京都嵯峨野で小倉百人一首巡り!「嵯峨嵐山文華館」と「百首の歌碑」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

京都嵯峨野で小倉百人一首巡り!「嵯峨嵐山文華館」と「百首の歌碑」

京都嵯峨野で小倉百人一首巡り!「嵯峨嵐山文華館」と「百首の歌碑」

更新日:2019/09/12 09:53

島野 佳幸のプロフィール写真 島野 佳幸 京都写真家、フリーライター

鎌倉時代初期の歌人藤原定家が嵯峨野・小倉山の山荘で選んだとされる「小倉百人一首」は、歌がるたとして、今もなお大人から子供まで親しまれて使われています。嵯峨野には、そんな「小倉百人一首」に因んで建てられたミュージアム「嵯峨嵐山文華館」と、一つ一つの歌が石に彫られて野外展示されている「百首の歌碑」があります。

京都嵯峨野の名所見学とあわせて、心に残るに違いない「小倉百人一首」巡りをしてみませんか?

渡月橋にほど近い嵯峨嵐山文華館

渡月橋にほど近い嵯峨嵐山文華館

写真:島野 佳幸

地図を見る

嵯峨嵐山文華館(さがあらしやまぶんかかん)は、小倉百人一首や日本画をはじめとする京都ゆかりの芸術・文化を展示、振興するためのミュージアムとして、2006年1月からオープンしていた「百人一首殿堂 時雨殿」を改装し、2018年11月からリニューアルオープンしています。

四季を通じて世界からの観光客で賑わう嵐山渡月橋のほど近くに建てられていますが、渡月橋からわずか数分ほど、上流方向に歩いた大堰川(桂川)沿いの、木々に囲まれ、静かな、嵯峨野の雰囲気を満喫できるミュージアムです。

JR嵯峨嵐山駅、嵐電(京福電鉄)嵐山駅方向からなら、渡月橋の北端から橋を渡らずに、川沿いに上流に向かって歩いて、橋から約数分です、阪急嵐山駅からなら、渡月橋を渡って、すぐに川沿いを上流方向に進みます。

川沿いの道から世界遺産の天龍寺方向に道なりに進むと、すぐ左手に文華館があります。建物はきれいな2階建てで、1階は常設展示「百人一首ヒストリー」と企画展スペース、2階は広々とした畳ギャラリーとなっています。

渡月橋にほど近い嵯峨嵐山文華館

写真:島野 佳幸

地図を見る

文華館の二階の展示場は、畳敷きの大広間になっていて、和風の雰囲気に包まれながらゆったりと、期間限定の企画展の展示物を見ることができます。

渡月橋にほど近い嵯峨嵐山文華館

写真:島野 佳幸

地図を見る

文華館の二階からは、大堰川(桂川)とそこに浮かぶ船が日本画のように、そして遠目に渡月橋も見渡すことができます。文華館の施設としてカフェもあり、カフェだけの利用もできるので嵐山・嵯峨野散策のちょうどよい休憩所にもなっています。

百人一首の常設展示

百人一首の常設展示

写真:島野 佳幸

地図を見る

嵯峨嵐山文華館では、常設展示「百人一首ヒストリー」として、小倉百人一首の誕生から、現代の競技かるたに至るまでの歴史や、100体の歌仙人形などを展示しています。

百人一首の常設展示

写真:島野 佳幸

地図を見る

誰もが一度は遊んだことのある百人一首は、800年ほど前に藤原定家が、京都嵯峨野・小倉山の山荘(時雨亭)で選んだと伝えられています。百体の歌仙人形を見ながら常設展示を巡れば、百人一首通になれることはまちがいありません。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
電話番号:075 882 1111
アクセス:JR山陰本線(嵯峨野線)で嵯峨嵐山駅下車、徒歩14分、
阪急嵐山線で嵐山駅下車、徒歩13分、
嵐電(京福電鉄)嵐山本線で嵐山駅下車、徒歩5分
開館時間:10:00 - 17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示替期間

小倉百人一首歌碑 亀山公園(49首)

小倉百人一首歌碑 亀山公園(49首)

写真:島野 佳幸

地図を見る

「小倉百人一首文芸苑 屋外展示施設」は、嵯峨野嵐山地区の5カ所の屋外に散在して建立された歌碑です。亀山地区(49 首)、嵐山東地区(21 首)長神の杜地区(19 首)野々宮地区(4首)奥野々宮地区7首)の各所に、小倉百人一首におさめられている(新古今集、詞花集などの)歌、全百首が、石に彫られて、説明文とともに建てられています。

小倉百人一首の中には、誰でも数句は好きな「歌」があると思います、嵯峨野嵐山の観光地巡りをしながら、自分の覚えている「歌」を見つけ出してみましょう。きっと嵯峨野の風景と歌の風景が重なりますよ。

亀山公園は、嵯峨嵐山文華館から大堰川(桂川)に沿って徒歩数分の場所に入口があります。

小倉百人一首歌碑 亀山公園(49首)

写真:島野 佳幸

地図を見る

山の地形を利用した亀山公園は、渡月橋や竹林の道などから近く、木々に覆われていて、芝生やベンチ、テーブルなどもあり、さらに西の高台の展望台からは四季の美しい保津峡を見渡すことができます。

小倉百人一首歌碑 亀山公園(49首)

写真:島野 佳幸

地図を見る

歌碑の建てられている場所は、公園の中ほどの斜面です。一つ一つをゆっくり見ていると2〜3時間はすぐに経ってしまいます。気候の穏やかな時にのんびりと公園で過ごすとよいでしょう。

ここには、小野小町『花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに』の歌碑があります。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町

小倉百人一首歌碑 嵐山東公園(21首)

小倉百人一首歌碑 嵐山東公園(21首)

写真:島野 佳幸

地図を見る

嵐山東公園は、渡月橋の南側の嵐山公園中之島から、大堰川(桂川)下流にある松尾橋にかけて、河川敷一帯に広がっています。

上流部は木々が鬱蒼と茂る散策広場、中流部は野球場などがある運動広場で、歌碑の建てられている下流部の広場は、散策やジョギング、犬の散歩など、地元の人の利用が盛んな地区です。渡月橋の南袂から徒歩約20分ほど(1.5km)で到着します。

小倉百人一首歌碑 嵐山東公園(21首)

写真:島野 佳幸

地図を見る

観光客の姿もあまりなく、ゆっくりと小倉百人一首の歌碑巡りができます。渡月橋と、お酒の神様として知られる松尾大社のちょうど中間地点くらいに位置します。

小倉百人一首歌碑 嵐山東公園(21首)

写真:島野 佳幸

地図を見る

阪急松尾駅から嵐山駅まで一駅なので、松尾大社から、嵐山東公園の歌碑を巡って、渡月橋までぶらっと散策をしてみるのも良いかも知れません。

ここには、小式部内侍『大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立』の歌碑があります。

<基本情報>
住所:京都府京都市西京区嵐山(桂川右岸河川敷)

小倉百人一首歌碑 野々宮(4首)、奥野々宮(7首)、長神の杜(19首)地区

小倉百人一首歌碑 野々宮(4首)、奥野々宮(7首)、長神の杜(19首)地区

写真:島野 佳幸

地図を見る

野々宮地区は、嵐電嵐山駅から徒歩で約5分(500m)の場所にあります。観光客で混雑する嵐山商店街から、嵯峨野名所の「竹林の道」方向に向かう路を入ってすぐのところに、野々宮地区の歌碑が並んでいます、4首なので、注意しないと見過ごしてしまいます。

ここには、入道前太政大臣『花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり』の歌碑があります。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町

小倉百人一首歌碑 野々宮(4首)、奥野々宮(7首)、長神の杜(19首)地区

写真:島野 佳幸

地図を見る

奥野々宮地区は、嵯峨野名所の野宮神社の前を、四季を通じて大勢の観光客が行き交う「竹林の道」方向に進まずに、JR踏切方向に向かって進んだ、踏切の手前右手にあります。踏切を越えてすぐのところには最近できた新名所の「竹林の散策路」もあります。トロッコ電車も横を通ります。

ここには、蝉丸『これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関』の歌碑があります。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町

小倉百人一首歌碑 野々宮(4首)、奥野々宮(7首)、長神の杜(19首)地区

写真:島野 佳幸

地図を見る

渡月橋から野宮神社、竹林の道を通って徒歩で約15分ほどの場所にトロッコ嵐山駅があります。駅から北方向に、小倉池、常寂光院、落柿舎を経て徒歩7〜8分ほど歩いていくと、紅葉の馬場で知られる二尊院のすぐ手前に「長神の杜」公園があり、19首の歌碑が展示されています。

ここには、山辺赤人『田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ』の歌碑があります。

<基本情報>
住所:京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町

時雨亭跡巡りもできるぞ

嵯峨野には、小倉百人一首が選定された小倉山の山荘「時雨亭」跡、と伝えられている場所が三つ(二尊院、常寂光寺、厭離庵)にあります。百人一首巡りのときに、その場所を訪れてみるのも面白いです。(厭離庵は秋の一般公開時期を除いて予約が必要です)

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/05/12−2019/08/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -