はじめてのベネチアで行きたい!人気&定番観光スポット5選

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

はじめてのベネチアで行きたい!人気&定番観光スポット5選

はじめてのベネチアで行きたい!人気&定番観光スポット5選

更新日:2019/09/17 14:59

高梨 きこのプロフィール写真 高梨 きこ フリーライター、デジタルノマド
水の都として世界中から多くの観光客が集まるベネチア。運河はもちろんのこと、ベネチア共和国の繁栄の証であるドゥカーレ宮殿や、世界一美しいと称されるサンマルコ広場など多くの魅力的なスポットが集まっています。

そこで本記事では、はじめてベネチアに行った際に必ず訪れたい人気の観光スポットを紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

世界一美しい広場「サンマルコ広場」

世界一美しい広場「サンマルコ広場」

提供元:pixabay

https://pixabay.com地図を見る

世界一美しい広場と称されているサンマルコ広場。三段に重なる白い列柱の回廊に囲まれた姿は圧巻で、映画の撮影場所としてもよく使用されています。そのため、すでにどこかで見たことがあるという人も多いことでしょう。

そんなサンマルコ広場は、かつての貿易の玄関口であったことから、海側から美しく見えるようにと設計されたといわれています。そして、サンマルコ広場には、ドゥカーレ宮殿やサン・マルコ寺院なども多くの見どころもあります。

2月のカーニバルもここで開催され、マスクをつけた人々で広場は大変盛り上がります!

<基本情報>
住所:Piazza San Marco 30100 Venezia

カナルグランデに架かる最古の橋「リアルト橋」

カナルグランデに架かる最古の橋「リアルト橋」

写真:高梨 きこ

地図を見る

ベネチアにある巨大な運河、カナル・グランデには合計4つの橋が架かっています。その中で最も古いとされているのが、このリアルト橋です。白の大理石でつくられていることから、別名「白い巨象」とも呼ばれています。

リアルト橋は建築当時は木造の橋でした。そして、銀行や商品取引所で賑わっており、常にリアルト橋は多くの人であふれていました。そのため、人々の重みや火災などによる崩壊が原因で、石造りの橋に造り変えられたといわれています。

現在も橋の上にはお土産が多く集まっており、観光客で常に賑わっています。周辺にはレストランも多くあるので、リアルト橋を眺めつつ食事をするのもおすすめです。

<基本情報>
住所:Sestiere San Polo, 30125 Venezia

ベネチア共和国の繁栄の象徴「ドゥカーレ宮殿」

ベネチア共和国の繁栄の象徴「ドゥカーレ宮殿」

提供元:pixabay

https://pixabay.com地図を見る

ドゥカーレ宮殿とは、7世紀末期から1000年以上にわたってベネチア共和国時代の総督の宮殿として使用されていた総督邸兼政庁です。宮殿内には黄金の階段など、豪華な装飾が施されており一見の価値があります。

ベネチア共和国の繁栄の象徴「ドゥカーレ宮殿」

提供元:pixabay

https://pixabay.com地図を見る

そして、ドゥカーレ宮殿の目玉と言えばシークレットツアー。ドゥカーレ宮殿には秘密の扉があり、その中に進むと裁判所や牢獄が隠されています。このシークレットツアーではその隠された空間を見学することができ、かつて囚人たちが閉じ込められていた牢や拷問道具がそのままの形で残っている拷問部屋なども回ることができます。外見の美しさからは想像できないドゥカーレ宮殿の裏の顔を、このシークレットツアーで覗いてみるのも非常に興味深いですよ!

ツアーに参加するには1時間ほどの待ち時間が発生することもありますが、初めてのベネチアであれば、ぜひ中も見学していきましょう。

<基本情報>
住所:Piazza San Marco, 1, 30124 Venezia VE
電話番号:+39-041-271-5911

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

囚人たちの通り道「ため息橋」

囚人たちの通り道「ため息橋」

写真:高梨 きこ

地図を見る

ため息橋とは、白い大理石で作られた上品な雰囲気の橋。

この近くにはドゥカーレ宮殿があり、そこの牢獄へ行く途中に囚人たちがこの橋の上で「ベネチアの素晴らしい景色を見るのもこれで最後」とため息をついていたことから、この名が付けられたといわれています。

一方で、日没時にため息の橋の下でゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるという、というロマンチックな言い伝えもあります。

<基本情報>
住所:Piazza San Marco, 1, 30100 Venezia VE

半日観光に最適「ブラーノ島」

半日観光に最適「ブラーノ島」

写真:高梨 きこ

地図を見る

ブラーノ島とは、ベネチア本島からフェリーで40分ほどの位置にある小さな島のこと。ブラーノ島には、カラフルな家が立ち並び、インスタ映えスポットとしても人気を知られています。そんなカラフルな家々は、霧が多い冬場でも自分の家を見分けられるようと、ピンクや黄色、緑など鮮やかな色で外壁を塗装するようになりました。

また、ブラーノ島はレース編みでも有名です。すべてブラーノ島に住む女性たちによる手作りなので、多少値段は高めですが、その繊細なデザインはお土産としてもぴったりです。

島はとても小さく1時間ほどで見て回ることができるので、半日観光としてもぴったりですよ!

<基本情報>
住所:Brano 30142 Venezia

魅力あふれるベネチアを満喫しよう

ベネチアは、街並みが美しいことはもちろんのこと、多くの見どころがあります。島全体は徒歩でも回ることができるので、ぜひいろいろなスポットを巡りつつ、ベネチアを満喫しましょう。

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/19−2019/02/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -