こんな場所に合掌造り!?愛知県「東山動植物園」で癒しの時間

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

こんな場所に合掌造り!?愛知県「東山動植物園」で癒しの時間

こんな場所に合掌造り!?愛知県「東山動植物園」で癒しの時間

更新日:2019/09/06 12:15

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 アウトドアライター、自転車旅フォトグラファー、絶景道オタク

名物ゴリラ・シャバーニが見られることで全国的に有名な愛知県「東山動植物園」。連日、動物目当ての家族連れが賑わう名古屋の定番観光名所ですが、"その魅力が動物園だけじゃない"のは、ご存知でしょうか!?実は、入場券を購入すれば植物園にも入ることが可能!一見スルーしがちなのですが、なんとそこにあるのは合掌造りの建物と緑溢れる池泉回遊式庭園。都会にいながらふと自然に触れ合える、そんな癒しスポットです。
家族で楽しめる旅行先はこちら

愛知県の定番観光スポット「東山動植物園」

愛知県の定番観光スポット「東山動植物園」

写真:土庄 雄平

地図を見る

名古屋駅から地下鉄・東山線で約20分、東山公園駅から徒歩5分のところにある「東山動植物園」。高くそびえる東山スカイタワーが目印の市営動植物園です。

動物園としては敷地面積・飼育種類ともに日本最大級を誇り、加えてアクセスの良さ、中学生以下が無料・大人500円という良心的な料金設定も相まって、主にファミリー層から絶大な支持を得ています。2018年は日本全国の動物園の中で2番目に多い入園者数を獲得しました。

愛知県の定番観光スポット「東山動植物園」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな東山動物園の目玉といえば、今や押しも押されぬ人気者・ニシローランドゴリラの「シャバーニ」でしょう。ビジュアルの格好良さだけでなく、群れのボスとしての風格、子供ゴリラを見守る優しい眼差し、そして時にはお客様サービスのドヤ顔など、実にいろんな表情を見せ「イケメンすぎる!」と話題に。ファンも多く、数々のグッズまで販売される人気ぶりです。

愛知県の定番観光スポット「東山動植物園」

写真:土庄 雄平

地図を見る

またコアラ舎も密かに人気!木の上でウトウトしながら、ユーカリを食べたり、のそのそと行動するコアラの愛らしい姿を見ることができます。そして毎年、赤ちゃんコアラが生まれてくるので見逃せません。お母さんに守られながら、ちょこんと顔をだすその姿は、一度見ると心を奪われるはず!

動物園だけじゃない!「植物園」は穴場の癒しスポット

動物園だけじゃない!「植物園」は穴場の癒しスポット

写真:土庄 雄平

地図を見る

上記のように専ら、動物園へ焦点があたりがちな「東山動植物園」ですが、実はその名に付いているように"植"物園も、見逃せないスポット!動物園を回るだけで半日時間を要してしまうため、スルーされてしまうことが多いのですが、実は穴場スポットなので紹介していきましょう。

まず植物園の入り口は、動物園の一番東側のエリア「小鳥とリスの森」からバラ園を通って歩道橋を渡った場所。動物園のメインゲートから、ひたすら東に進むと辿り着くことができます。

動物園だけじゃない!「植物園」は穴場の癒しスポット

写真:土庄 雄平

地図を見る

植物園の方も一周すると、中々広いです!四季折々の名所があるので、絞って回ると良いでしょう。春は桜の回廊や梅園、初夏にはシャクナゲ、秋は紅葉、冬は椿園など。

その中でどのシーズンでも訪れてもらいたいのが、植物園の中で比較的手前にある「奥池」周辺です。なぜなら、大都会の中にあるとは思えない美しい自然が広がり、日本ならではの癒しの庭園景観が見られる場所だから。建築物とのコラボレーションも必見です!

動物園だけじゃない!「植物園」は穴場の癒しスポット

写真:土庄 雄平

地図を見る

また、この東山植物園は野鳥が多く生息することで有名で、その鳥たちの声は、平成8年に環境省が選定した「残したい日本の音風景100選」にも選ばれています。

耳を澄ませれば、十人十色の様々な声が飛び交い、日本の田舎の時間を想起させてくれ、これが極上の癒しの時間。そして、植物園の中を歩いていれば時折野鳥に遭遇することができるのも魅力の一つでしょう。

こんな場所に合掌造り!?縁側で癒しの時間を満喫しよう

こんな場所に合掌造り!?縁側で癒しの時間を満喫しよう

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな奥池周辺で、一際存在感を放っているのが「合掌造り」の建物でしょう!初見の際には、こんな場所に!?と驚くのではないでしょうか?実は、かつて関西電力鳩ヶ谷ダム建設に伴い、水没することとなってしまった岐阜県白川村の合掌造りの建物を一軒、この東山植物園に移築しているのです。建造されたのは天保13年(江戸時代)であり、家単体で見れば、本家の白川郷合掌造りと遜色ない歴史価値を有しています。

こんな場所に合掌造り!?縁側で癒しの時間を満喫しよう

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんなこの建物ですが、現在は一般公開しているほか、各種ワークショップのスペースとして活用されています。建物の中には、当時の人々の暮らしぶりがわかる生活道具が展示されており、古い建物ならではの居心地の良い独特の匂いが漂います。また、木のぬくもりがありながらも、夏場でもひんやりと涼しく、人々の生活の知恵を五感で感じることができますね!

こんな場所に合掌造り!?縁側で癒しの時間を満喫しよう

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんなこの家の最大の魅力は、周囲の景観と建物の調和です。一通り家の見学を終えたら、縁側を覗いてみてください!すると、そこには溢れんばかりに輝く緑が障子の窓に切り取られて、目に飛び込んでくるのです。これが本当に美しく癒される風景なので、ぜひ縁側で足を伸ばしながらゆっくりするのがオススメです。

東山動植物園は魅力が絶えないレジャースポット!

東山動植物園は魅力が絶えないレジャースポット!

写真:土庄 雄平

一見、動物園に注目がいきがちな「東山動植物園」ですが、実は植物園も素晴らしく、四季折々で趣を変えるため、その魅力は絶えることがありません。1日で両方回るのは体力的・時間的に難しく、また長時間となると子供もテンションが保たないので、中々難しいと思われる方も多いでしょう。

そこでお勧めしたいのが年間パスポートです!2000円のため1年に4回以上行けば元を取ることができます。少なくとも1シーズンに1回と考えれば、決して損ではないと思うので、ぜひ年パスを購入して今回紹介した植物園・合掌造りの家も訪れてみてくださいね。

東山動植物園の基本情報

住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
営業時間:9:00〜16:50(月曜は定休日)
電話番号:052-782-2111
アクセス:地下鉄東山線・東山公園駅より徒歩5分

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/10−2019/09/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -