でも彼岸花の季節はその鮮やかな景色に魅せられて、多くの人が訪れます。その秘密は石仏と彼岸花の、静と動が織りなす深い情趣の世界。心つかまれるその光景をぜひご覧ください。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

四季の花が咲く東国花の寺「常楽寺」

四季の花が咲く東国花の寺「常楽寺」

写真:やた 香歩里

地図を見る

常楽寺は群馬県東南部の太田市にあり、正式名称は「紫雲山阿弥陀院常楽寺」。関東の一都六県の「花の寺」が集まった「東国花の寺百ケ寺」の群馬一番札所であり、その境内では春は桜、初夏はアヤメや紫陽花、夏は蓮など、四季折々に美しい花が咲くお寺です。なかでも注目を集めるのが彼岸花の季節。境内や参道が彼岸花の赤に染まります。

四季の花が咲く東国花の寺「常楽寺」

写真:やた 香歩里

地図を見る

静かなお寺の境内に、彼岸花が幾重にも重なって鮮やかな花を咲かせる様は見事。多くの人がこの光景を見に訪れます。

彼岸花の中に佇む石仏との調和が美しい

彼岸花の中に佇む石仏との調和が美しい

写真:やた 香歩里

地図を見る

静かに佇むお地蔵さまに寄り添って咲く彼岸花。対照的な静と動が互いを引き立て、なんとも言えない趣深い世界が広がっています。

彼岸花の中に佇む石仏との調和が美しい

写真:やた 香歩里

地図を見る

常楽寺の境内には、十六羅漢像をはじめ、八体仏(干支の守り本尊)や七福神など、たくさんの石仏がみられます。こちらの石仏はなんとも優しいお顔。昔話の世界を思わせ、ほのぼのとした空気が漂うようです。

彼岸花の中に佇む石仏との調和が美しい

写真:やた 香歩里

地図を見る

そうかと思えば、このように厳しいお顔の石仏も。赤い彼岸花が力強くほとばしる炎のようにも見えてきます。

撮影OKですが、マナーにはご注意を

撮影OKですが、マナーにはご注意を

写真:やた 香歩里

地図を見る

この美しい彼岸花を見に、季節になるとたくさんの人が訪れます。手軽にスマホで撮影する人も多いですが、大きなカメラを抱えた人も。

境内は写真撮影OKですが、三脚の利用についてはご遠慮くださいとのお願いをされています。通路は人が通るには十分ですが、三脚を立てると通行の妨げになってしまいますし、気づかずにお花を傷めてしまうこともあります。ぜひマナーを守って、観賞・撮影を楽しみましょう。

撮影OKですが、マナーにはご注意を

写真:やた 香歩里

地図を見る

境内には古代蓮が咲く池や、錦鯉の泳ぐ池もあります。太子堂や石塔などもあり、水辺やお堂の傍らで咲く彼岸花は、また違った雰囲気を醸し出します。

常楽寺の彼岸花は、“見渡す限り広がる”ような花畑ではありませんが、ピーク時にはどこを見ても彼岸花が咲いていて、その場その場でさまざまな情景をつくりだしています。

撮影OKですが、マナーにはご注意を

写真:やた 香歩里

地図を見る

赤だけでなく、真っ白な彼岸花もちらほらとみられます。フォトジェニックなスポットがたくさんなので、ぜひゆっくり境内を回って、素敵なポイントを探してください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

長い歴史を紡ぐ花の寺

長い歴史を紡ぐ花の寺

写真:やた 香歩里

地図を見る

常楽寺は、この地域にあった3つのお寺を明治時代に合寺して建てられたお寺です。明治というと比較的新しい印象をもちますが、合寺される前の旧常楽寺には、群馬県内最古の年号の刻まれた宝篋印塔や、鎌倉時代の様式の墓石群などがあり、古い歴史をもっています。

長い歴史を紡ぐ花の寺

写真:やた 香歩里

地図を見る

お彼岸にはお墓参りに行かれる方も多いでしょう。また、彼岸花の別名である「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」は仏典が由来となったもの。石仏と彼岸花の親和性が高いように感じられるのは、彼岸花そのものにどこか仏教とのつながりを感じられるからでしょうか。

日本の秋の美しき眺めがここに

日本の秋の美しき眺めがここに

写真:やた 香歩里

地図を見る

彼岸花は、通常であればその名の通り秋のお彼岸頃に咲き、9月中旬〜下旬が見頃となりますが、気候により大きく変動します。開花情報は公式サイトに掲載されていますので、ご確認の上でお出かけください。8月下旬から咲く早咲きの品種もあります。

なお、2019年9月21日(土)〜26日(木)には、境内の「うすさま明王堂」にて、9:00〜17:00の間「糸井黄山 墨彩画遺作展」が開催されます。また9月22日(日)には、10:30頃から境内にて雅楽演奏も予定されています。

日本の秋の美しき眺めがここに

写真:やた 香歩里

地図を見る

常楽寺は最寄りの東武伊勢崎線木崎駅から徒歩約30分。道は複雑ではありませんが少々距離がありますので、車での訪問が便利です。駐車場もあり、お花の観賞の際にも利用することが可能です。

華やかなのにどこか物寂しく、力強くも優雅な彼岸花。心に染み入るような日本の秋の眺めをぜひご覧ください。

常楽寺の基本情報

住所:群馬県太田市上田島町372
電話番号:0276-31-0001
アクセス:
〔車〕北関東自動車道伊勢崎ICより約20分
〔電車〕東武鉄道伊勢崎線木崎駅から徒歩約30分

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -